「カンボジア」カテゴリーアーカイブ

カンボジアご縁の旅2015(10)プノンペン 街を歩いて気づくこと

それから橋を渡り、ダイアモンドアイランドへ。建設中の国際学校が見える。その他、いくつものの開発が見られた。私の目的地はこの中にあるホテル。実はこの橋ではなく、もう1つ上流の橋の袂にあったので、かなりの時間を歩く羽目になった。ようやくたどり着いて見ると目の前には東横インが建設中だった。1月にプサンで泊まった時、プノンペンにもできると書かれたポスターを見た記憶がある。それが今、目の前に現れた。3月にオープンの予定とか。普通のビジネスホテルの他、日本人の長期滞在を見込んでおり、料金は日本と変わらないぐらいらしい。

IMG_2804m

 

さて、河沿いにお洒落な建物が並ぶ中、私が訪ねたホテルはこちらも日本人経営。屋上に風呂があるというので行ってみたが、あったのはジャグジー。しかも水は入っていなかった。部屋を見せてほしいというと『満室だ』と断られたが、『もし次回泊まってくれるなら、割引するよ』とカンボジア人スタッフは言う。どうも話がちぐはぐだ。実はその横にも新しいホテルが出来ていた。こちらはやや高級なイメージがあり、敬遠して入らなかったのだが、後で聞いてみると、こちらも日本人経営とか。日本人によるプノンペンへの投資は、大きな企業から個人べースまで、かなり進んでいることが分かったが、既に上手くいくケースとそうでないケース、明暗が分かれ始めている。

IMG_2821m

IMG_2815m

 

ホテルのある建物の後ろには、4年前に観光で来た、大型結婚式場?があった。カンボジアもベトナム同様、結婚式には相当にお金を掛け、盛大に親戚や友人を呼び合う。それにしてもこんな大きな建物、誰が使うのだろうか。前回聞いた時はフンセン首相の息子の結婚式に2万人?がやってきた、と聞いたような気がする。

IMG_2819m

 

また街歩き

それから炎天下の中、メコン川沿いを北上した。カジノのあるナーガホテルは改装中。その向かいには観覧車があるが、かなりスピードが速いと聞いた。今日は動いているのだろうか。王宮にたどり着くと、シハモニ国王の写真が飾られていた。4年前はシアヌーク国王の写真だった記憶があるが、国王は3年前に北京で亡くなっていた。時の流れを感じる。

IMG_2823m

 

かなり北上した川べりのところに、シアヌークビルでも訪ねた日本人経営のゲストハウスがあった。中はやはりきれいで、ドミトリーのみ。ここでもロビーには欧米人がゴロゴロしており、今日も満室で泊まれない、と言われた。『日本人は金があるから、もっと高い宿に泊まるんだろう』とフロントのニーちゃんに言われる。そうなのだろうか。それにしてもこの繁盛ぶり、ロケーションがそれほどよくない中、なかなかすごい。その後疲れたのでWiFiの繋がるカフェで休憩し、ライムジュースを二杯も飲んだ。

IMG_2846m

IMG_2852m

 

それからゆっくりと歩いて、宿へ帰った。途中にローカル市場があり、中を通り抜ける。熱い空気がこみ上げてくる。狭い路地、野菜・果物・魚など、買い手と売り手が和やかに会話している。中国なら、丁々発止の交渉が行われるが、ここにはそんな雰囲気はない。正月が近いので、赤い提灯などの飾りが売られている。

 

韓国系焼肉

疲れ果てたのでシャワーを浴びてぐったり寝込む。今晩は現地でフリーペーパーを発行しているKさんと、カンボジア伝承医学の復興を目指すTさんと再会する予定。Kさんがトゥクでわざわざ迎えに来てくれる。Kさんと会うのは4年ぶり。すぐ近くの焼肉屋へ向かう。ここは肉屋さんだから、肉が美味いと評判のようで、7時に行くとすでに満員状態。何とか席を確保する。

 

それにしてもカンボジア人の店員のスローテンポはなかなか、凄い。席が空いても案内しないし、既に去ったお客のテーブルを片づけることもしない。我々が何か言っても反応が鈍い。Kさんのクメール語が理解できない子もおり、ここで仕事をするのも大変だな、と痛感した。マネージャーの女性が何とか捌いて行くが、カンボジアの若い子だけでは店は回らない。これは工場でも同じだろう。この国の将来を考えると、ちょっと心配になるが、それは大きなお世話なのだろう。

 

確かに肉はウマし!そして韓国系がやっているので、キムチ以下、副菜がずらりと並ぶ。完璧な韓国焼肉をプノンペンで食べられるとは感激。遅れてきたTさんも加わり、カルビ、ロースと頼み、バクバク食べて腹を満たす。さすがフリーペーパーの編集長、いい店知っている。今やカンボジアでも日本語フリーペーパーの創刊が増え、競争が起こり、独自性を出す必要に迫られている。

DSCN2680m

 

2月10日(火)

ランチ

翌朝はすごくゆっくり起きた。そして出掛けることもなく、宿に籠り、旅行記を書いて過ごした。偶にはこんな時間がないと、疲れが取れない。暑さの中、毎日歩くのはそれだけでも疲労が溜まる。12時前にチェックアウトして、荷物を預けて、またボンケンコンを歩く。ちょうど良いカフェを見つけて、一日中オーダーできるブレックファーストを頼む。WiFiは初め繋がっていたが、途中で切れ、少し休んでいるとまた繋がった。自分の体と同じだな、と思う。

IMG_2865m

 

2時間ぐらいネットを触り、また宿へ歩いて帰り、荷物を持って空港へ向かう。宿の横に居たトゥクを捕まえ、乗り込んだのだが、何と途中で別のトゥクへの乗り換えをさせられる。初めからあの宿の辺で客を捕まえる係だったのか、それとも急用ができたのか、全く分からなかったが、まあ特に問題もなく。空港に着く。現在拡張工事中だ。

IMG_2871m

 

空港ではちょうどエアアジアのチェックインが始まろうとしていた。2時間前しかチェックインさせないのはエアアジアの都合なのか、空港のキャパの問題なのか、いずれにしてもすでにかなりの行列が出来ている。欧米人が多い。ほぼ満席のフライトに乗り、何とかドムアン空港にたどり着く。ちょっと疲れた旅だった。

IMG_2878m

カンボジアご縁の旅2015(9)プノンペン イオンモールのワタミにて

3.プノンペン2

Kさんとワタミ

ゲストハウスのフロントのニーちゃんたちは、相変わらずフレンドリーだった。部屋も前回の4階から、2階に移してくれたというので、大喜び。預けた荷物も持ってくれ、2階の個室へ。古びていて窓もないが、快適そうな部屋だった。エアコンを点けて、お湯の出を確認し、さあ、シャワーでも浴びようかとしていると、ドアがノックされた。ニーちゃんが血相を変えて入ってきて、『ごめん、部屋を間違えた』と部屋替えを迫る。今度は3階だというので、しぶしぶ同意すると、ニーちゃん、かなりホッとしていた。

 

今晩は大阪からプノンペンに拠点を移したKさんと会う約束になっていた。彼を待つ間、その部屋でまたテレビを見て休む。カンボジアでNHK大河ドラマが見られる、しかもこんな安いゲストハウスで。ちょっと感激。それにしても井上真央、どうなんだろうか?大河の主演女優としては華がない、ようにも思えるのだが。東出何某の久坂玄瑞もイメージ違うなあ??

IMG_2774m

 

携帯が鳴り、表へ出るとKさんがすごく立派なトゥクで迎えに来てくれていた。がっちりした大型バイクに跨り、運ちゃんがポーズを取ってくれたので、思わず写真撮影。でもこの運ちゃん、田舎の人のようで、イオンモールの場所も分からない。周囲の運ちゃんに聞いて、何とか方向を理解して進む。

IMG_2778m

 

日曜日の夜のイオンモール、さすがにお客が沢山いた。正直日本人としてかなりホッとした気分だった。ホーチミン、そして先日のプノンペンとも平日に来店したため、お客さんが少なく、大丈夫なのかなと危惧したのだが、週末はだいぶ様子が違っていた。家族連れがとても多い。1日遊ぶ場所、遊園地として扱われている。まあ、とにかく人がいることはいいことだ。先日訪問したWakanaショップを覗いたが、渡辺店長は不在だった。

IMG_2788m

 

日本の居酒屋、ワタミに入る。ここはKさんのお気に入りのようで、日本人の店長以下、仲良しだった。ワタミ前会長の渡邉美樹さんが来店した際にも、一緒に食事をしたとか。簡単なセットメニューを頼むと、日本にはない料理が沢山出てくる。カンボジアオリジナルもあり、香港の店から持って来たメニューもあるという。カンボジアの人に如何に受け入れられるか、苦労しているのだろう。味付けも甘めで、カンボジア人好みにしているように思う。寿司も巻物で、日本にはないような具を入れている。

IMG_2784m

 

午後8時前に入店したが、席は殆ど埋まっており、日本人客はあまり見られなかった。殆どがカンボジア人の家族連れ。それが結構いい物を食べており、消費力のある層がいる、増えてきていることを覗わせる。酒を飲んでいる人はあまり見られず、暑い中鍋をつつきながら食事を楽しんでいる光景が印象に残る。カンボジアも金持ちと貧乏人しかない、と言われる国。そこに中間層が出てきたのだろうか。

IMG_2786m

 

Kさんは最近本格的にカンボジアに居を移した設計士さん。日本企業の進出も盛んになっており、仕事は沢山あるようだ。しかし彼は『カンボジアは海外進出の通過点だ』と言い切る。将来はアフリカあたりに行ってみたい、というのには驚くと同時にかなり飛躍があると感じたが。そういえば先日会ったバーの店長、たかやんも昨年は『将来アフリカに行きたい』と言っていた。Kさんの場合、『カンボジアには家族を呼ぼうとは思わないが、アフリカの気にいった国なら、一緒に暮らそうかと考えている』というから本気度は高い。世界はまだまだ広い。こんな発想になるのも、きっとカンボジアという国にいるからだろう。

 

イオンモールの夜は煌々と輝いている。そこに沢山の人が集い、楽しむのであれば、とても良いことだろう。これが続くことを願うのみだ。帰りもトゥクで送ってもらう。プノンペンの街は以前よりはかなり明るくなったとはいえ、まだまだ暗い。イオンの灯りはカンボジアに取って実に眩しい。

 

2月9日(月)

流行るホテル 流行らない和食

翌朝はゆっくり起きて、10時頃に散歩に出た。既にかなり暑かったが構わず、プノンペンの代官山??ボンケンコン付近を歩き回る。ここはお洒落エリアだが、店の浮き沈みも激しい。1年前にはあった日本食レストランが見付からない。早々に店じまいしたらしい。エリアはどんどん広がっている感じだが、お客がそれほどいるのだろうか?プノンペンも地価ばかりが上がり、商売繁盛とはいっていないところが多い。

IMG_2791m

 

本日はダイアモンドアイランドという新興開発地区に行ってみることにした。ボンケンコンからイオンモールの方に歩いていき、橋を渡ると着く筈だったが、道を間違えてしまい、かなりのローカルエリアに踏み込んだ。これは面白いとどんどん進むと最初は市場などがあり、人通りがあったが、後は迷路。そして路地の人の目が厳しくなる。よそ者、を自覚し、すごすごと退散した。

IMG_2798m

 

何とか見つけて橋の手前まで来ると日本食レストランが見えた。時間はまだ早かったが、確か美味しいとと誰かが言っていたので、食べてみることにした。店員の愛想はよいが、お客は私しかいなかった。8ドルのカツ丼を注文し、それを食べたが、最後まで客は私一人。これで経営が成り立つのだろうか。ここが美味いと言われても、これだけ誰も来ないとなあ、プノンペンの日本食屋は完全に淘汰の時代に入っていると思う。

IMG_2802m

 

カンボジアご縁の旅2015(8)シアヌークビル リゾートではゆったりしたい

縁日2

宿のベッドで横になると眠気が襲う。確かに朝から歩き続けて夕方まで来てしまった。熱いシャワーを浴びるとぐったりした。寝入る。東南アジアでは、この心地よい午睡が楽しい。全てのトラブルを忘れて、グーッと深く、眠りに落ちる。その深さに爽快感があり、素晴らしい。気が付くと8時を過ぎていた。

 

腹が減ったので、またさおりさんの店へ行く。今日も忙しそうだったので、声をかけずに、イカ焼とビールを注文。それを頂いていると、さおりさんより、『さっき市場で買った魚の刺身』が届けられた。これが美味かった。やはり自分が市場で見た魚が目の前に出てくるのは面白い。そして焼きそばを食べて、早々に退散した。朝からの疲れがビールで一気にやってきた。フラフラしながら宿へ帰る。

IMG_2718m

 

2月8日(日)

ソカビーチ

シアヌークビル最終日。午前中は散策に充てる。ただ昨日のように遠出すると大変なので、宿の近くを歩く。さおりさんの店と反対側にもビーチがあると聞き、行ってみる。宿のすぐ近くに日本食レストランがあったが休業していた。既にシアヌークビルでもレストランの淘汰が始まっているのだろうか。

 

ソカビーチ、きれいな浜が広がっていた。中国人観光客がパラパラといた。そこへヒジャブを被った小柄な女性たちが団体でやってきた。インドネシアあたりからの観光客だろうか。海を見て嬉しそうにしている。そこへ今度は、若い僧侶の団体がやってきた。イスラム教徒と仏教徒がこのビーチで出会う。勿論言葉を交わすわけでもなく、さりとて避けるわけでもない、お互いが海の見つめている、世界にはそんな関係が必要ではないだろうか。

IMG_2725m

IMG_2727m

 

ビーチの横にホテルがあった。実に立派なリゾートホテルで、入口まで歩いていくにもかなりの時間が掛かった。かつて子供が小さかった頃、香港からアジア各地のビーチリゾートへ行ったことが思い出される。こんなホテルがあるなら、シアヌークビルにも来ればよかった、アジアはまだまだ広いな、とつくづく感じる。

 

ホテルロビーの向こうでは朝食を取る人でごった返していた。中国人が多くいたのには驚いたが、そういう時代なんだ、と痛感する。かつてはフランス人を中心とする欧米人向けのリゾートだったが、今や中国人の独壇場、それがいいとかどうとか言うつもりはないが、何だか違和感のある風景になっている。ハワイを日本人が占拠した時も、こんな感じだっただろうか。とにかく余裕がない。リゾートのゆったり感もなく、せかせかとご飯を食べ、写真を撮り、バスに乗り込んで観光に出ていく。こういうのはリゾートではない。

IMG_2732m

 

帰り道をトボトボ歩いていると腹が減ってきた。カフェに入ってネットを繋ぎながら、朝食を取ろうと思う。朝昼兼用でパンケーキを食べる。カフェには殆ど人がいなくて静かで良い。実に緩い時間が流れている。シアヌークビルにはこの緩さが似合うのであって、ソカホテルのような慌ただしさは似合わない。どこに行っても同じ行動を取ってしまう中国人や日本人、少し考えたほうが良いのではないか。

IMG_2740m

 

シアヌークビルを離れる

ダラダラとカフェで時間を過ごしていると、ランチの人が入ってくるようになった。そろそろここともお別れだな。宿のニーちゃんもさすがに12時に出ていけとは言わなかった。この宿が経営するバンが1時半に出るのだから、当然といえば当然だが、そんなサービスをセットにしてくれるといいのにとも思う。

IMG_2747m

 

ところが1時過ぎにチェックアウトして、バンの停車場へ行ってもバンは来ていない。チケット売り場に聞いても待て、とだけ言う。乗客が集まり出したが、一向に来る気配がない。1時半を過ぎてようやくバンが乗客を乗せてやってきた。同時にもう一台もやって来て、我々が乗り込む。まあこの程度の遅れであれば、上出来だろう。

IMG_2752m

 

こうしてシアヌークビルを離れた。2泊3日、滞在丸2日にしては中身の濃い旅だった。昨日歩いた道をバンがスピードを出して通り過ぎていく。郊外にはビール工場が見えた。ここはリゾートと同時に工場もあるんだな、とその時初めて思った。日本企業の誘致活動も行っているという話だったが、駐在員はそれほどいないようだ。これからこの街はどうなっていくのだろうか。

 

今回は席が一人席で、ゆったりしていた。乗客はカンボジア人が後ろに固まって乗っていた。日本人も2人いた。1時間ほど一昨日来た道を走ると急に車が止まった。あれ、休憩には早いようだが、と思ったが、やはり休憩だった。トイレを探して建物の後ろへ回る。すると洗濯物が見え、薪で湯を沸かしと、そこに住む人々の生活感が滲み出ていた。こんな光景もよい。

IMG_2757m

 

今回の休憩はトイレ休憩ではなく、カンボジア人がフルーツを買い込むために停止を要求したことが分かった。如何にもカンボジアらしい。また1時間行くと、正規の休憩があったのでわかる。そこで前回同様パイナップルを食べる。その後も順調に進んだが、プノンペン郊外に来ると渋滞が始まる。そしてカンボジア人が一人また一人と降りていき、終点まで乗っていたのは外国人ばかり。合計4時間の旅が終わった。私はそこから15分ほど歩いて、懐かしのナイスゲストハウスへ戻った。都会の道は歩き難かった。

IMG_2769m

カンボジアご縁の旅2015(7)シアヌークビル 熱いシャワーを浴びるには頭を使え

街の市場へ

その後さおりさんは忙しそうに作業しに降りていった。私はゆったりとお茶を飲みながら、この景色を満喫し、いい時間を過ごした。さて、次はどこへ行こうかと思っていると、さおりさんが『市場へ行く』というので、付いて行くことにした。ビラに通じる新しい道はかなり急な坂になっていて、歩いて降りるのも、ちょっと難儀だ。ここを登って来るのは大変だと思われる。バイタクに断られるというのも頷ける。

 

下でトゥクを拾い、街の中心地へ。先ほど歩いてきた道を戻る。当たり前だが、実に速い。あっという間に市内中心部に着いてしまう。これで2₋3ドルなら歩く人などいない。ただカンボジアの物価からすると3ドルは意外と高いし、アジアで考えても、カンボジアには公共交通機関がないため、交通費はかなり割高だと思わねばならない。

IMG_2699m

 

市場は午後の気だるさに包まれていた。雑貨、日用品を売る店、野菜を売る店、そして魚を売る店。さおりさんは仕込みとして、魚屋へ向かう。結構いい魚をおじさんが捌いていたが、売ってはくれない。それは他の人が持ち込んだ魚をさばくだけの仕事だった。氷ボックスにも魚が入っており、よさそうな切り身を買う。他の店で小エビも買う。自分が食べるかもしれない魚を目の前で買う、そしてどんな料理にしようかと考えている人を見るのは、実は久しぶりだ、とこの時思った。

IMG_2703m

 

油や塩もここで手に入れる。味の素が大々的に売られている光景が新鮮だ。言葉は片言の英語。クメール語はこれから勉強というさおりさん、それにしてもわずか2か月でかなり馴染んでいて、驚く。ある意味、カザフで揉まれた経験から、カンボジアあたりは容易いのかもしれないが、それにしても順応力が非常に高い。そして必要な物を目ざとく見つける技、昔中国に留学していた時のことを思い出す。欲しいものを見つける力、そして即座に判断して買う能力、これは鍛えなければ身につかない。

IMG_2710m

 

市場で買い物して結構疲れたが、そのままスーパーにも行く。このスーパーは外国製品も多く、日本の醤油や麺なども売っている。お茶のコーナーを見ると、何とカンボジアの茶が売られていた。ベトナムへ一度輸出された物が、こちらに輸入されているところが、如何にもカンボジアだ。美味いのだろうか、このお茶。

 

さおりさんが『少しサボっていきましょう』と言い、市場近くのカフェに入る。ここのコーヒーが美味いというが、私は暑さに負けてライムジュースを飲む。カンボジアでもタイでも基本的にレモンというものはなく、ライムである。これが安くて美味いので、冷たいものを飲む時は大体ライムジュースにしている。当たりはずれも少ない。

IMG_2712m

 

さおりさんの家はこの近くらしい。シアヌークビルでも色々なトラブルがあるが、カザフに比べればかなり楽だという。それは先ほどの市場の様子を見れば明らか。何といってもこちらのほうが断然ゆるい社会なのだ。カザフは社会主義ソ連が色濃く残った世界。かなり緩くなったとはいえ、日本人には厳しい環境だ。長野生まれで、後は富山に住んだだけで、いきなりカザフへ行った彼女にとって、ここは安住の地かもしれない。『親や兄弟もここなら呼べるような気がする』という言葉が妙に印象的だった。

 

GHで騒ぎ

さおりさんと別れて、テクテク歩いて帰る。かなりリフレッシュしたので、足取りは軽い。ただシャワーを浴びたい気分で一杯になる。結局昨日からシャワーを浴びていないのだ。宿に帰れば部屋を替わり、熱いシャワーが待っていると思いきや?あれ。フロントに顔を出すと、ニーちゃんがしれっとキーを渡す。新しい部屋のキーかと聞くと『部屋は既に満室で替われる部屋はない』というではないか。当然文句を言うと、すぐにマネージャーのカンボジア人に電話を入れたが、答えは『12時半に来なかったから部屋はない』との一点張り。何だそれ?

 

ニーちゃんもさすがに困った顔をしている。『本当に1つも部屋はないのか』と聞くと、『実は1つあるにはあるのだが…』、何だと詰め寄ると、『いやー、鍵が壊れている部屋ならあるんだけど??』、え??鍵がどう壊れているんだ?説明を聞いても当然よく分からず、頭に血が上りそうになるのを押さえて、冷静に対処しようと努力した。まあ、とにかく、その部屋へ行ってみた。

 

確かに部屋のドアの鍵が壊れていた。内鍵はかけられるが、外出時に鍵がかからない。それならここに泊まるのは無理だ。だが・・、『お湯は出るんだろう?』と聞くと出るというので出してみるとちゃんと出る。ということは・・『私はここでシャワーを浴びる。それから自分の部屋に戻る、それでどうだ』というと、『いやー、その通り。それが言いたかったんだ』と言わんばかりの顔で、ニーちゃんは満面の笑みになる。彼も色々と苦しんだな、と分かる。

IMG_2586m

 

それから部屋に戻り、着替えを持って、鍵の壊れた部屋でシャワーを浴びた。疲れと汗と怒りを流し、その爽快感は格別だった。だが、いざ外に出ようとすると、何と内側から掛けたチェーンが外れなくなってしまった。どうしよう、廊下に人の気配はなく、このままでは誰か来るまで出られない。仕方なく、力任せにガチャガチャやっていると、何とか抜けたので助かった。熱いシャワーを浴びるのに、これほど苦労するとはさすがカンボジア?

カンボジアご縁の旅2015(6)シアヌークビル 同じ日本人経営のホテルと言っても

日本人経営の宿といいながら

少しお酒が入っていたので朝はスッキリ目覚める。早々にシャワーを浴びようとしたが、いくら待っても湯が出てこない。これはおかしいとフロントへ行き、事情を説明するとスタッフは部屋を見に行こうともせずに、『それは壊れたのかもしれない』という。『その内修理の人間を送るから部屋で待っていて』というので、大人しく待っていると30分ほどして電話があり、『修理は午後しかできない』と。じゃあ、お湯のシャワーを浴びるのはどうすれば?『部屋は満室だから』と素気無い。

 

仕方なくフロントまで降りて交渉するも埒開かず。ついに『この宿は日本人経営なんだろう?日本人と直接話すから電話番号教えて』というと、ちょっとたじろぎ、オーナーはここには居ないと、繰り返す。それでも詰め寄ると、しぶしぶ電話したが、出たのはカンボジア人。英語で状況を説明すると、彼の答えは『お湯は出ない、必要あれば午後部屋を変える』というもの。ニュアンスからすると、『お前の部屋は元々割引料金であり、お湯は出ないんだ』と言わんばかり。彼は一言『ソリー』と言って電話を切ろうとする。

 

あまりに不愉快になり、『日本人に連絡したい』というと、何と彼は『私はボスの電話番号を知らない。連絡も取れない』と言い出した。私はこの言葉で諦め、午後部屋を替わってもらうことで、電話を切った。しかし『日本人経営』と謳っていながら、この対応は何なのだろうか?カンボジアで発行されているフリーペーパーなどを見ると、『日本人経営』と書いてあるレストランや宿がいくつもある。これは安易に信用できないな、と強く感じる。殆ど騙された気分でシャワーも浴びずに街へ出た。

 

街歩き

シアヌークビルの街歩き。まずは海と反対に大通りを歩く。少し高くなったところに、中国系の廟が見えたので入ってみる。天后の像も見えるので、昔はこの下が海で、天后は守り神であったことが分かる。これは香港などでも見られることで、今はひっそりとしているが、ここがそれなりの港町で、中国人の出入りもかなりあった場所、と推察される。帰ろうとすると老人が『こっちも見ていけ』と本堂の方に合図してくれた。ここを訪れる人はあまり居ないのだろうか。

IMG_2641m

 

更に進み、左へ曲がる。ここも広い道だ。最近出来たのかもしれない。車は少ない。侍、と書かれた日本食レストランがある。評判が良いと聞いたので、ランチに出も行ってみるかと思い、通り過ぎる。その先あたりから街の中心になっている。中国系の宿屋なども見えてくる。街はそれほど広くはない。少し歩いていくと、すぐに通り過ぎてしまった。折角なので、港へ向かって歩いていく。

IMG_2647m

 

広い国道のような道をテクテク歩く。相変わらず車は少ないので、危険はない。20分ぐらい歩くとビーチ方面へ出た。そのまま進むと、漢字の看板がある大きな海辺のレストランがあった。中国人観光客を当て込んだレストランなのだろうか。その脇に腰を下ろし、海を眺める。港のクレーンが見える。規模は大きくないようだ。反対側には橋が見える。もうすぐ開通するらしい。海の水は透き通っている。

IMG_2662m

IMG_2663m

 

Portと書かれた建物を見た。古びた感じでよい。横には鉄道の引き込み線があり、輸送手段になっていたようだが、今はどうだろうか?線路沿いに歩いていくと、段々トラックが道に溢れてきた。今日は日曜日だが、港へ通じる道、多くのトラック、ダンプ、輸送車が走っている。この近くには経済開発区もあるという話だったが、ちょっと歩いても着きそうもなかったので、途中で道を曲がる。

IMG_2667m

IMG_2669m

 

バスターミナルがあると聞いていたので、そちらに向かう。思いの外、道が長い。というか、既に炎天下、2時間以上歩いている。かなり疲れてきた。ターミナルでバスを確認するとプノンペン行きは1日、数本あった。料金は6ドルぐらいだろうか。昨日のバンの方がやはり高いが、このバスよりは快適そうだ。

 

山の上のホテルで

このターミナルの横の山の上で、さおりさんは昼間働いていると聞いていたので、ストーカーと呼ばれることを覚悟して?電話をかけてみた。実は山は見えているのだが、道が分かりにくい。ぐるっと回って歩いていくと、途中でバイクが迎えに来てくれた。有難い。バイクの後ろに乗り、坂を駆け上がると、何と小型飛行機がはめ込まれたビルに出くわす。これには驚く。このビルは車のショールームとして使われているようだったが、元々は何のために飛行機を嵌めたのだろうか。

 

なぞと考えているとバイクは山の上に到着。さおりさんが出迎えてくれた。ビクトリーキャッスルビラ、何だかとても素晴らしいところ来てしまったことが分かる。山の上から海が一望できるプールがある。部屋は全てコテージタイプ。こんなところに泊まりたい、特に今朝の宿の対応に腹を立てた後だけに、余計にそう思う。シーズンオフなら1泊50ドルとの話もあり、次回は是非!プールだけ使う場合は5ドルだそうだ。昼間だけプールでゆったりして、夜は街に泊まり、飲んだくれる欧米人もいるとか。確かにここに帰ってくるのは、特に夜はトゥクの運ちゃんも嫌がるかもしれない。

IMG_2683m

 

このホテル、オーナーは日本人だそうだ。1年前に買い取り、営業を始めたばかりで知名度は高くないので、お客はそれほど多くない。そこがまた良い。さおりさんはここにある日本食レストランのアドバイザーとしてメニューの選定や食材調達のチェックなどをしているようだ。レストランの店舗も贅沢な造りで、1階はバースペースになっている。2階からの眺めは最高に良い。知る人ぞ知る場所といえよう。ちょうど日本人がカンボジア人を連れて食事に来ていた。更には韓国人が刺身の盛り合わせを美味そうに食べている。『以前の店のレシピをそのまま使っている』とのことで、さおりさんの仕事は多そうだ。

IMG_2689m

 

カンボジアご縁の旅2015(5)心地よいシアヌークビルの夜

哀愁のビーチ

2時間も話を聞いていたら、4時になり、さおりさんは仕事に行ってしまった。私は取り敢えず、ビーチに行ってみようと宿を出る。宿の前にはゴールデンライオンの像が。ただライオンと言っても、何ともユーモラスで怖さはない。カンボジアらしい雰囲気が漂っていて、とても良い。シアヌークビルの象徴、ゴールデンライオン、いいなあ。

IMG_2599m

 

さおりさんが『日本人経営のゲストハウスがもう1つ直ぐ近くにある』と言っていたのを思い出す。ゴールデンライオンのすぐ裏手、我が宿のちょうど反対の狭い路地を入ったところに、そのGHはあった。実に新しそうできれい。思わず中に入ると、中庭にプールが見え、欧米人の男女がゴロゴロしながらテレビを見たり、ドリンクを飲んだり、PCをいじったりしている。ドミトリーしかなく、1泊8ドルのこのGH、いつも満員だという。私も泊まってみたかったが、あえなく満員御礼で断られた。因みに日本人客は多くないという。何故だろうか。これが本来あるべき、日本の良さを出した、日本人経営の宿だろう。

IMG_2596m

 

ビーチの方に歩いていく。道が下っていくのですぐに分かる。さおりさんが働いているというバーも通り過ぎた。提灯が下がっており、ちょっと不思議な雰囲気だった。あとで行ってみることにした。この辺は完全な観光地、欧米人が多くみられる。ロシア語の表示などが珍しい。中国人も相変わらず、どこにでも来ている。

IMG_2600m

 

ビーチはきれいだった。ちょうど夕陽が沈む時間帯、ただ静かに陽が落ちるのを見ていた。かなり幻想的な光景にウットリ。私はやはり夕陽好きだ。しかしビーチの後ろの道の方からは煩いざわめきが聞こえて、この光景をぶち壊す。見るとまだ随分と明るい。ビーチには表と裏があるようだ。もう少し暗くなると欧米人がビールを片手に席に着き始める。そんな光景もよく似合うビーチだった。

IMG_2607m

 

桟橋が見えたので行ってみる。ここから離島へ行く船が出ているらしい。シアヌークビルに行ったら、離島を訪ねよ、と何人かの知り合いから助言されていたので、興味はあったが、今回は桟橋止まりにした。船から大勢の中国人観光客が吐き出されてきた。桟橋の横、ビーチの脇には幼い女の子が一人、砂に絵を描いていた。何故かその光景が映画の一場面のように哀愁を感じさせるものであり、少女の今の境遇に思いを馳せたりした。

IMG_2617m

IMG_2618m

 

バー縁日で

まだ暮れきらないうちにビーチを後にした。余韻が少し残っていたので、そのままさおりさんのバー縁日へ行ってみることにした。このお店、日本の縁日を想定したとかで、射的あり、金魚すくいあり、実際にはやっていないが、かなりの雰囲気を出している。カウンターに座り、ビールを頼んで飲み始める。さおりさんは注文が入ると厨房で作業するので、行ってしまうのだが、代わりにカンボジア人の男女がカウンターで相手をしてくれる。男性はこの店を任されているようで、愛想がいいが、女の子はあまり働かないで、携帯をいじっている。

IMG_2631m

 

2人組の女性が入ってきた。昨日も来たのだとさおりさんはいう。注文はご飯とみそ汁、みそ汁の中にご飯を入れて、美味しそうに食べている。韓国人かなと思い、英語で声を掛けたところ、中国人だった。成都から来た小学校の先生だとか。旧正月前の混まないうちに海外旅行をして、正月は実家でゆっくり過ごすのだという。味噌汁が大好きだが、成都では日本料理が高い。この店の味噌汁は本物で、しかも安いと大満足だった。中国人の海外旅行はきめが細かくなっている。恐るべし。

 

ここのおつまみの多くは1皿1ドル。さおりさんが作って、この値段だからカンボジアではお値打ちだろう。エビの皮揚げ、冷奴、アジアフライで3ドルとはすごい。これにビール1杯1ドルだから、安いとしか言いようがない。ご飯物も3ドル程度なので、夕飯を軽く食べることも出来る。

IMG_2637m

 

それに釣られてか、常連のおじさんが二人、カウンターに座った。一人は北海道から、一人は鹿児島から来ているという。冬の時期は暖かいカンボジアにいる。ロングステイというより、大橋巨泉型、1年を2つか3つに分けて住むリゾートタイプだ。リタイア後の一つの典型モデルのようだ。プノンペンのように発展することもなく、物価も比較的安く、静かだが、海もあり、外国人も多く、ある程度の設備は整っている、住み易い場所だという。仲間も増えて、よくパーティーを行い、皆で飲みにも行くという。同好の士、という感じで悪くない。

IMG_2639m

 

お客は入れ代わり立ち代わりやってきた。日本人ばかりでなく、欧米人もカウンターに座る。ビールを片手に、話が弾む。ここはどこなんだ、と思ってしまう。店を出て、街を歩いてみた。金曜日の夜ということもあり、外はずっとお祭りのように人が歩き、酔っ払っていた。安く飲めて楽しい街、シアヌークビルは今、注目されている。

 

宿に帰ってシャワーを浴びようと思ったが、朝からの疲れでネットもやらずに、そのままベッドに入り、寝入ってしまう。それが翌日のトラブルに繋がっていくのだが、その時はぐっすりと寝込んでいて、いい夢でも見ていたのだろう。

カンボジアご縁の旅2015(4)カザフからシアヌークビルへ

2月6日(金)

シアヌークビルまで

翌朝は早めに起きて、ホテルをチェックアウト。8時にはロビーでバス会社の迎えを待った。が、迎えは一向に来ない。8時15分になり、電話を入れたが埒が明かず、フロントの女性に電話してもらったところ、これから迎えが行く、というではないか。昨日オフィスまで行って確認したことは何だったのだろう。

 

結局8時半頃に迎えのトゥクが来た。スタッフの若者が一人乗っていた。勿論謝るでもなく、悪びれた様子もない。英語で日本について、色々と聞いてくる。『日本の給料が高いというのは本当か?英語は通じないらしいが?』など、昔中国で聞かれたことを懐かしく思い出す。『英語を使いたいなら、そして高い給料をもらいたいなら、シンガポールなど他の国を目指すべし』と思わず回答した。今の日本、なぜか悲しい。

 

5分ほどでバス会社に到着。既にバンは来ており、乗り込みは始まっていた。予め座席が決まっており、私は二列目の窓側に。まあまあ窮屈というほどではない。それにしても『日本人経営』をうたう、プノンペンの会社は多いが、ここはどう見てもローカル経営。昔は良かったのかもしれないが、経営、メンテがなっていない。まあ、それでもここはカンボジア、目くじら立てても仕方がない。

IMG_2573m

 

満員のバンは空港方面へ向かい、その渋滞を抜けると、一路シアヌークビルを目指して進む。道はそれほど悪くはない。途中2時間ほどで休憩があり、食事をとる人、トイレに行く人など様々。私は長距離バスでは何も食べないことにしているが、あまりに美味しそうだったのでパイナップルを買って食べる。きれいにカットされ、串で刺す。確かに甘い。

IMG_2581m

 

それからまた退屈なバンの旅。殆どの乗客は寝入っている。カンボジア人もいるが、欧米人が多い。中には黒人もいて目を惹く。アフリカから来たのだろうか。日本人は一人もいない。シアヌークビルは日本人には認知されていないのだろうか。そんな事を考えていると午後1時前に街に入った。どこで降りるのか分からないのでそのまま乗っていると、街を過ぎていき、ある所で停まった。そこが終点、バイヨンゲストハウスだった。

 

2.シアヌークビル

ゲストハウス

バンが停まった奥がゲストハウスになっている。プールもあり、よさそうな所だ。既に電話予約もしてあり、バンのチケットを見せると15ドルの部屋が一割引きの13.5ドルになった。これは嬉しい。2階にはバルコニーのある部屋もあり、欧米人が下を眺めていた。私の部屋も2階だったが、行ってみると、窓が嵌め殺しになっており、外へ出られない。バルコニーには建材が置かれており、物置として使われている。他の部屋はないのか、と聞いたが、満員だという。バルコニーのある部屋は1か月も滞在する人に占拠されているとも言う。まあ仕方がないか。部屋は広いし、それほど悪くはない。ネットも繋がる。

IMG_2595m

IMG_2592m

 

明後日プノンペンへ戻るのにも、ここのバンを使おう。そうすればバスターミナルまで行く移動の手間も省ける。チケットを買いに行くと、いい座席が買えた。また10ドル。これでシアヌークビル生活も安泰かと思ったが。世の中そううまくは行かない。

 

劇的な再会

今回のシアヌークビル訪問の目的はただ一つ。さおりさんに会うことだった。彼女とは昨年8月、中央アジアのカザフスタンで出会った。当時アルマティで日本料理屋をやっていた彼女、その逞しさとダイナミックさに惹かれ、滞在中2度『かぶと』を訪れた。まさかカザフで日本の味に出会えるとは感激だった。アルマティに来た日本人は皆ここに立ち寄るようで、スキージャンプの高梨沙羅さんのサイン色紙が目を惹いた。しかし、その後ボヤ騒ぎがあり、店は閉店。そして、・・・なぜかさおりさんはカザフを出て、ここシアヌークビルに居る。これは会いに行かねば、と思う。

 

電話すると懐かしい声が響く。そして宿までやって来てくれた。まだ半年、そんなに変わっている訳はない。だが彼女の状況は劇的に変わっていた。ホテル横の軽食屋でビールを飲み、イカフライをつまみに、食べながら話す。まだシアヌークビル滞在は2か月ぐらいらしいが、既に馴染んでいる感がある。

IMG_2589m

 

結局ボヤの後、改修が難しくなり、様々な問題が発生して、かぶとをたたんだ。それから娘さんとキルギスを旅した。そして娘はそのまま、キルギスに残った?え、18歳の娘をカザフではなく、キルギスに残した、なんと大胆な。それは娘の意思でもあったようだ。向こうに友達もいるので、大丈夫だと。キルギスで大学に入るという。我々も昨年アルマティからキルギス国境まで車で行ったが300㎞以上あった。しかも母親は遥か遠くのカンボジアへ去った。これはすごい。

 

スパゲッティを食べながらそんな話を聞いた。ウソのような事実、というのは妙に説得力がある。さおりさんが突然路上に走り出す。ビール会社の車が目の前に居た。『店にビールを置いておいてくれ』と頼んだのだという。ここでは注文しても忘れられてしまいこともあるという。既に様々なことを学びとっている。店とは現在働いている、ここからすぐのところにある縁日というバー。夜はそこで日本食を作り、つまみを出す。昼は別の日本食屋でアドバイザーをしているという。確かにここシアヌークビルでは『日本食が作れる、レストラン経営の経験がある』というのは、大きな価値があるのだろう。

IMG_2591m

カンボジアご縁の旅2015(3)プノンペン 逞しく成長した25歳の店長

そして再び店に行くと『来ました』というので、見てみると、何と店長の渡辺さんがいた。確か店員の話では彼女は今日は休み、だったはずだが。『今日は休みなんでしょう』と声をかけると驚いたように私を覗き込む。昨年のイベントで会ってはいるが、あの時は人が多くて覚えていない。話している内に思い出してくれたようだ。そして『私、今日自分が休みだったことを忘れていました』というではないか。それほど開店以降、厳しい日々を送っているんだな、と分かる。私も昔こんな生活をしたことがあるので、彼女の体調が心配になる。

 

実は温井さんは事情があり、急遽帰国していた。その事情をスタッフも知らないほど急だったようだ。Facebookにメッセージが入っていたが、スマホを使わない私は気が付かずに店に行ってしまったという訳だ。渡辺さんは私が来ることなど知らされておらず、それで驚いたような顔をしたわけだ。

 

だが彼女はそんな心配をよそに、商品の説明を丁寧に始める。かなり広い店内には、デザインコンテストのデザインを使ったポーチなどの他、カンボジアの自然な素材を使ったココナッツオイルや石鹸を扱い、そして日本コーナーでは、メイクアップアーチストを呼んで、メイクを施したりもしている。日本の可愛いグッズの販売も行っている。昨年6月末に開店してから、紆余曲折を経て、今日の店があることが一目でわかる。

IMG_2556m

 

『ランチはどうしますか?』と渡辺さんが聞いてくれたので、一緒に食べに行くことにした。モールの上の階に、いくつもの店が入っており、出店者たちもここで食べているので、ランチの時はお客が結構いるらしい。今回は彼女のリクエストで中華に挑戦してみた。意外や奥が深い店内、そして意外やお客がいた。地元の人か観光客かは分からないが、中国系の人が多い。

 

料理は何となく創作料理風か。スープが大きな土瓶に入って出てきた。日本料理の土瓶蒸しを想起させる。味は甘めで、癖がない。野菜炒めなども食べやすい。飲み物はタイから入ってきたペット飲料を注文したが、何でこんなにまずいのか、と思うほど、味が甘く、しかも不思議であった。無料のお茶が出てきてホッとした。このお茶、どこから来たのか、そんな興味が湧く。

IMG_2560m

 

お店に戻り、石鹸とその入れ物として小袋をお土産にする。石鹸は泡立てネットがなければ泡が立たない天然物ということで、3点セットを作ってもらった。この辺も店長、渡辺さんの提案力による。スタッフが一生懸命包んでいる。このモールは朝9時から夜10時まで開いているので、店も開けなければならない。その拘束時間の長さは凄い。人繰りも大変だろう。その分、店長の負担も半端ない。昨年会った時に初めて人を採用するのだと緊張していた彼女を思い出す。店の外には自らがモデルになった写真まで貼ってある。

IMG_2565m

IMG_2562m

 

記念写真を撮ろうというと、ちゃんと店の商品を持ち出し、手に持たされた。この1年の間の彼女の苦労、そして相当に成長した店長を見て、逞しくなったな、としみじみ思う。人間は与えられた環境で成長していく。私も若い頃、一人で台湾に送られて苦労したが、その時が一番成長した、と今でも思う。渡辺店長の将来、楽しみだな。

IMG_2569m

 

テレビと夕飯

それから歩いて宿まで帰る。トゥクに乗ればよいとは分かっていても、またどんなに暑くても、私は歩くのが商売だから、仕方がない。と言ってもかなり遠いので疲れ果てる。部屋に戻り、しばし休息。のつもりが心地よいエアコンのお陰で寝入ってしまい、起きると午後5時になっていた。

 

NHKの7時にニュースを見る。最近見ていないな、ニュース。昔はニュースとスポーツだけは見ていたのだが、今ではニュースも嘘っぽい。そして最近は子供の誘拐や自殺の話が多い。既に世の中、見なくてよいものを沢山見る時代に入ってきたようだ。その中を如何に生きていくのか、それが課題だ。

IMG_2572m

 

腹が減ったので夕飯を食べに外へ出た。外は既に暗く、周囲にレストランは見えない。古いオルセイ市場の方へ行くと、角のキャピタルから始まり、いくつもの店が軒を並べている。でも何となく美味そうに見える店がなく、市場まで来てしまう。市場の前の屋台で焼そばを注文してみる。

 

後ろのテーブルに座り、焼きそばを待っていると、横のテーブルから日本語が聞こえてきた。若者が二人で話し込んでいる。聞き耳を立てたわけではないが、聞えてきたのはサッカーの話題。それもカンボジアのプロリーグに関するもので、この2人がサッカー関係者、場合によっては選手本人である可能性が出てきた。今や日本人選手がアジアで活躍する時代、そんな話が隣であってもおかしくはない。

 

焼そばはウマかったが、一緒に出てきたスープには味の素がたっぷり入っていた。こんなスープ、久しぶりだな、と何となく懐かしいが、大量には飲めない。ここで働く人々はこの薄暗い空間で、何を思って生きているのだろうか。あるいは何も考えず、目の前のことに追われているのだろうか。

DSCN2672m

 

帰りになぜか肉まんを買ってしまった。婆さんが、ウマイよ、という顔をしてからだが、実際に買うと愛想も何もない。プノンペンに華人は多く、またどこにでもいるが、皆強かに生きていることがよく分かる。この国には華人受難の歴史もある。その中を生き抜いてきた婆さんに、私が敵う訳がない、と諦めて、部屋で肉まんを噛みしめる。

DSCN2675m

カンボジアご縁の旅2015(2)変化するプノンペン

またトゥクに乗り、向かった先はサムライカレー。昨年訪ねた時はコニーバーに併設されていたのが、今は独立して?別に店を構えていた。このプロジェクトは知り合いのとまこさんがカレーのレシピを考え、よもけんも参加していた。場所もそれほど良いところではなく、どうなったか心配したが、数人の若者がちょうど賄いメシを食べるところだったので、一緒に食べてみた。

 

とまこさんのオリジナルレシピカレーにカツを入れてみた。物凄い量になってやって来てたじろぐが、カツは好きなので、どんどん食べる。カンボジア人は辛いものを食べないようで、カレーも甘味が必要らしい。ココナッツカレーなどは良いようだ。また付近に住む欧米人もターゲットだが、このあたりの好みを掴むのが難しい。

IMG_2526m

 

昨日初めてカンボジアに来たという大学生から1か月ぐらい滞在している者まで、皆でこの店をどう盛り上げるか、如何にカレーを売るか、を考えて実行することが目的、いわば若者訓練所だ。今はカレー以外のメニューを検討中。既に巻き寿司にチャレンジしており、すぐにメニュー化されるらしい。半年後にはサムライカレーがサムライスシになっているかもしれない。そんな面白さがある。

IMG_2528m

 

次に歩いて、近くのイタリアンへ。何と今日がオープン初日だという。お洒落な店内、日本人のオーナーシェフが緊張の面持ちで料理を作り、店員に指示を出していた。我々は食事を終えていたので、ワイン一杯ずつを頼んで様子を眺める。向こうでは日本人の団体さんが楽しそうにワインを飲んでいた。プノンペンにもイタリアンはあると思うが、日本人が作るイタリアンも良いものだ。このお店、今後が楽しみだ。

IMG_2530m

 

そしてコニーバーへ。店長が到着するとすぐにお客がやって来るから凄い。私の横にはバイク屋さんが座り、カンボジアやベトナムのバイク事情を聞く。夜はスポーツバーもやっているとか。凄いバイタリティだ。反対側には食材輸入会社の人が。彼も28歳だとか。若いな、プノンペンは。最近日本食レストランが出来過ぎたこと、など事情を行く。ここに居れば、様々な人がやってきて、情報を置いて行ってくれる。店がお客で溢れてきたので、退散した。帰りもトゥクで3ドル。トゥクに慣れるとプノンペンも歩きやすい。

 

2月5日(木)

ゴールデンバイヨン

翌朝は6時に起きて、NHKでマッサンを見た。見終わるとやることがなくなり、ボーっとする。8時過ぎに明日行く予定のシアヌークビル行きバスの予約を試みる。日本人経営だというので電話してみたが、英語での対応。電話が聞き取り難く苦労したが、何とか予約で来た。でも何となく心配。フロントの女性に再度電話してもらい、確認を取る。

 

それでも心配になり、せっかく電話したのに、バス会社に行ってみることにした。セントラルマーケットの近くということで、歩いてもさほどの距離ではない。宿の前には自転車屋が数軒ある。これは珍しい。途中道路工事があり、見ると日の丸が。相変わらずODA、撒いているんだな、我が国は。

IMG_2533m

IMG_2534m

 

会社に着くとちょうどバンが出る所だった。ようはバンに人を詰め込み、一人10ドルでシェムリアップやシアヌークビルに運んでいるのだ。ローカルバスよりはよさそうだ。オフィスで明日の予約を確認する。何とホテルに迎えに来てくれるという。本当か?ちゃんと宿の名刺を出すと、彼女はPCに打ち込んでいる。これなら心配ない。安心して戻る。その際、シアヌークビルの宿もこの会社のGHにすることにして、電話で予約した。バンを使っていくと宿代が10%オフになる。でもなぜか同じ会社なのにこのオフィスでは宿の予約はできない。

IMG_2540m

 

そのまま南下する。イオンモールを目指して歩いたが、途中で道を誤り、だいぶん曲がってしまった。それにしても思ったより時間が掛かる。これならトゥクに乗るべきだった後悔したが、後の祭り。かなりの暑さの中、埃だらけの道をテクテクと歩き、約束の11時半を過ぎて何とか、滑り込む。

IMG_2543m

 

イオンモールのWakanaショップ

昨年ここを通った時はまだ建設中だった。本当に6月にオープンするのだろうか、と思った。しかし本当に6月末にイオンモールはオープンしたとニュースで見た。フンセン首相も開業式典に出席したというから、その期待は大きい。だが平日の午前中、お客はそれほど多くはない。昨年行ったホーチミン1号店よりは多かったが。店舗はホーチミンより充実しているように見えた。ロケーションもこちらの方が良い。週末はお客が多いという話は似通っている。トイレに行ってみると日本と同じきれいさで驚く。設備はとても良いのだな。あとは時代が付いて来れば、そう思う。

IMG_2550m

 

Wakanaショップを探してみる。意外と見つからないと思っていたら、ほぼ1階の真ん中にあった。店に入ると店員のカンボジア人女性が二人いたが、代表の温井さんの姿は見えない。店員の女性も『今日はまだ来ていない』と言いながら、携帯を鳴らしてみるが、応答がないという。ちゃんと行くことは伝えてあったのはずだが、どうしたのだろうか。重要な会議でもしているのだろうと、一度店を離れて20分ほど他を回ってみた。

IMG_2551m

カンボジアご縁の旅2015(1)プノンペン 空港からふらふらとトゥクトゥクで

《カンボジア散歩2015》  2015年2月4日-10日

 

12月にシェムリアップに行ったばかりだったが、予定していたインド行が延期となったことから、再びカンボジアへ行くことにした。今回はプノンペンとシアヌークビル。プノンペンでは前回見学したデザインコンテストが形となり、店を構えたというので見に行ってみた。シアヌークビルは初めての地、そこでは劇的な転換をした人に会うことになっていた。ちょっとワクワクする旅、茶旅ではなく、ご縁の旅もどんどん広がっていく。

 

2月4日(水)

1.プノンペン

空港からふらふらと

カンボジアへ行くのは好ましいが、好ましくないのはいまだにビザの取得が必要なこと。空港に降りてアライバルビザを取ればよいのだが、その手続きは面倒だし、30ドルも払う必要もあり、そして何よりもパスポート1ページにデカデカとビザが押されるのはただでさえ、判子の多い私のパスポートには痛手だ。だが、ビザ取得もかなりスピーディーになり、イミグレも、指の指紋を取るのだが、そのスピードも速い。

 

普通は空港で携帯のシムを買うのだが、前回シェムリアップで貰った無料のカードを使ってみる。聞いてみると5ドルのお金を入れる必要があった。それが有利なのかどうかは分からないが、面倒なので従う。プリペイドのタクシーはあるが、つまらないので、今回はトゥクトゥクを探してみる。

IMG_2511m

 

空港の外に出たが、タクシーしかいない。少し歩いていくと、ふらふらとトゥクが1台やってきたので、それを止めて料金を聞くと7ドルというので、飛び乗る。空港から市内の料金は統一されているようだ。空港の敷地を出ると、道には多くのトゥクがいた。今やトゥクはここまで追いやられ、乗客は外まで出て来なければならないことが分かる。タクシー全盛の時代なのだ。

IMG_2514m

 

そのトゥクの運ちゃんはなかなか面白い。かなりゆっくりと走り、途中でガソリンを入れたり、飲む水を買ったりと、ふらふらと進む。特に急いでいなければ、これはこれでプノンペンらしい。カンボジアでセカセカしていては、カンボジアらしくない。だが今やカンボジアにも経済成長の波が押し寄せ、金儲けと効率が幅を聞かせてきている。トゥクは徐々に消えていくのだろうか。夕方の渋滞時、トゥクは車から邪魔にされ、バイクから疎まれながら走っていく。

IMG_2516m

 

市内の入ると運ちゃんは型どおりに『明日は観光か?トゥクはいらないか?』と聞いてきたが、『いらない』というとそれ以上、セールスすることはなかった。『そこまであくせく働く必要はないよ』と言わんばかりに、7ドルを受け取ると、またふらふらと去っていった。

 

ナイスゲストハウス

今回はプノンペンのゲストハウスに泊まってみようと思い、在住者に聞いたところ、勧められたのがナイスゲストハウス。名前もいいので、ここに行ってみる。隣にあるキャピタルというGHが一番有名らしいが、ナイスはその横にひっそりとある所が良い。フロントのニーちゃんも親切そうで、料金も1泊13ドルを12ドルにしてくれた。

IMG_2519m

 

部屋は4階になり、階段を上がるのがしんどい。下の部屋はないかと聞くと『うちの部屋は下から埋まっていく。2階は1か月ぐらい滞在する常連さんが占拠しているよ』というではないか。確かに旧市街の中心付近にあり、部屋代もリーズナブルであれば、長居する人も出てくるだろう。プノンペンは観光地ではないので、通り過ぎる旅人が多いと聞いていたが、彼らは何をしているのだろう。

IMG_2520m

 

部屋は古いが個室で、トイレとシャワーも付いている。ネットも何とか繋がる。このクラスとしては珍しくちゃんと映るテレビもあり、何とNHKのワールドプレミアも受信していた。これで12ドルなら満足、ということになるだろう。長居する日本人はここでダラダラとネットをやり、テレビを見ているだけかもしれない。腹が減れば外へ出て食う。そんな生活もありかなと思う。確かにここはナイスなGHだった。

 

たかやんと

今晩は前回知り合ったカリスマバー店長、たかやんに遊んでもらうことにした。たかやんは3年前にプノンペンにやって来て、コニーバーという店をやっている。まだ28歳だとか。今の若者は、などということを言うおじさんも多いが、こういう人もいるということを認識する必要がある。

 

たかやんに電話すると『ロシアンマーケットまで来て』と言われる。どこにあるか分からないので、フロントで聞くと彼らも一瞬分からない、という顔をしたが、一人がたぶんあそこだろうと、外にいるトゥクに話してくれ、乗車した。トゥクはひたすら南下して、普通の道の脇で停まった。指示されたKFC(ケンタッキー)の前で降りたが、どこにマーケットがあるのかと不安になる。ロシアマーケットといえば、毛皮やマトリューシカを売っているとばかり思っていたのだが。そこにたかやんが登場。ロシアマーケットと言っても、今は普通の市場と分かる。昔はロシアから流れてきた物資でも捌いていたのだろう。北京にもあったな、そんなところ。

IMG_2523m