「タイ」カテゴリーアーカイブ

パクセー茶旅2020(3)パークソンの茶畑

それから街中をゆっくり散策する。ウボンと比べると少し涼しい感じがするのは気のせいか。ワット・ルアンという大きな寺に入ってみる。かなり歴史がありそうだとみていると、なぜか日本人の団体が入ってきた。学術調査のついでに観光しているといった感じで、細かい所を見ている。ここのお墓にも漢字が刻まれており、華人もいることは分かる。

きれいな建物があった。中には小さな店がたくさん入っているが、お客は全くいない。昔の市場をここに押し込んだのだろうが、効果はあまりなかったようだ。教会も見える。この地には、華人の他、宣教師などもやってきたことだろう。そこから川沿いに出て友好橋を写真に収めようとしたが、うまく撮れないので、どんどん橋に近づいて行き、気が付くと橋の袂まで来ていた。

この橋、日本の資金でできたらしいが、建設したのは韓国の会社か。その名前が刻まれている。そして実際にこの橋を使っているのは、ラオ人の他はタイ人と中国人が多いらしい。これぞ国際貢献、と言って喜べるのだろうか。いずれにしてもパクセーはこの川で栄えた、とは分かる。近くには立派なホテルも建っている。夕陽がドンと落ちていく。

今度は内側に歩いて行くと、市場があり、夕飯の買い物をする人々がいた。宿の方へ戻ると、途中には中国系の廟などが見られたが、既に門は閉ざされていた。結構歩き回ってかなり疲れてしまった。夜外へ出るとすぐ近くにも立派な中華商会の建物があり、やはり華人が貿易していたのだと理解する。

夕飯は、昼を食べた隣のカフェへ入る。そしてシーフード炒めと書かれているのを、イカ炒めだけにしてもらい、たらふく食べた。隣に地元の華人と中国から来た中国人のグループが座った。周囲はちょっと気にしていたようだ。既に中国人団体観光は止まっているが、彼らは個人で来たのだろうか。それとも中国に帰れず、既に1月からここに留まっているのかもしれない。

2月18日(火)パークソンの茶畑へ

翌朝は宿で簡単にご飯を食べてチェックアウトした。やはり隙間風がうるさくてよく眠れなかった。フロントの男が『どうしてチェックアウトするのか』と聞いてきたが、無言で支払いをした。外に出ると、そこには昨日予約した車の運転手が待っており、荷物を載せて出発した。

車はすぐに郊外へ出て、思っていたよりずっといい道をほぼまっすぐ走っていく。山を登っているという印象は全くなかったが、30分後に標高を計ると、100mから800mに上がっていたので、かなり驚いた。そして車は道路わきに入っていく。そこは茶園があるらしい。手前の小屋には簡易な製茶道具が置かれ、奥には確かにかなり古い茶樹が沢山植わっている。

運転手は何が楽しんだ、という顔をしていたが、とにかく茶畑を見ると嬉しくなってしまうのはどうにも止めることができない。思ったよりずっと広い茶畑なので、写真を撮りながら、ずんずん奥へ入っていく。茶樹の間隔は広く、昔の茶畑という雰囲気が漂う。但し直射日光が照りつける、平たい場所にあるので、茶樹の生育としてはどうなのだろうか。

建物の所に戻ると、運転手が女性と話していた。その女性がここのオーナーであり、製茶もしているとのことだった。運転手が通訳をしてくれて聞いたところでは、まだフランス統治下、お父さんがベトナムからやって来て、ここでフランス人の茶作りの手伝いをしていたらしい。

フランスが去った後、その茶園を受け継ぎ、ここで茶業を続けてきた。道路の向かいにはコーヒー園とドリアン畑も広げた。そして父親が亡くなる時、姉妹が相続をした。目の前の彼女が茶園を引き継ぎ、妹が残りをもらい受けたらしい。とにかくここの茶畑は80年以上の歴史があることが分かり、満足。

現在ここで作られている茶は、何と紅茶、烏龍茶、白茶の3種類だった。普通ならあの晩茶のような緑茶が作られるはずだが、どうやら観光客向けに販売するので、フランス人あたりの好きそうなメニューになっているのかもしれない。これ以上、技術的な話は、通訳もできないだろうからと止めた。そして茶を少量ずつ買って、ここを離れた。

更に道を行くと、大型バスが停まっていた。ここでは白人さんが沢山下りてきて、皆でコーヒーを飲みながらガイドの説明を聞いていた。そしてお土産にコーヒーを買っていく。まさにコーヒーツーリズムだ。お茶も同じような扱いだろうが、現在ではコーヒーの方が優勢だ。

もう一つの茶園に行った。こちらはきちんと手入れをしていないようにも見える。完全に平らな土地に茶樹が無造作に植えられている。日もだいぶ高くなり、とにかく暑い。これではいいお茶が出来る、という感じはしない。なぜか茶畑を牛が歩いており、危うく衝突するところだった。

もうこれ以上、ここにいる理由もなく、車は町に帰っていった。途中道路脇に、大きな工場が見えた。Dao Coffeeという有名ブランド。1991年創業のラオスでも有数の企業だという。昨日歩いていた友好橋の袂にも、きれいなカフェを開店させていた。コーヒーの他、茶も商っている。

パクセー茶旅2020(1)ウボンラチャタニーで

《パクセー茶旅2020》  2020年2月16日-19日

3月初めまでバンコックを拠点に活動する予定だった。そして5年マルチのインドビザを用意し、コルカタ経由でアッサムに乗り込むつもりだったのだが、コロナウイルスの影響で急激に雲行きが怪しくなる。もしインド国内で隔離されたら、と思うと、インド行きに二の足を踏んでしまい、ビザを捨てて、ラオスに走ることにしてしまった。この判断が正しかったのかは、後に分るだろう。今回は行ったことがない南部ラオス、パクセーを目指す。

2月16日(日)ウボンへ

バンコックから直接パクセーに行ってもよかったのだが、それではやはりつまらない。今回は陸路で国境を越えようと思い、ラオス国境に近い街、ウボンラチャタニーまで飛行機で行って、そこに泊まることにした。実は2年前、コンケーンからウボンに行こうとしたことがあったが、バスの時間の関係でシーサケットに行ってしまい、結局ウボンだけ取り残してしまっていたのだ。

国内線に乗るべく、ドムアン空港を目指す。日曜日ということもあるが、MRTは空いていた。マスク姿が殆どだ。チャドチャックから空港バスに乗ると乗客は何と2人だけ。既にバックパッカーなどは随分と減っていることが分かる。ある意味でこれだけ人がいなければ安心かな。

ところがドムアンでは相変わらず乗客がかなりいた。マスクしていないのは、ほぼ白人というのが面白い。白人は感染症に敏感だとずっと思ってきたが、違うのだろうか。それともマスクが買えないのだろうか。飛行機に向かうバスも満員。機内はタイ人が多く、7割程度の乗客だった。

1時間でウボン空港に到着する。直ぐに外へ出ると、ここにも空港バスが出来ていたので乗ろうとして聞いたら、このバスは、お前が予約した宿にはいかない、と乗せてもらえなかった。タクシーに乗れと言われたが、何となく嫌で、そのまま歩き出してしまう。この空港、街とくっついているので、宿まで3㎞程度だった。ちょっと暑いが歩けないほどでもなく、街を散策しながらゆるゆると行く。

街はゆったりとしており、それほど大きくもない。宿までもう少しというところで腹が減ったので、食堂に入ってみた。そこには何ととんかつなどと書かれている。注文してみると,薄いカツに、不思議なソースが掛かっており、どんぶりでもなく皿に載ってくる。ライスの上には、目玉焼きが載る。完全な創作料理で面白い。

宿は結構立派で部屋も広い。料金は意外と安かったので、嬉しい。早速明日のパクセー行き情報を集めようとしたが、残念ながらフロントの女性たちはあまり英語が得意ではない。それでも一生懸命対応してくれ、何とか分かったのは、ここからかなり離れたバスターミナルから1日2本バスが出る、ということだけだった。

仕方なく、周辺を歩いて、旅行会社などを探すが、見つからない。大きな通りに出ると、ウボン国立博物館があったので、取り敢えず見学してみる。タイの博物館はどこもそうだが、ここも発掘された仏像の展示が中心。見学者は誰もいないので、係員も手持無沙汰でおしゃべりに夢中。

商店街があったが、日曜日のせいかほぼ閉まっていて人気がない。旅行社が一軒開いていたので、入ってみると何とか英語は通じたが、やはりバスの予約はターミナルへ行かないとできないと教えられる。その場所はBigCの近くだと聞く。そのまま川沿いに歩いて行くと、市場があったが、既にほぼ店じまいしており、のんびりした雰囲気。少し川を眺める。

橋の所へ行くと、ソンテウが停まっていたので、『BigC』と言ってみると、乗れ、と合図されたので乗ってみた。大通りをまっすぐ行けばBigCなのだが、ソンテウはくねくねと横道に入りながら、北に向かって行き、最後のBigCで停まった。地方都市のソンテウは10バーツだから安い。

地図で見るとすぐのはずだったが、ターミナルまでは実はかなり距離があった。テクテク歩く。郊外のバイパス道を何とか渡り、ようやくたどり着く。私はウボンで何しているんだろうか。パクセー行のバスは午前9時半と午後3時の2本、料金は200バーツ。午前便を予約したかったが、当日しか売らないと言いながら、座席表に私の名前を書き込んでくれたので、安心してまたソンテウで戻る。

まだ陽が高かったので、もう少し散歩を続ける。大きな教会が見えたので、ちょっと眺めていると、シスターが子供たちに声を掛け、何か話している。その親しげな様子は好ましい。私にも英語で声を掛けてくれた。

国境の街だから、貿易などに携わる華人は沢山いると思うのだが、華人廟も見つからないし、漢字の看板もさほどない。華人は一体どこへ消えたのだろうか。夜は何とか見つけた華人経営の店で麺をすすったが、言葉は英語だった。

チェンライ・チェンマイ茶旅2020(3)チェンマイのコンブチャ

チェンマイで

バスは今来た道を戻り、順調に進んでいく。車内の乗客は6-7割の状況であり、わりとゆったりできる。途中であのタイ茶の工場があり、近くには温泉が出ており、そして休息があった。3時間で着くはずだったが、1時間は遅れているのが何ともタイらしい。更にはチェンマイ市内へ入る道がひどい渋滞でバスが全く進まず、結局4時間半かかって、アーケードターミナルに入った。

バスを降りると、誘導され一列に並んで、何と検温を受けた。一昨日のチェンライ空港でもなかったことで正直驚く。平熱で助かる。既にチェンマイは大変なことになっているのか勘ぐったが、そこを通るといつもの風景。いや、客が非常に少ない状況が見えた。渋滞なので、予約した宿までタクシーには乗りたくなかった。何とかバイタクを探して乗り込む。

西側の老舗ホテルの豪華なロビーは静まり返っていた。日本人観光客の姿が数人見えただけで、スタッフは全てマスクをしていた。部屋は広いが非常にシンプル。テレビはなぜか日本の民放が1つ映ったが、NHKは映らなかった。電気ポットはあったが、インスタントコーヒーすらなかった。これがかつては天皇も訪れたというホテルだろうか。ロビーにその写真が飾ってあるが、今やかなり安いのだ。

ここでOさんと再会した。Oさんは以前バンコック茶会に参加してくれたことがあり、その後いつの間にかインドに拠点を変えていた。一昨年台湾で再会し、その後バンコックで一緒に茶旅した。今はインドが寒い(彼の拠点は北部の山中)ので、チェンマイで避寒しているというのだ。この付近には月極で借りられる部屋が多くあり、日本人もかなり住んでいるらしい。次回は試してみるか。食事も日本人などがよく通う台湾料理屋で食べながら、遅くまで話し込んだ。

2月4日(火)コンブ茶

翌朝Oさんと待ち合わせて、タクシーでTea Galleryへ向かった。ここも2年半前に訪問した場所ではあるが、車で連れてきてもらったので、その一は全然分かっていなかった。それでもGrabで車を呼び、何とか辿り着く。チェンマイ郊外、閑静な住宅街にオフィスがあり、知らない人はまず行けない場所だろう。

1階はドリンクなどが飲めるスペースになっている。入っていくと、何と前回チェンライでプレゼンしていたイタリア人と再会した。Jackはコンブ茶などを研究している博士だった。そしてオーナーのJeedもやってきた。彼女は私のことは忘れていたが、静岡訪問団は覚えていた。

コンブチャはタイのミエンから作られるドリンクで、健康茶としてアメリカなどで人気があるという。日本ではその昔、紅茶キノコと呼ばれていた。ミエンの製造を含めて、Oさんは発酵食品の研究に余念がなく、この手の話には極めて情熱的に反応して、出されたミエンが美味しいと食べている。ミエンから作られるジャムなど、興味深い商品も並んでおり、ワッフルにつけて食べる。もし身近に売っていれば、きっとヒットするだろうが、家訓なのか、大きな商売はしないともいう。

Jeedの話を聞いていて驚いた。実は彼女の父親も雲南回族。母がタイ人のため、彼女はヒジャブを被らないが、イスラム教徒だというのだ。苗字は雲南回族で一番多い『馬』であり、馬班だったらしい。しかも昨日訪ねたジャルワンとは姻戚関係もあるというから世界は狭い。父親の代は茶業者だったので、バンコックの茶業者との付き合いもかなりあったらしく、知っている名前もいくつか出てきた。

彼女が引き継いでから従来の形態を転換して、現在は科学的な研究を行うラボも作り、健康をキーワードにビジネスを展開している。顧客はアメリカやヨーロッパに広がっているが、タイ国内の需要が高まることを一番期待しているという。タイの茶産業は後発だから、このような健康食品ビジネスが有望ではないかということだ。

Galleryを辞して、ワロロット市場へ行ってみる。いつもは観光客で賑わっているが、中国人の団体がごっそり抜けた感じで実に静かでよい。ミエンを売っている店は僅かしかなく、残念ながらタイではこれを食べる習慣は薄れていることが実感できる。周囲の華人廟などを探しながら散歩してみたが、思ったほどは見つからない。この街で華人はひっそりと生きているのだろうか。

一度宿に帰り、預けた荷物を取ってから空港へ行く。バスターミナルと異なり、こちらは検温など、コロナ関連の対応は特になかった。マスク姿が増えていたものの、バンコック行のフライトはほぼ満員で、影響はまるで感じられない。この時点、コロナは中国だけの問題だと思われていた。

チェンライ・チェンマイ茶旅2020(2)回族の茶業者

そのまま川の方に戻ると、何ともレトロで良い感じの洋風建築のカフェがあった。タイの若者であふれており、川べりの席は無さそうだったので、そのまま歩いて帰る。夜は、かなり気になっていたコムヤーンカレーを食べてみた。豚ネックを使った、それほどスパイシーではないカレーは意外なほどうまい。カレーは北部タイ料理なのかと聞いてみたが、家では食べたことはない、との答えだった。チェンマイカオソイなどもカレー味だが、このカレーは一体どこから入ってきたのだろうか。

2月3日(月)

回族の茶農家

翌朝も宿で朝食を取る。そして昨日インストールしたGrabを初めて使ってみる。本日訪ねる茶農家は、何とチャンライ市内から30㎞も離れており、バスで向かうことは不可能だと聞いていた。ホテルでタクシーを頼めば、法外な料金を請求されかねない。Grabで検索すると300バーツで行けると出ている。だが本当にこんな遠くまで行くタクシーを見つけられるのか。

食後、Grabアプリで予約を押したところ、3分で来るとの表示が出たので慌てて、荷物を持ってチェックアウトする。表に出たところでタクシー到着の連絡はあったが、その車を見つけることができない。仕方なくメッセージでホテル名を再度打ち込むと2分ほどで、その番号の車と合流できた。

車は郊外の道を一直線に走る。車はきれいで、運転手は英語を話した。これなら外国人でも快適だ。目的地に行ってからGrabで帰りのタクシーを探すのは不安だったので、彼に頼んで待っていてもらうことにした。とても良い人で、滞在中の待ち時間は無料で良いという。確かに往復した方が実入りは良いのだろうが、こちらとしては何とも有り難い。

目的地は本当に田舎、それも住宅などもほぼない場所にあった。まさに農地、そして茶畑が少し見えた先に、工場と事務所があった。オーナーのジャルワンさんとは、2年半前に茶ツアーで一度訪問して顔は分かっていた。先方も日本人が中国語の通訳をしていたので、覚えていてくれたようで、にこやかに迎えてくれた。

彼女の特徴は何といっても、ヒジャブを被っており、一目でイスラム教徒と分かることだろう。そしてタイのイスラム教徒なのに、華人であること、これも我々には理解が難しい。今回はこの辺の謎をたっぷり聞こうと訪問したわけだが、その壮大な一族の歴史には正直驚いてしまった。俄かには信じられない話も出てくる。

彼女のお爺さんの故郷は雲南省。生まれた村は全員が回族だという。そしてその先祖はチンギスハンだと言われたが、いきなり言われても歴史が繋がらない。勿論雲南回族は以前馬班と言われ、ホースキャラバンを率いてこのエリアの物流を担っていたと聞く。それと関連があるのだろうか。よく調べてみる必要がある。

現在チェンライのイスラム教徒は、タイ・パキスタンとタイ・雲南の2系統がいるという。そして昨日見た清真寺は雲南系が建てたもので、一大勢力であり、現在その勢力を束ねる顔役は何と、あの鄭和の子孫だというではないか。確かに鄭和は雲南回族出身と言われているが、歴史とは何とも面白い。

話していると彼女の妹が入ってきた。妹はアメリカ留学経験があり、中国語より英語が得意だと言うので、後半は英語で話すことになる。この辺の言語適応力もすごい。彼女らのお爺さんが雲南からチェンライへ来た旅、お父さんが一代で築いた茶園、そして現在チェンライ市内にもスウィルンという名前で2店舗を持つ、姉妹で発展させる茶業、とても面白い。

茶畑の写真も撮った。以前はマンゴなどのフルーツ畑であったが、お父さんが全て買い取り茶園を広げていった。この辺の平地で茶樹が育つと思っていた農家はなかったというから、農業の才があったのだろう。台湾から技術を導入した四季春品種の烏龍茶をお土産に少し購入した。

あっという間に2時間以上が過ぎ、お昼ごはんを出してくれるというのを断って、車でチェンライバスターミナルへ向かう。この道、よく見ればチェンマイへの道ではないか。よく分かっていれば、ここからチェンマイ行きのバスに乗ることもできるのかもしれないが、既にチェンマイ行きチケットを購入していたので、市内まで戻ることになる。

ターミナルに着くと、購入したバスの時間まで1時間以上あったので、早いバスにチェンジしようとしたが、何と変更不可だった。仕方なく新たに購入してバスに乗り込む。何で変更できないのだ。ちゃんと確認しなかったこちらが悪い。しかしそうであれば、少なくとも郊外の新バスターミナルへ行けばよかったと後悔する。

タイ北部・中部を旅する2019(16)突然の停電で

7月27日(土)
突然停電

朝は天気が良かった。いつものランドリーに洗濯物を預けて、外へ出る。まだ暑くなかったので、歩いてプロンポーンまで出た。昔時々行った和食屋でランチに焼き魚定食を食べたが、料金は30-50バーツぐらい高くなっている。以前はバンコックの和食はコスパがよいと思っていたが、もうそういう時代ではないようだ。

 

そこから歩いてアソークまで行き、地下鉄でラマ9まで乗って行く。実はカメラが少し壊れているので、治せないかと思い、電脳街に行ってみた。ところがスマホ屋などはいくらでもあるが、カメラ屋は殆どないのだ。これも世の中の流れだろう。ようやく1軒見つけて聞いてみたが、修理するのに1週間はかかるという。

 

旅行者だからどうしてもすぐにと言ってみても、今日の夕方、だという。料金は500バーツ、そして治るかどうかは分からないと言われ、預けるのを止めてしまった。うちには数台の壊れたデジカメがあるのだが、デジカメは高級品以外売られなくなってきているので、何とか治して使いたいと思ったが、難しいだろうか。

 

地下鉄で宿に戻った。今日の午後は溜まっている書き物をしようと思っていたが、部屋に入るなり、突然大きな音がした。そして電気が点かなくなる。停電だ。少し経っても治らないので、下で聞いてみると、外の電柱に何かがぶつかったという。これではいつ治るか全くわからない。さすがにエアコンなしは少し暑いので、どこかのカフェに避難するつもりでPCを持って出掛ける。既に復旧工事は行われていたので、2-3時間で戻るつもりで出た。

 

近くの店が集まる一帯には数軒のカフェがある。その中で、PCを使え、充電も可能な場所、勿論涼しくて、静か、そしてあまり高くないドリンクを提供している店を探す。意外と条件が多くて、どこも当てはまらないという悲劇。これまでこの辺にはかなり長く滞在しているが、実際カフェで作業をすることなどなかったのだ。

 

だが、実際PCで作業が始まってみると、ネットをちらちら見ることもなく、かなり集中して出来たので、今後も集中したいときにはカフェだな、とは思った。ある意味で新鮮な体験だった。3時間後に近くのフードコートでいつものカオマンガイを食べてから宿に戻ると、何事もなかったように電気が通じており正直ホッとした。

 

7月28日(日)
お茶会2

翌日はお茶会の2回目があった。平日は来られない人々が集まってくれた。話の内容は金曜日と同じだが、参加者によって、感じ方、受け取り方がかなり違うのだ、ということを発見する。問題意識の差、ということかもしれないが、タイで如何にお茶が飲まれてきたのか、タイ人は元々お茶を飲むのか、タイ茶とは何かなど、テーマは尽きることがない。普段はあまり考えない話題でもあり、その答えを持ち合わせている人は多くはない。お茶をテーマに旅する醍醐味はそこにある、ともいえる。

 

会が終了すると、近所の立派なタイ料理屋さんでご飯を食べた。お茶よりビール、という方もおり、お酒が入って更に話が弾む。タイ在住が長い人が多く、タイ人とはそもそも誰なのか、どんな特徴があるのか、など、興味深い話に発展していく。私にとっては、タイ人は本当に分かりにくい人々なので参考になる。

 

食後、皆さんと別れて、タクシーで宿に戻る。既に20日以上タイ国内を旅してきたが、明日にはここを離れると思うと、やり忘れたことがいくつも思われるが、また次回にするしかない。今回はマッサージなどもほとんどせず、体に結構無理が来ていたので、今日は早めに休み、これからの旅に備える。何しろこれで旅は終わりというわけではなく、まだ半分以上残っているのだから。

 

7月29日(月)
シンガポールへ

ついにタイ最後の日がやってきた。朝いつものルーティーンでYさんとコーヒーを飲むと、タクシーを呼んでもらい、空港に向かう。これから実質6年ぶりのシンガポールに向かうのに、今回は7年ぶりのシンガポール航空を使うことにした。一体シンガポールとこの航空会社にはどんな変化がみられるのだろうか。興味津々。

 

それにしても、夏休みなのだろうか。出国手続きの外国人枠はいつにもまして長蛇の列だった。早めに出てきているので、焦ることはないものの、もう少し早くならないものだろうか。他国のように、常時この空港を使う者には、優遇するとか、そんな政策はないのだろうか。確かドムアンは中国人を別枠にしていたように思うのだが、ここは違うのだろうか。開業して10数年だが、スワナンプームは既にキャパオーバーではないかと思いながら、バンコックを後にした。

タイ北部・中部を旅する2019(15)バンコックでタイの茶の歴史を

7月25日(木)
バンコックへ戻るが

翌朝は、昨日も行った大学前のバス乗り場へ荷物をコロコロと引いて出掛けた。『バンコック』と一言いうと、誰かが『これに乗れ』と指示してくれ、乗り込む。料金も40バーツととても安い。これならあっと言う間にバンコックに着くのだ、と思われた。だが昨日フロントの女性が言っていた『ピンカラ』という地名が気になる。このバスの終点はピンカラか、と聞くと運転手も大きく頷くので間違いはない。

 

満員の乗客を乗せてバスは出発する。最初はスイスイ、バンコックが近づくと、渋滞にはまる。それでも2時間弱でピンカラに着いた。ピンカラ、それはピンクラオ、というショッピングモールだった。ここからどうやって定宿まで行くのだろうか。仕方なくYさんに連絡すると『その近くにフェリー乗り場があるから、そこからフェリーでサパンタクシンまでくれば、後は何とかなる』と言われたので、まずはフェリー乗り場を目指した。

 

と言っても歩ける距離でもなく、タクシーを捕まえるしかない。運転手に何とか場所を理解してもらい、2㎞ちょっと進むと川に出たので降りた。フェリー乗り場と思われる方に進むとおばさんがいきなり『ノー』と手を横にして制止する。どうやらここからは乗れないらしい。そしておばさんは『バス』と叫ぶ。何とフェリーにはこの付近からは乗れない?じゃあ、どっから乗るんだ?

 

バスと言われてバス停に行ったがいつ来るかも分からないし、どこへ行くバスかも分からない。仕方なくまたタクシーを捕まえて乗り込んだが、川を渡ることすらできないほどの渋滞が待っていた。これでは本当に何時着くか分からないほどだったので、BTSと叫んでみると、運転手もホッとしたような顔をしていた。そこから20分ぐらいで何とかBTSの駅に着き、更に途中でMRTに乗り換えて、何とか定宿に帰った。今回分かったことは、川向うとの往来はやはり基本的に避けるべき、ということだ。

 

タイ国内旅を2回もしたので、疲れが出ており、また雨も降っていたので、午後は完全休息に充てる。雨が止み、夕飯を食べようと外へ出た瞬間、またもや激しい雨が降り出す。この季節、タイは雨期ではあるが、このように断続的に雨に降られると何もできずに困ってしまう。

 

7月26日(金)
お茶会&ヤワラー

今朝は良く晴れていてホッとする。宿でタクシーを頼み、いつものお茶会会場へ向かう。今回はついに地元タイで『タイ茶の歴史』をお話しすることになっている。思えばタイに初めて来てから30年以上が過ぎたが、タイ茶の歴史を話すようになろうとは思いもよらず、何とも感慨深い。

 

主催者Mさんは、今回パワーポイントを映すためにわざわざ新しいPCを買って用意してくれていた。これまで使っていたPCは、就職したお嬢さんと共に日本へ行ってしまったらしい。1年ぶりの茶会、色々と変化があるものだ。参加メンバーも何年も来てくれている人もいるが、新しく加わってくれる人もおり、少しずつ入れ替わっている。

 

タイの茶の歴史、それはこれまで誰も書いたことがない、とタイの大学教授に言われ、つい自分が、という思いで書いてみたのだが、それがどれだけ困難なことか、やってみてよく分かった。そもそも文献もないし、タイと言ってもその歴史、定義自体が難しい。仕方がないので私が茶旅した内容を報告する、という程度に留まってしまい、しっかりとした分析や発見などはとてもできない。完全な寄せ集めだが、それでも無いよりはマシか、という出来だった。

 

会場近くで皆さんとお昼ご飯を食べて、それからヤワラーへ向かった。Mさんのアレンジで1台のタクシーに5人が乗る。意外とスイスイ進む。今日ヤワラーへ行くのは、4-5年ぶりにDouble Dogというお茶屋さんを訪ねるためだった。ここのオーナー、ジョンラック氏は宇治に住んだことがあり、その後ここに茶荘を開いた潮州系タイ人だ。

 

お店の作りは特に変わってはいなかったが、メニューは豊富になり、日本茶や急須などもかなり充実していた。普通海外でこんなお茶扱わないでしょう、というものがあるなど、やはり店主のこだわりは相当強い。5人でお茶を2つぐらい頼んで自ら淹れて飲む。お菓子も付いてくる。

 

そのうち店主に声を掛け、お茶談議が始まる。タイ茶の歴史、それは彼にとっても興味深いテーマだったようだ。更には仏教と茶、タイ華人と茶などについても、彼の見解を聞き、勉強した。タイにおいて日本語でこのような会話が成り立つのは何とも有り難いことであり、今後も交流を続けていきたい。因みにヤワラーに地下鉄の駅ができ、試運転が始まっていた。これからはどんどん便利になっていく。

タイ北部・中部を旅する2019(14)ナコン・パトム散策

7月24日(水)
ナコン・パトムを歩く

翌朝は宿に付いていた朝ごはんを食べる。トーストやカオトームなど、簡単な物ばかりで、余り満足は出来ない。今晩もここに泊まることにしたが、聞いてみると、朝食を付けなければ100バーツ安いと言われ、そちらを選択した。タイの田舎では100バーツあれば、色々な物が食べられる。

 

フロントの女性に『バンコックに行くにはどこからバスに乗ればよいか』と尋ねてみると、彼女は『私の卒業した大学の前から乗ればすぐよ』というので、まずはその大学へ行ってみることにした。歩いて1㎞ちょっとなので、駅へ行くよりだいぶ近い。これはいい、と思ったのだが、ミニバスは沢山停まっているものの、一体どれに乗れば良いか分からず、しかも言葉が通じないので情報が得られず、困ってしまった。

 

その学校の脇をもう少し歩いて行くと、サナーム・チャン宮殿がある。門のところには警備員がいたが、すんなり中へ入れてくれた。そこは公園のように、緑が広がっている。だがあまりに敷地が広いので、どう歩いてよいかよくわからない。適当に歩いて行くと、突然向こうの方でホイッスルの音がした。見ると私の方に向かい、警備員が手を振っている。

 

その先に行ってはいけない、という合図だった。私はタイ語が全く読めないので、立ち入り禁止の場所すら分からない。警備員がやって来て『どこへ行くのか』と聞かれたが、どこに行けばよいのか分からず、コミュニケーションも取れないので、『トイレ』と言ってみた。すると親切に教えてくれた。取り敢えずトイレで用を足す。

 

その先を見てみると、橋と池があり、きれいな建物が建っていた。どうやらそこが宮殿のようだ。ただ中に入ってみることは出来ず、外から写真を撮るだけだった。その他の場所も、その多くが立ち入り禁止になっており、一般市民はここを公園として、散歩などに使っているように思えた。入場料も取られなかった。

 

宮殿を後にして、東の方向に歩いていく。やはりこの街は、あの仏塔の方に吸い寄せられてしまうもののようだ。どこからでも見えるというのはすごい。今日は寺の横にあるという国立博物館を訪ねてみることにした。ところが行ってみると、建物はあるものの、扉は固く閉じられており、既にその機能を果たしていないことが分かる。建物の外には僅かに石碑などの展示があり、やはりここが博物館だとはわかる。何故閉鎖してしまったのだろうか。残念だ。また寺に入ってフラフラする。

 

何だか疲れてしまったので、トボトボ歩いて宿に戻った。後で昼ご飯を食べようと思っていたが、かなり激しい雨に降られて外出できなくなる。部屋の窓からも、あの仏塔がよく見えることに気が付いた。基本的に午後はお休みとして、手持ちのクッキーなどを食べながら、コーヒーを飲んで過ごす。

 

夕方、ようやく雨が上がったので、外へ出た。でも特に行くべきところもなく、フラフラ彷徨っていると、寺があるので入っていく。するともうお約束のように犬が数匹飛び出してきて吠えられる。寺を追い出されると、おかずを選んでたべる食堂があった。そこのおばさんはちゃんとした英語を話したし、皆親切だった。食べ物はうまいし、安い。これは有り難い。

 

また当てもなく歩き出す。少し行くと繁盛している麵屋があった。さっきのご飯の量が少なかったこともあり、軽く麺を食べてみる気になる。まあ、昼ご飯を抜いているので、いいかと思う。そこの主人、実にリズミカルに麺を捌いて行く。従業員も私が外国人と気が付くとすぐに英語ができる人が注文を取りに来た。客が多いだけにここの麺、特にスープがうまかった。意外と麺の量も多く、これが人気の秘密かもしれないが、こちらは本当に腹が膨れてしまい困った。

 

暗くなった道をヨレヨレと歩く。特にこれと言って見るべきものもない街だが、ここに住んでいる人々は親切で人柄がよい。もっと居てもよいような気になるが、さすがにやることはなく、またバンコックの用事が迫っていたので、今回は明日離れることにした。

タイ北部、中部を旅する2019(13)ナコン・パトムへ

7月23日(火)
ナコン・パトムへ

翌朝はどんより曇っていた。宿を出てロットゥ乗り場へ行き、またカンチャナブリへ引き返した。他に行く当て(ルート)がなかったので、3時間半かけて戻ったのだ。早々に助手席に乗り込み、特に疲れも感じずに、到着する。昼ご飯でも食べようかと思ったが、もうこの街には用事もなかったので、まずはナコン・パトム行きバスを探す。

 

ターミナルで聞くと、すぐにおばさんが出てきて、『ついてきて』と言われたので付いていく。何とターミナルを出て道路へ出るではないか。なんでなんだ?その先には大型バスが停まっていた。すぐに出発するバスがあるというので、乗り込む。あのおばさんはなんだったのだろうか。

 

バスはしばらくして出発した。それから途中で何か所も停まり、乗客の乗り降りがあって、余り長距離バスという感じはしなかった。2時間ぐらいかかって、ようやくナコン・パトム近郊までやってきた。ただスマホで確認していたが、バスはあっさり街の外側を通り過ぎてしまった。どうなっているんだ。車掌に聞くと、もうすぐ停まると言い、何とロードサイドで降ろされてしまった。

 

ここはどこなんだ。目の前にはビックCがあったので、取り敢えず中に入る。ちょうど腹も減ったので、腹ごしらえしようと思い周囲を見回すと、マクドナルドがそこにあり、マックチキンがセール中だった。だがこれを注文しようとすると、売切れだ、と言われてしまう。マックにも売り切れってあるんだ?何だかツイてない。仕方なく隣のタイスキ店MKで、ワンタンメンを食べたが、あまりおいしいとは思えない。どうも空回りだ。

 

スマホで近くのホテルを検索するも、歩いて行けるところはなく、外でバイタクを拾って向かった。そこは新しいビジネスホテルで、朝食付き900バーツ。結構リーズナブルな設定になっていた。フロントの若い女性は、大学で日本語を習ったと言い、そこそこの日本語を話したので、気に入ってここに投宿した。

 

すぐに外へ出た。スマホ地図を頼りに駅に向かって歩いた。2㎞以上あったが、何とか着いた。宿は郊外にあり、駅は旧市街地にあると言った感じだった。駅ではバンコック、ファランポーン駅行の列車の時間を確認したが、何と朝7時以外は全てトンブリ行きであり、不便なため、列車移動は早々に諦めた。トンブリに到着しても、そこからの交通手段がないので、ファランポーンへ行きたかったのだが。バスはどうなんだろうか。

 

ナコン・パトムの街の中心、それは間違いなくプラ・パトム・チェーダーという寺だ。旧市街地ならどこからでも見える。駅からも一直線で繋がっている。高さ120mの仏塔は、世界で最も高いらしい。原型は3世紀にインドのアショカ王によって建てられたというから、この街の歴史、そして重要性はよくわかる。現在の建物でも150年以上の歴史がある。入口は四方にあるが、入場料は南の正門で支払うらしく、私の入ったところには何もなかった。この辺もタイらしい。

 

中はかなり広く、仏塔を中心に、伽藍には仏像が多数あり、小さな仏塔も無数に建てられている。もう夕方で、門も閉まる時間だが、それでもたくさんの人がお祈りしていた。これだけわかりやすい街の中心があるのは、珍しいといえるだろう。この小さなナコン・パトムは意外と面白いのかもしれない。

 

一度部屋に戻り、暗くなってから夕飯を食べに行こうとしたところ、突然激しい雨に見舞われた。雨を押してまで外へ行く気にはなれず、そのまま宿の下のレストランの席に着く。ホテルのレストランと言っても、数十バーツの食べ物が並んでおり、屋台よりちょっと高いだけだ。盛り付けがきれいでよいが、ちょっと辛かった。

 

因みに向かいにはコーヒーショップもあり、庶民的で使い勝手の良い宿となっている。また道の向かいにはセブンイレブンもあり、役者は揃っている感がある。そのセブンで、最近お気に入りのオレンジジュースを買うと、何とセール中らしく(タイ語が読めないので分からないが)値段は確実に安いので、ちょっと嬉しくなる。

タイ北部、中部を旅する2019(12)国境の街 サンクラブリー

今日は昨日のカンチャナブリと違い、暑くないので有難い。やはり山沿いだからだろうか。1㎞ぐらい歩いて行くと比較的大きな川があり、そこに見事な橋が架かっていた。なんでも30年以上前に川向うに住むモン族が自力で作った橋だという。それにしては立派な木造の橋で、芸術的でもあり、一見の価値がある。

 

その橋を渡っていくといい風が吹いては来るが、下もよく見えるので、高所恐怖症には少し辛い。橋を渡りきると、そこには観光客向けの土産物屋などが並んでいる。そこを抜けてさらに2㎞以上歩いていくと、左右に寺があるらしい。まずは右に行くと、立派な建物が何棟もあった。タイ式でもあり、ビルマ式にも見える。モン族の高僧、ウッタマ師が建立したという。仏像を拝む。

 

もう一つの寺もウッタマ師の建立らしい。こちらはインド式の高い仏塔で、獅子が鎮座している。ちょうど工事中で中に入るのは躊躇われた。更にもう少し離れた寺へも行こうとしたが、道を間違え、近隣の村に紛れ込む。ここには妙に懐かしい風景がある。こちらが笑顔で少し頭を下げれば、誰も怪しまない。不思議な心地よさがあった。

 

歩いて橋まで戻ってくると、雲行きが急に怪しくなり、ぽつりぽつりと雨が降り出した。慌てて橋を渡るが、意外と長さがあり、途中でかなり濡れてしまった。橋の袂に休憩用の茶店(食堂)があり、そこで飲み物を飲みながら止むのを待つ。雨に降られる木造の橋は絵になっていた。

 

雨が止んでから、別の道を歩いて帰る。サンクラブリーは本当に小さな街だと分かる。こういう場所では夕飯を食べ損ねる恐れがあるので、まだ明るかったが、市場の横の店に入る。ここではタイ語が使われているのか、ミャンマー語なのかもわからないが、いずれにしてもできないので、身振りで豚肉野菜炒めを注文する。これが意外や美味い。

 

部屋はきれいなのだが、ミャンマー式なのか、テーブルや椅子はなく、床に座ってPCを使う羽目になる。腰が痛くならないように注意が必要だった。バストイレは広いのだが、使い勝手は良くない。それでも熱いお湯が出るので良しとしよう。夜は本当に静かな街なので、ぐっすりと眠れてうれしい。

 

7月22日(月)
国境へ

今日は朝からミャンマー国境へ行くことにしていた。タクシーなどを使うとかなりの費用が掛かるらしく、宿の横のターミナルから出るソンテウで向かうことにした。これなら僅か30バーツで済む。ソンテウは40分に一本ぐらい出ているというから、それなりに往来はある。

 

乗客は見る感じ、ミャンマー人だな。満員のソンテウはすぐに出発し、20㎞ほどきれいな道を走っていく。特に山越えもなく、30分程度で終点まで来た。運転手は私の方を見て、スリーパゴダパスはあっちだ、と指さした。だが私以外の乗客で国境方面に向かう人はいなかった。皆この辺で働いているのだろう。

 

スリーパゴダパスとは、小さなパゴダが3つ並んでいる場所であり、そこが国境のイミグレになっていた。タイ側のイミグレで聞いてみたが『第3国人は通行できない』とあっさりと言われてしまう。以前はパスポートを預けて日帰りでミャンマーへ渡れたようだが、何か事件でもあっただろうか。周辺には国境を往来する人を当て込んだ、服や雑貨を売る店、そして食堂などがあったが、お客は全くいなかった。

 

帰りのソンテウまで時間を持て余していた。道路沿いを歩いていると屋台が見えた。麺を食べている人がいる。よく見るとそれはミャンマーの朝ごはん、モヒンガーだった。味もまあまあで懐かしい。1杯20バーツ。それを食べ終わると、先ほど乗客たちが歩いて行った方に行ってみる。そこは完全にミャンマーの街であり、懐かしい路地の風景だった。縫製工場などがあり、ミャンマー人が働いている。

 

女性がその先の小川をひょいと渡ったので私も後をついて行ったら、子供が何か言っていたが言葉が分からない。周囲の大人は特に何も言わず、制止もしなかったが、ただ何となく、『ここはミャンマーだよ』と言われているような気になり、引き返した。確かにそこにあった看板にはミャンマービールと書かれていた。この付近の人々は正式な国境を通過することなどなく、路地の道を渡っていることがよく分かった。陸路の国境とはそのようなものだろう。

 

帰りのソンテウは、乗客も少なく、あっという間に街に戻ってきた。疲れたので、部屋で休み、昼にはまた昨日の店で麺を食べて過ごした。既にこの街にいる理由は無くなっていたが、何となく涼しいし、人も少ないので気に入ってはいた。街から一歩出ると、そこにも寺があり、大きな涅槃像などが安置されている。それを眺めているとまた雨になり、部屋で休む。夕飯もまた同じところで食べて、すぐに寝入る。

タイ北部、中部を旅する2019(11)泰緬鉄道に乗る

列車が発車するとすぐに昨日の橋が見え、そこを渡った。車掌がやって来てチケットを確認すると、冷たいコーラと水、それにお菓子を置いて行った。後ろの車両を見るとそれなりに人が乗っているので、なぜここだけ人がいないのか不思議だった。また車掌がやって来て、乗車記念証を渡される。こういうのが欲しい人もいるのだろうか。

 

列車の窓に吹き込む風は気持ちがよい。だがなんといっても退屈ではある。2015年にSさんとNさんと行ったカンチャナブリを思い出していた。あの時はトンブリから出たが、工事中でカンチャナブリより前の駅で降ろされ、振替輸送されてしまったのだ。ただその駅に『泰緬鉄道の起点』という石碑があったことはよく覚えている。あの時から、いつかはここを訪れ、泰緬鉄道に乗ろうとは思っていた。例え既にミャンマーまで繋がっていなくても、また往時の線路がなかったとしても。

 

そんなことを考えていると、景色が時々変わっており、途中いくつかの撮影スポットはあった。それでも基本的にずっと田舎の田園風景が続いて行くだけだ。多くの乗客はトレッキングや宿泊の目的で乗っており、途中で降りていく者もいて、私のようなものは少ない。結局2時間ぐらい乗って終点に着いた。

 

だが特にやることもなく、次の列車までは3時間ぐらい間があったので、今来た列車に飛び乗って折り返し戻ることにした。急いでチケット売り場に並び、今度は100バーツを払った。特に席は変わらず、乗っている人も多くはないので、特別列車に乗る意味は全くなかったことになってしまった。そして何事もなかったように2時間かけて同じコースもただただ戻った。

 

 

カンチャナブリ駅に着くと、まずは腹が減ったので、その辺で炒飯を食べた。それからさっきの博物館へ行き、展示の続きを見た。そして無料のコーヒーを飲んで休む。窓から見ると共同墓地の横には中国人墓地もみえた。そこへ行ってみるとこちらは戦後に亡くなった人の墓が中心だった。それからまた歩き出す。

 

立派なお寺があったので入ろうとしたが、犬に吠えられてやめにした。タイの寺は犬が鬼門だ。本気で噛まれたら面倒だ。更に進んでいくと、古い町並みが出てきた。ここはなかなか風情があり、一部には表示もされていて、100年以上前のお金持ちの立派な家が並び、栄えた歴史などが垣間見えた。相当古い建物が残っており、華人が活躍した雰囲気もあった。その端にはお城のようなところが見える。

 

その先に、戦争博物館があった。日本人が資金を出して作ったという。川沿いに建てられていたが、見学している人はいなかった。恐らく戦争にかかわった人がある思いで作ったのだろうが、日本人は戦争の歴史を見ようとしない人が多いので、風化してしまうのではないかと危惧される。これはアジア各地で見られる光景だ。

 

相当消耗してしまったが、宿に戻る交通手段を見つけられなかった。夕方夜市の準備をしているところなどもあるが、まだ始まってもいない。何とか昨日到着したバスターミナルまで行き、またバイタクのお世話になって宿へ戻った。疲れ果ててしまい、何をする気力も起こらなかった。夜遅く、またあのレストランへ行き、今度はパスタを食べたが、味はイマイチだった。

 

7月21日(日)
サンクラブリーへ

ゆっくり起きて朝食を食べると、宿をチェックアウトした。結局眺めの良いプールに入ることもなかった。フロントでトゥクトゥクを呼んでもらい、またバスターミナルへ向かう。ロットゥに席があり、国境の街サンクラブリー行きに何とか乗れた。9時半に出て、比較的平坦な道を走る。

 

2時間ぐらい行ったところで、休憩が入る。ここで多くの人が降りていく。近くに宿泊施設でもあるのだろうか。ソンテウが迎えに来ている。我々はそこから山道を1時間ほど進んだ。そしてついにサンクラブリーに着いた。まずは腹ごしらえとばかりに、麺を食べたがうまかった。しかもそこの女性が流ちょうな英語を話したので驚いた。タイ人は基本的に英語を話さないが、やはりここは国境だからだろうか。

 

宿を決めるにあたり、ここでGoogle Mapを使ってみた。Agodaなどはここから1㎞以上離れた宿をいくつか紹介しているが、私はこの付近に泊まりたかった。ちょうどよい宿はないか。Googleで引っかかったその宿は300mほど歩いたバスターミナルの横にあった。とてもきれいで、1階がカフェで、2階の数部屋を貸していた。民宿というのだろうか。経営者の女性は英語を話したのでここに決めた。ただ部屋の掃除が終わっていなかったので、着替えだけをして、早々に外へ出た。