沼田茶旅2020(2)真田の城跡を歩く

3年ほど前私は雑誌の連載で『台湾紅茶』について書き、その中で新井さんも取り上げた。新井さんと一緒の働いたことがある台湾人にも会った。数年前は誰も新井さんのことを知らなかった。だがその後凍頂烏龍茶の里であり、最近は日月潭紅茶で有名な南投県が新井さんを介してここ沼田市と姉妹都市になったと聞いた時には正直驚いた。

そして南投県長以下の訪問団が沼田を訪れ、ここにもやってきたというが、その時団に加わっていた台湾人の一人は『周囲に全く茶畑はなかったので驚いた。新井さんは北大農学部卒でそのまま台湾に赴任しているが、群馬、北海道共に茶とは無縁の土地なのに、なぜ彼は台湾で茶の研究をしたのか』という疑問をぶつけてきた。

全くもっともな疑問であり、現在その辺の調査(北大と台湾の繋がりなど)を進めているが、発表できる日は来るだろうか。少なくとも本日ここにやって来て、新井少年が地元のために農業の近代化を志して北大に進んだのでは、と思ってしまったがどうだろうか。村でも、秀才を支援して帝大まで行かせたのかもしれない。

ここまで見てしまうと、もうこの地に特別な用事はない。沼田駅に向かうバスが30分後にあることを確認しており、少し雨模様にもなってきたので、足早に先ほどの道を戻る。だがあの坂を今度は上るのだから、容易なことではなかった。自動車道まで喘ぎ喘ぎ上ったが、相当な時間を要した。それから小走りでバス停に向かい、何とか間に合った。やはり山は怖い。足はつりそうだった。

因みにバス代は30分走って1000円かかる。乗っている人も3-4人だ。ローカルバスは本当に高いが致し方ない。既に一度通った道なので、今度はリラックスして乗る。よく見ると、幟がはためいているが、『真田』という文字が見えた。そうか、沼田は真田の城、沼田城があったところか。真田信繁の兄、信幸が城主で、関ケ原の合戦を経て、江戸時代初期まで生き永らえていた。

急に思い立って、バスを降りた。沼田城は既になく、公園になっているとのことだったが、折角ここまで来たのだから、ちょっと散歩してみようという気分になる。7-8分歩くと沼田公園に着く。真田の里、とも書かれている。これもやはり大河ドラマの影響だろうか。数年前、信州上田に行った時、市長が『真田幸村を大河ドラマにするようにNHKに陳情してきた』と話していたのを思い出す。そして僅か3年後には『真田丸』をテレビで見ることになったのだから、陳情も案外効果があるものだ。

公園内はかなり広いが、本丸跡や石垣が少し残っているだけで、城として見るべきところはほぼない。天狗の面が収められている社があったり、記念碑がいくつかあり、そしてなぜか真田信繁夫妻の像などがある。公園の端からは、眼下に街が一望できて眺めは良い。まあ市民の憩いの場、という雰囲気が漂っている。

それから坂を下り駅へ向かった。バスだとあっという間だが、歩いて行くと結構時間がかかる。しかも下に降りてから、道が曲がっており、まっすぐ駅に行けなかったので、予想外に慌てる。何とか高崎行の列車に間に合ったが、夕方のこの時間は、下校の高校生の大集団に巻き込まれて難儀する。やはり高校生は蜜であり、マスクの装着も甘い。若干恐怖を覚える。

高崎まで戻り、湘南新宿ラインに乗ったが、これは東京駅経由の列車で新宿には行かない。長く乗っていると疲れることもあり、赤羽駅で降りることにした。ちょうど腹も減ったので、駅近くの餃子の王将に行ってみた。餃子の王将、昔はよく行ったのだが、ここ10年以上行ったという記憶はない。

店内は意外と混んでいて驚いたが、コロナ対策しています、と言った感じで、プラスティックボードなどで席がかなり仕切られていた。私はカウンターの一番端に座ったが、店員を呼ぶボタンがそこにはなく、大声で呼ぶこともできず、隣へ割り込むことも憚られ、仕切られたことによる不便を感じた。

そして懐かしい回鍋肉定食を頼んでみたのだが、ボリュームがかなり減っていて残念(意図的に量を減らしているらしい)。更には定食に付いていたのがポテトサラダ、中華スープではなく玉子スープ、これは中華の定食なのかと訝ってしまった。ああ、私が知っている王将で健在だったのは餃子だけだったか。満足感はなかった。これはコロナの影響ではないのだろう。まあ、久しぶりに外食できただけもマシだろうか。

沼田茶旅2020(1)新井耕吉郎記念碑に詣でる

《沼田茶旅2020》  2020年6月29日

京都へ行ってみて、感染症対策をきちんと取れば、短期間の遠出は可能ではないかと考え始めた。寧ろ日々家の中に籠りきっている方がよほど体には悪いと思われたので、雨の日は家に居て、晴れた日には少し外へ出ることにした。晴耕雨読、ある意味で理想的な生活に入った。

そんな中、どうしても一度は行っておきたいが、なかなかその機会がない群馬県沼田市への旅を思いついた。私が台湾茶の歴史を学び始めるきっかけとなった男、新井耕吉郎氏の出身地であり、その記念碑が建っているとは聞いていたので、一体どんなところだろうか、と訪ねてみた。

沼田まで

朝9時半前に家を出て新宿まで行く。湘南新宿ラインという便利な電車に乗ると高崎まで乗り換えなくても良いのだが、待ち時間がかなりあったので、その前の電車で途中まで行き、乗り継いで高崎に向かう。天気は抜群によく、車両はそれほど混んでいないので、ゆっくり本を読んで過ごす。

大宮までは何度も来ているのだが、そこから先はある意味で未知の領域。上尾から始まり、猛暑地帯熊谷、ネギが有名な深谷などを通り過ぎていき、乗客はだんだんに減っていく。終点高崎に着くと、上越線までの乗り換え時間が30分あったので、駅そばを食べることにした。ここもかなりのコロナ対策がされており、お客もあまりいない。

上越線で沼田駅へ向かう。50分ほど揺られて到着する。この時間はさすがに乗客も少なかった。如何にもローカル線という感じだ。駅前はお店などもあまりなく思っていたより寂しい。バス停があり、目的地へ向かうには13時のバスに乗れば行けるようだが、念のため運転手に聞いてみると『そんなところへ何しに行くの?』と相当に不思議がられた。何故だろうか?一体どんなところへ行こうとしているのだろうか。

新井さん記念碑

バスは出発するとすぐに坂を上る。沼田は駅が下にあり、街は上にあったのだ。その街中を抜けていくと、郊外に出る。道路は広いし、しっかりしていて驚くことは何もない。30分ほど乗って、降りるバス停の前まで来たが、何とそこから長いトンネルの入り、抜けたところにバス停があった。店もほんの少しあるにはあったが、確かに観光客が寄るような場所ではない。山がよく見え、景色は抜群だったが、不安はぬぐいされない。

そこからグーグルマップで1.2㎞の地点に目的地が表示されている。雨も降っておらず、楽勝だと思われたが、徒歩で25分かかるとなっていた。何でそんなにかかるのだろうか。山の方へ向かって入っていった。上りでカーブしてはいるが自動車道で歩きやすい。勿論車は一台も通らない。

その先、完全な山道に入るよう、スマホが指示していた。こんな所を行くのだろうか。かなりの下りだ。途中果物畑が見えたので、人の気配は感じられたが、小川の脇の小道を下るのはやはり不安だ。木が生い茂って光を遮り、坂はどんどん急になっていく。汗をかき始めたころ、何とか下まで辿り着いた。

そこは開けており、住宅が何軒もあった。小山を一つ越えて来たのだ。古い家もあるが、比較的新しい家もある。ここが新井耕吉郎出生の地、利根町園原というところだった。まさに山間の小集落、新井はここでどんな少年時代を過ごしたのだろうか。家々を抜けていくとすぐに畑が広がっていた。周囲は山に囲まれている。

遂に新井の記念碑を見付けた。後ろからお婆さんが訝しそうに距離を置いて歩いてきたが、私がここで止まったので安心して畑の方に向かった。確かに私はどう考えても怪しいよそ者である。寧ろお婆さんに声を掛けるべきであったのかもしれないが、そういう雰囲気の距離ではなかった。

私はここに新井の墓もあると思っていたのだが、あったのは、娘さんの墓だった。確か新井の遺骨は彼女が半分持って引き揚げ船に乗ったが、そこで失われたと聞いている。もう半分は魚池試験場の茶畑に眠っている。説明の碑も建っており、娘婿が新井の功績などを調べて書き込んでいた。

そしてその脇には、あの許文龍作、新井の胸像が野ざらしで置かれていた。許文龍氏は台湾の大手企業奇美実業のオーナーであり、美術・音楽などを自ら行う芸術家としても知られている。私が一度だけ仕事で許氏に会った時、彼は『僕は漁民だよ』と言っていた。単なる釣り人でもないだろう。

この像は魚池試験場内にも安置されており、以前新井の子孫と共に見学している。後は台南の奇美博物館にもあるはずだが、それは見ていない。いずれにしても、20年前には全く知られることがなかった新井耕吉郎が『台湾紅茶の守護者』として登場したのは、間違いなくこの胸像とそれに付けられたストーリーであり、かつ新井の資料を保管していて、それを提供した竹下さんのお陰である。

京都ぶらり茶旅2020(5)歩き疲れて京都を去る

既にどれだけ歩いてきたのだろうか。更に金閣寺を目指して30分ほど歩いた。京都でも屈指の観光地であるこのお寺、他の場所よりは観光客がいたが、外国人の姿はここにもなかった。さすがに3日目となり疲れも出てきたので、今日の午後は金閣寺傍にある、お知り合いのISO茶房へ行き、ゆったりとした時間を過ごすことにした。

特に予定はなく、美味しいお茶を淹れて頂き、店主とダラダラと茶の話をする。残念ながらコロナの影響でお客はかなり減ってしまったらしい。今日は定休日なので、お客を気にする必要もなく、ゆっくりと話し、そしてお茶関連の本を見せてもらった。夕飯も近所のインド料理屋へ行き、バターチキンを食べた。京都へ来るとなぜかインド料理、という不思議な巡り合わせがよい。

夜、バスで宿へ向かった。いつもは渋滞がある時間だがスイスイ走り、立っている乗客もいないのが、今の京都である。京都駅の一つ前のバス停で降りてみたが、灯も薄暗く、何とも寂しい光景だった。まあ、人が多過ぎる京都よりは良いのかもしれないが、これからが大変だ。

6月25日(木)本願寺

今日は夕方の新幹線で東京へ帰ることにしていた。お天気は雨模様であり、部屋でゆっくりしてから荷物だけ預けてチェックアウトして、外へ出た。取り敢えず近所の本願寺へ向かった。西本願寺へ行くと、しっかり門が閉ざされていた。ここは横の門だったのだろうか。

フラフラしていると、由緒正しき建物が見えた。龍谷大学の建物らしい。それから東本願寺へ行く。ここは敷地が広い。本堂へ上がろうとすると、靴は自分で持っていくようになっていた。勿論消毒液も備えられていた。コロナ対策も万全なようで、こちらには地方から団体でお参りか研修に来ている人々がいた。

コロナのような状況下、本来宗教はどのように対応するものなのだろうか。人々の苦難、危機に対して、日本の仏教は何ができるのだろうか。東南アジアなどでは、このような状況が発生すれば、お寺が率先して困っている人々の救済に動くと思われるが、日本においては、お寺が何か行動しているとの報道を見かけることはあまりないように思う。我々もそれに期待することはなく、政府の支援にばかり目が行ってしまう。宗教に関心が薄い日本人、そして拝観料を取って寺を経営する仏教団体、これはどう考えればよいのだろうか。

更にずっと歩いていくと、豊国神社に出た。豊臣秀吉の像が飾られている。本来はここから方広寺へ出るはずだったが、なぜか反対を歩いてしまい、初日に行った三十三間堂の向かい、国立博物館に来てしまった。折角来たのだから見て行こうとすると、現在見られるのは庭だけらしい。京都の歴史を知りたいと思っていると、係員から『それならここではなく、京都文化博物館でしょう』と言われ、その行き方まで教えてくれた。

雨が降り出した。ちょうどバスが来たので急いで乗り込む。一昨日歩いた四条通で降りて、そこから北へ向かう。京都文化博物館はかなり重厚な建物だった。そこは別館で、旧日本銀行京都支店だったという。昔金勘定が行われていたであろう場所も今はだだっ広い空間となっている。

繋がっている本館まで行く。入場料を払う前に、名前や住所を書かされる。これもコロナ対策だ。東京の文字を見るとほんの一瞬、係員の目が動いたように思えた。2階、3階を見学したが、残念ながら茶の歴史に関する有益な情報は特になかった。京都では茶は日常なのだろうか。まあ歴史が多過ぎて、展示もできないのであろう。

もう京都に用はないように思われたので、駅前まで戻る。腹が減ったので、駅地下へ行ったが、あの洋食屋は昼過ぎでも満員で驚いた。仕方なく、京ラーメンを食べに入る。セットに衣笠丼というのがあり、珍しいので頼んでみた。油揚げと九条ネギを玉子で綴じている、大阪ではきつね丼というものなのだろうか。

ふと宿でもらった割引券を思い出す。展望台と大浴場の券だったが、展望台には興味がなく、汗をかいていたので、地下の大浴場に行ってみる。浴室には数人のお客がいたが、ゆっくり浸かっている人はいなかった。そうだ、ここでも感染リスクはあるので、不必要に来るべきではなかった思い、体をさっと洗って、すぐに上がってしまった。ゆっくり体を伸ばしてほぐす、という雰囲気はなく、むしろ体が緊張してしまった。

京都駅のバスターミナルは依然として人がいなかった。新幹線のチケットを買い、素早く京都を離れた。駅には『7月からレジ袋有料化』『新幹線の特大荷物事前予約サービス』などのポスターが虚しく貼られていた。乗客はやはり多くはなかった。途中名古屋駅のホームできしめんが食べたかったが、降りるのが面倒で、そのまま通過して、東京へ向かった。

京都ぶらり茶旅2020(4)遂に満福寺、そして鴨川を歩く

午後は暑い中、宇治から一駅電車に乗り、黄檗駅で降りる。今まで何度も通り過ぎてきたが、遂に満福寺を訪ねることになった。駅前にあると勘違いしていた満福寺まで歩いて5分ほどあった。誰もいない山門を潜ると池がある。反対側には木庵和尚ゆかりの場所もあった。

入り口で拝観料を払い、満福寺内のお茶関連の場所について尋ねてみたが、『基本的に何もない』と言われ驚いた。僅かに売茶翁の記念碑と堂があるだけで、あとは年に1度、煎茶道の大会が開催されるだけだという。確かに隠元禅師が日本の持ってきたのは茶だけではなく、生活にかかわる様々な物であったので、満福寺が殊更に茶だけを強調することはないように思う。

境内は非常に広く感じられ、木造の建物がいくつもあり、雰囲気は良い。随所に隠元や木庵直筆と言われる額などが掛かっている。黄檗宗といえば、あの木魚もちゃんとある。一通り歩いて回り、門の外へ出ると、そこには『駒蹄影園碑』があった。これは宇治に茶が植えられた頃、高山寺の明恵上人がその植え方を教えたとの故事に倣って建てられたらしい。明恵と茶に関する話はどの程度真実なのだろうか。周囲を見ると何軒か『普茶料理』という看板も出ており、黄檗宗を感じさせる。

暑いので、電車に逃げ込んだ。夕方は京都市内四条まで戻るので、京阪電車に乗ってみる。思っていたよりずっと近いのでビックリ。これは特急だからだろうか。四条にはアーケードがあるので歩くのは楽だ。今日は急遽福寿園に向かった。本を入手するため、お知り合いのIさんを訪ねた。

さすがにコロナ対策が徹底されており、お茶の試飲は出来ず、Iさんとの会話も2m以上離れて行われた。それでもお茶の話ができるのはやはり嬉しく、話が弾む。お客さんも常連さんが断続的にお茶を買いに来るが、長居する人はいない。福寿園の歴史も知りたいところだが、長居は無用。

疲れたので宿へ帰る。今日も湯が出ずに、さすがに部屋を変えてもらうことにした。日本の普通のホテルで湯が出ないとはびっくりだ。黙っていても客が来ることをいいことにメンテを怠り、コロナで休業期間に入ってしまい、問題が発生したのだろう。この機会にメンテを実施すべきと思うが、その費用が賄えるのか。今日も残念ながらほぼ泊り客に会わない。

夜は疲れたので、京都駅の地下で夕飯を済ませることにした。洋食が食べたかったので検索して店に向かったが、まさかの満員。駅は普段の半分以下しか人がいないのに、なぜここだけ満員なのか。仕方なく、カツカレーうどんを食べたが、わざわざカツをカレーうどんに入れる必然性はあるのだろうか。

6月24日(水)鴨川

一応京都市内を歩き、宇治にも行ったので、今回の旅の目的はほぼ果たしていた。因みに目的というのは、連載中の雑誌の原稿締め切りに合わせて、隠元と煎茶を追い求めることだった。今朝は今まできちんと訪ねたことがなかった京都御所に行ってみた。修学旅行でも行った記憶はない。

御所が今のように公園となり、解放されたのは明治に入ってからのようだ。それまでは公家屋敷などが立ち並んでいた。ちょっとミーハーだが、蛤御門を探した。幕末の歴史、面白い。御所内部の参観は制限されており、塀に沿って歩く。蛤御門のちょうど反対側に仙洞御所があった。後水尾上皇やその妻徳川和子ゆかりの御所であり、ここでは多くの茶会が開かれたという。参観するには事前申し込みが必要で中を見ることは叶わなかった。

その後旧九条邸のいい雰囲気の庭などをチラッと見た。明治になり、公家の多くも天皇と共に東京へ向かったのだろう。私も地下鉄に乗り、次の目的地、北大路橋に向かった。その東側に売茶翁顕彰碑が建てられていた。この碑は比較的最近建てられたものだが、売茶翁に繋がる場所はやはり鴨川かもしれない。

何となく鴨川沿いを歩きだす。コロナ下ではあるが、多くの年配者が歩き、また犬の散歩などが行われていた。記念碑もいくつも建っており、歴史的な場所だとの認識も出てくる。ちょうど空が曇り、眼前の山も少しかすんでみえる。川沿いのせいか、暑さが和らいでおり、とても歩きやすい。

川から離れ、かなり歩いていた。神光院という寺まで行く。この辺りは住宅街で、観光スポットは全くない。何故私がここに来たのか、自分でもよく分からない。金閣寺の方を目指すつもりが、少し道を間違えたのだろう。寺に入ると、実に静かで古めかしく、落ち着きがある。時代劇の撮影などにもよく使われた場所らしい。

この寺は幕末の歌人で陶芸家、知恩院ゆかりの大田垣蓮月が晩年を過ごしたという。境内には「蓮月尼旧栖之茶所」と刻まれた石碑、そして茶室(蓮月庵)が残されている。蓮月という人は才能があったようだが不幸で、何度も子供や旦那と死に分れており、出家後最後はこの地で亡くなった。蓮月が生活のために作った陶器は蓮月焼という名で残されている。

京都ぶらり茶旅2020(3)東福寺から宇治へ

さすがに長旅だったので、今日の散歩はここまでとして京都駅前に戻ることにした。近くの地下鉄駅まで歩いて行くと、ちょうど近所の高校から生徒が下校してきており、駅は混雑していた。まさに密な状態があちこちで見られたが、注意する者もない。マスクを外している者もおり、学校の感染予防、ちょっと心配になる。外出が久しぶりだったこともあり、かなりビックリした。ただ地下鉄自体はそれほど混んでおらず、何となく安心感が広がる。

駅前のホテルに戻り、預けた荷物を受け取ってチェックイン。部屋は普通で特段の良し悪しはない。ただすぐにシャワーを浴びたのだが、何と湯が出て来ない。歩き疲れてあまりに暑かったので、そのまま水シャワーで気持ち良く流した。そしてベッドに寝ころび、気だるい至極の時間を過ごす。

今晩は、ご連絡したMさんから先斗町に来るようにとのメッセージがあったので、また地下鉄で先ほどのルートを戻っていく。鴨川の橋を渡って左に折れると、よく京都撮影の刑事もので出てくる風景に出会う。そこをサクッと歩いていると、立派な建物の前に説明書きが見える。土佐藩低跡と書かれているが、建物の前には『角倉了以翁顕彰碑』という文字も見える。更には日本映画発祥の地、という説明もあり、何だか歴史が凝縮されているようで、妙にワクワクしてしまった。

先斗町の狭い路地、人影はまばらでコロナの影響は相当に出ているように思われた。店を閉めているところも多い。そんな中、6年前にも一度行った長竹さんに行く。既にMさんは何か食べながら、ご主人と話し込んでいた。このお店のカウンターに座ると、何となく不思議な安心感があるのはなぜだろうか。酒を飲まない私だが、お茶関係の本が沢山置かれているからだろうか。

Mさんと紅茶の歴史の話を始めるとご主人も加わり、更にはお客さんまでが関心をもってくれ、どんどん茶の歴史話が飛び火し、相当に話が弾んだ。そしてご主人から抹茶パフェの由来などを聞くと、やはり本を読むだけではだめで、実際に旅して分かることもある、と再認識する。そして何より、生の情報に触れることが楽しく、また疑問が湧き、更に調べを進めようという、いい循環が起こってくる。勿論食事も重要で、焼き魚、京野菜などを美味しく頂き、デザートのアイス、あんこ、そしてお茶と満足して、夜が暮れていった。こういう時間を大切にしたい。

6月23日(火)宇治へ

翌朝は天気が良かったので、暑くならないうちに宿を出て、先ずは京都駅前から30分ほど、東福寺まで歩いて行く。この付近、伏見街道沿いにもいくつか寺院があるようで、風情がが感じられる場所だ。東福寺は静岡茶の祖ともいわれる聖一国師が開祖のお寺で、それだけでもお茶関係と言えるが、境内でお茶に関するものを目にすることはほぼない。

ここに来た理由、それはここでも売茶翁が店を開いていたと言われているので、どんなところか、その通天橋と呼ばれる橋を見に来たのだ。入場料600円は少し高いなと思っていると、3月までは400円だったらしい。これもコロナ対策なのだろうか。客殿は改修中で、その費用の捻出だろうか。

中はきれいな小渓谷、そして橋があるが、橋の全貌を撮影できる場所がない。帰りに外を通ると、そこからは全貌が撮れたので、何となく損した気分になるが、まあほぼ人がいない、気持ちの良い庭を歩けることは貴重だろう。敷地は広いので、ゆっくり回っているとかなり時間がかかる。


JR東福寺駅まで行き、電車で宇治を目指す。宇治で降りると、辻利本店が見えたが、ここは昨日の祇園辻利とは同族だが別経営。京都に限らないが、老舗の経営は複雑で部外者にはよく分からない。取り敢えずフラフラと平等院まで歩いて行く。平等院には、宇治茶の碑と辻利の創業者、辻利右衛門の像があると聞いていたので、探しに行ったのだが、入り口の外側に二つともあったので、入らずに写真を撮り、目的を達した。宇治茶の碑は、明治の昔、この建立式典で小学生の三好徳三郎が学校総代で言葉を述べたと言われるものである。

後は宇治歴史資料館へ行って、資料を探そうと考えたのだ。グーグルマップで見ると近道ルートがちょっとした山越えで難儀する。正直かなり暑いし、坂もきつかった。須磨夫のマップには高低差や坂道のきつさは反映されないので、時々困ることになる。何とか資料館に辿り着き、お茶関連の資料をお願いすると、コロナ下にもかかわらず、快く探し出してくれたので、コピー取りに勤しむ。永谷宗円とはどんな人だったのか、宇治茶の歴史は、など、さすが宇治だけに様々な資料があり、色々と勉強になった。

京都ぶらり茶旅2020(2)徒歩で行く京都観光

最後にきつい階段を登りきると、清水寺に出た。ここに来たのは恐らく高校の修学旅行以来ではないか。ただ目的は寺の見学ではなかったのでスルーして、参道に出る。いつもであれば多くの店が観光客を呼び込んでいるはずだが、残念ながら今日は閉まっている店が多く、また歩いている人もまばらだ。学生服も全く見かけない。

三年坂を探す。ここも売茶翁が店を開いた場所と言われているので、一応チェックする。こういう機会でもなければ、わざわざ訪ねることはないだろう。または気が付かないうちにその坂を下りてしまうことはあっても、意識はしないだろう。この辺は如何にも京都に来た、という雰囲気のある場所だが、一方観光客向けになり過ぎてきているともいえる。三年坂とは別名、『産寧坂』(安産祈願)『再念坂』(清水参拝後ここでもう一度祈願)などと書かれているのが面白い。

高台寺に突き当たる。秀吉の正妻おね様のお寺というイメージがあり、お茶会なども開かれている寺だが、今は当然ながら休止中だった。庭が見事な場所だが、スルーして階段を下りていく。ここの階段の風情が好きだ。そして八坂神社までフラフラと歩いて行くのは悪くない。普通はここから賑やかな一帯を散策するのだが、今日はまっすぐ?建仁寺へ向かう。

5年ぶりの建仁寺で桑の碑を眺める。栄西の喫茶養生記、もう一度読んでみようか。この本は喫茶というより薬として効能が書かれているはずだ。その横には平成の茶苑と書かれ、茶樹が植えられている。その前には栄西禅師、茶碑が建立されている。後ろを見ると建立者は祇園辻利の三好さんになっている。台湾から引き揚げた後、作られた祇園辻利の歴史にも興味が沸く。

境内を歩いていると、曹洞宗の開祖、道元禅師がここで修行したとの看板も見える。この当時の宗教については、よく知らないので、各宗派の繋がりなどを含めて改めて勉強する必要性を感じる。お茶の観点だけから栄西を、そして禅宗を見ていても、何も分からないかもしれない。

そのまま四条通へ出た。先ほどの祇園辻利が気に掛かり、その本店を訪ねてみた。店員さんに店の歴史を訪ねてみたが、ほぼ何も知らないようだった。『先代が昨年亡くなりまして、歴史を知る人もいなくなりました』という言葉が、まさに歴史を感じる。戦後の混乱期、着の身着のまま台湾から引き揚げてきた人々の苦労は既に忘れ去られようとしている。

急に腹が減る。元々ランチを探すはずがいつの間にかこんな所まで歩いてきてしまっている。目についた焼肉屋に飛び込み、焼肉定食を食べる。腹が減っており何ともうまいのだが、なぜ京都まで来て、焼肉を食べているのか、自分でも分からない。ランチ1080円と書かれていたので、てっきり税込みだと思っていたら、税別だった。こんなことが新鮮に感じられる。

特に雨も降って来ない。ホテルに帰っても仕方がないので、更に歩きだす。正直これだけ長い距離を歩いたのは数か月ぶりで、足がパンパンに張り、嬉しさにあふれている。やはり旅をしないといられない体になっているのだ。目指すは知恩院。恐らくここも高校の修学旅行以来ではないだろうか。40年前のその時、静かでよい印象を持ったお寺だった。

かなり厳しい階段を上ると、やはり静けさがあった。自分がここへ来た理由など、完全に忘れて、ただボーっとしていた。いつもなら修学旅行生などで賑わっているのかもしれないが、これが私の知恩院だと思う。門を出てフラフラ歩き出す。すると寺の外壁の植え込みがなぜか目に入る。

そこには何かの碑が建っていたが、よく読めないので、植え込みの中へ入りこんだ。そして驚いた。『前田正名君』という文字が見えたのだ。私が知恩院に来た理由は、この前田正名の碑を探すことだったのだ。しかもまさか境内ではなく、こんなひっそりした場所にあるなど思いもよらない。前田正名は明治期の偉人の一人だと思っているが、今や完全に忘れ去られた人物だ。この碑が現在の彼の評価を物語っていた。

更に行くと『大谷本願寺故地』や『蓮如上人御誕生の地』などという碑が見えてくる。花園天皇陵もあり、『ここはお国の何百里』などという軍歌の碑まで現れる。何とも不思議な道を歩き終えると、そこには平安神宮の赤くて大きな鳥居があった。何だか旅が終わった気分になるも、今日最後の目的地へ向かう。

西福寺、そこは南禅寺の参道をちょっと脇に入った、とても小さな寺だった。なぜそこへ行ったのかと言えば、そこに雨月物語で知られる作家、上田秋成の墓があると聞いていたからだ。上田秋成は江戸時代、数寄者として名があり、煎茶にもかなりのめり込んだという。ちょっと意外な人物が煎茶と関連していたので検索してみると、墓は大阪ではなく京都にあると分かった訳だ。ただこのお寺、門のところに説明書きはあるものの、中に入ることは叶わず、墓に参ることは出来なかった。

京都ぶらり茶旅2020(1)ステイハウスからの脱却

《京都ぶらり茶旅2020》  2020年6月22日-25日

バンコックから戻った3月23日以降、私は自主的に14日間、外に出ず自宅で過ごした。その間に東京五輪は1年延期となり、緊急事態宣言が出て、週に1度、1時間以内の買い物以外、外へ出ることもなく5月まで過ごした。6月に入ってもコロナは収まったのか、事態はどう推移しているのか、はっきりしない状況が続いていたが、ベトナムやタイなどでは感染者がほぼいなくなり、次のステップに進むような動きとなっていた。

そんな中、2か月以上体を動かさずにいたところ、体調不調に陥り、やはり散歩ぐらいはしなければと、徒歩訓練と称して近所を歩き始めた。東京アラートなる奇怪な警報も出されていたが、いつの間にか解除されていた。そしていよいよ連載している原稿の都合上、京都だけはどうしても行かなければならない事態となり、県跨ぎ自粛の解除(6月19日)とともに、意を決して新幹線に乗って徒歩訓練遠出に出発することとなった。

6月22日(月)京都まで

京都まで行くには、昔は安い夜行バスなどに乗ったものだが、今回はとにかく蜜を避けるために、一番早い新幹線を利用することにした。新宿あたりで見てみると、いつもは安いチケットを売る販売店で、なぜか『自由席券は売切れ』と書かれているのが目を惹いた。そろそろ出張者などが動き出す頃だが、皆どの程度混んでいるのか分からないため、指定席ではなく、席を自由に選択できる自由席に乗ろうとしたのではないだろうか。

実際品川から新幹線に乗ってみると、指定席でも3席の真ん中はさすがに空いていたが、それなりに乗客はいた。自由席もやはりそれなりに混んでいる。午前10時前の新幹線、いつもなら乗っているはずの観光客の姿がほぼ見られない。勿論外国人は皆無だった。スーツ姿の男性が殆どで、乗りたくないのに無理して乗っているといった感じか。

いつもなら昼時には駅弁を買って食べるのだが、マスクを外すべきかどうかも分からず、食べるのも憚られた。周囲でも誰も食べている人はいない。マスク率は100%で、寝ているか、スマホやPCをいじっており、声も全く聞こえてこない。静まり返った車内が、コロナを感じさせた。

京都駅で降りると、まず目を惹いたのは観光客の少なさ。駅前のバスターミナルには、いつも長い列が出来ていたはずだが、今は殆ど人がない。バスも乗っているのは地元の人なのか、その数も極めて少ない。予約した駅前のホテルでも、お客はあまり見かけなかった。いつもならその便利さから予約が取りにくい宿のはずだが、何とも寂しい。そしてその料金も通常の半額程度ではないだろうか。貧乏旅行の私としては有難いが、如何に異常事態であるかを示していた。この宿の営業は6月1日より恐る恐る再開した、ということで、アクリル板が目新しい。

三十三間堂から清水寺を回り

取り敢えず荷物を預けて外へ出た。このビルの1階には、辻利が入っており、喫茶スペースも設けられていたが、ソーシャルディスタンスで座席が減らされており、お客は一人もいなかった。雨が降りそうだったが、腹も減ったので、フラフラ歩いてみる。以前泊ったことがあるゲストハウスも閉まっており、外国人バックパッカーで賑わっていた宿も廃業したのかもしれない。

鴨川を越えていくと、蓮華王院が見えてきた。三十三間堂とも呼ばれており、宮本武蔵を思い出す。チケット売り場にも人影はなく、前を通り過ぎた。煎茶道の祖とも呼ばれる売茶翁はここに店を出して茶を売ったというが、どうなのだろうか。勿論その痕跡はない。向かいには国立博物館もあったが、月曜日は休館日で入れなかった。

暫く長距離を歩いていなかったこともあり、何となくそのまま歩きたい気分となる。曇りで暑さも厳しくないのでちょうどよい。北の方角に歩いて行くと、大谷本廟に出た。徳川幕府により改葬された親鸞聖人の廟堂だった。ちょっと気になってお参りしてみたが、人影はなく、厳粛な感じであった。

その先を清水寺へ向かうのに、近道として坂を上った。かなりきつい坂だったが、両脇は墓で、ちょっと面白い。『肉弾三勇士の墓』など、日清日露から太平洋戦争まで、戦死した人々の墓が目立っている。『陸軍伍長』など肩書が書かれているものも多く、中には亡くなった場所や経緯が彫り込まれているものもある。確かに無念の戦死を遂げた親族を弔うために、このような方法になったのだろう。高台から街がよく見えた。

ある日のバンコック日記2020(24)緊張状態で帰国したが

花屋が並ぶ一角、よくよく見てみると、その合間に茶を売る店が2軒は見つかった。王陽春という店などは、あの安渓華僑誌にも名前が記されているので、ある意味では大発見だった。パイナップルの商標が何ともかわいらしい。店員はタイ人(いやカンボジア人?)だったが、奥から華人女性が出てきてくれた。店や一族の詳しい歴史は母親に聞いてほしいと言われたが、生憎今日は不在だった。

彼女とは華語で話せたので、後日再訪すると伝えたが、何とこれが今回最後の茶旅となり、コロナ避難となってしまった。このお店の歴史、非常に興味深いのに、何とも残念だが、既に外出制限がかかりそうで、無理して訪ねる訳にも行かなかった。とにかくバンコックにもまだまだ隠れた茶荘があり、その歴史に踏み込む余地はある、ということだろう。

それからMRTに乗って、ファランポーンまで行き、ランチを探す。汁なしワンタンメンがうまいと評判の店に入ったが、いつも満員の店内がガラガラ。すでに外国人観光客の姿は激減しており、チャイナタウンもひっそりとしていた。この麺、美味いが量が少ない。次回は大盛りやら、汁麺やらを食べてみたいと思うのだが、それが叶うのはいつのことやら。

3月22日(日)帰国

帰国の便が決まり、急に慌ただしくなってきた。2か月半も同じところにいると、なんだかんだで物も溜まり、捨てるか持って帰るかの決断を迫られてしまう。今回は予想外の成果もあり、資料や本なども多く持ち帰ることとなる。この宿には1か月分の家賃を納付済みだったが、最後は半月で出るになってしまった。もったいないとは思うが、まさに自己都合、文句は言えないし、宿の方も収入減で困っているはずだから、ある種の支援と考える。

そんな中で、借りていた本を発見し、前日急遽返しに行ったりもした。バスでアソークへ出たが、人が本当に歩いていなかった。週末だが閉まっている店も増えてきている。いよいよバンコックのロックダウンの噂も本格化し、不要不急の外出はしなくなっているようだった。

私は2日分の食料を買い込み、部屋で食事をしていたのだが、買い置いたサンドイッチかおにぎりが悪くなっていたようで、急に腹痛を起こしたのにはかなり焦ってしまった。何しろ発熱は致命的、飛行機にも乗れなければ、この宿にいることもできなくなるのだから、絶対に避けなければならない。

幸い熱は出なかったのでホッとしながら相撲を見ていた。白鵬が勝ってしまい、つまらない幕引きであった。こんな時期でも日本のニュースではまだ『東京五輪』が開催できるかのような論調が流れており、狂っているとしか思えない。世界のアスリートが東京に集まるわけがないだろう。プロ野球もJリーグも開催延期となっているにもかかわらず、オリンピックは開催するというのだから、恐ろしい国だと言わざるを得ない。

フライトは今日の深夜発なので、時間はたっぷりあったし、ホテルで1泊しているわけではないので、チェックアウトは午後9時にしてもらった。空港まで行くタクシーがあるのか心配したが、すぐにやってきた。運転手は厳重にマスクしており、我々より彼らの方がよほど高いリスクの中で仕事をしていると感じられた。

空港に入っても(入り口で体温チェック)人影はまばらだった。ヨーロッパ線のどこかの航空会社のカウンターの前にだけ、白人の団体がいたが、その他は基本的に人が少なく、蜜の状態はなかった。出国手続きもいつものような混雑はなく、スムーズ過ぎる。免税店には少しだけ人がいた。私と同じように帰国する人々が最後に土産を買っている。

時間が余ったので、ラウンジを使おうと思ったが、多くのラウンジは閉鎖されていた。タイ航空のラウンジも一番端の一か所に絞られており、そこに入るとかなりの人がいたので、緊張してしまった。体調もそれほど良くはないので、何も食べずに紅茶だけを飲んでいたが、居心地も悪く、すぐに出てしまった。空港内のベンチの方が人はいなくてよい。

フライトは定刻に出発。乗客は半分ぐらいだろうか。白人が意外と多いのは、バンコックのロックダウンに備えて東京へ移動するのか、いや東京経由で帰国するのか。深夜なので機内ではお茶が一杯出ただけですぐに暗くなる。そして朝日が射しこんで起き上がると到着だった。思いの外眠れたのは良かった。

羽田空港もさぞや緊張しているだろうと思っていたが、何と飛行機を降りても、検疫所カウンターもノーチェック。入国審査も自動で、どこから帰国したのかも尋ねたれることはなかった。どうやら特定国から来た乗客だけ別扱いにしていたようだが、あまりにあっけなく、驚いてしまい、そしてバンコック入国とのあまりの違いに、怖いと感じてしまう。

朝早いこともあるが、新宿行きリムジンバスの乗客は4人でホッとする。新宿からも普通に電車に乗って帰った。こんなことで良いのだろうかと思ったが、翌日帰国した人への対応はかなり厳しかったという。バンコックは翌日ロックダウンとなり、空港便の減便も続いていった。私の帰国は全てがギリギリだったのかもしれない。ここから約2か月半、週に一度1時間以内の買い物以外全く外へ出ない完全籠城生活が始まった。

ある日のバンコック日記2020(23)まだあった老舗茶荘

3月19日(木)再会

状況はどんどん厳しくなり、遂にバンコックもロックダウンに入ることとなった。私はあまり難しいことを考えずに、日本に帰る道を選択し、航空券の手配を行った。既にLCCなどの運休が発表され、1週間先の東京行は料金が跳ね上がっていたが、その前であれば、片道4万円ぐらいでタイ航空に乗れるので、それを選んだ。エアチャイナから片道の返金があれば、ある程度カバーできると諦めた訳だ。

事態はそれほどに切迫している。知り合いのMさんは、逆にバンコック籠城を決めたという。彼は住むところもあるし、仕事にも支障がないので、一つの選択だなと思う。確かにこんな稀有な光景を見られることはないだろう。寧ろいまだにオリンピックを開催すると言っている東京の方がどれだけ危険なことか。それでも家族がいるから私の場合は帰るのが原則だろう。

そんな中、2月初めにチェンマイで再会したOさんが、その後チェンマイを離れ、放浪していることが分かった。彼も沖縄へ向かおうとしたが、既に直行便は閉ざされていた。ちょうどバンコックに来たというので、会いに行ってみる。

場所はプロンポーンの蕎麦屋。こんな時期に開いているのかと思ったが、席の間隔が開けられた店に、お客はそれなりに居た。この蕎麦屋の特徴は、1玉でも3玉でも料金が同じということらしい。折角なので、3玉頼んでしまった。更にはかつ丼をセットにするのだから、胃袋もたまらない。バンコックの和食の競争激化は相当なものだ。

お茶会のMさんも加わって、発酵談議に花が咲く。私はお茶の発酵のみに関係があるのだが、お二人は味噌など発酵食品を作っている。東京に戻ったら、改めて小泉武夫の『発酵』という本を読み返したいと思った。タイのミエンももう一度見たいがいつになることやら。

Mさんはご主人が日本へ行っており、既にPCR検査の陰性証明が得られなければ、バンコックに戻れない状況だという。これからは往来が難しくなり、当分の間、全てがストップする。だが日本では、全てを止めずに解決を図ろうとしていた。普通に考えれば無理な話だが、日本を信じて帰るしかない。

夕方先ほどOさんに教えてもらったデリバリーアプリをインストールして、注文する実験をした。タイ語中心のアプリは無理なので、英語アプリを入れ、馴染みのマクドナルド商品を選んでみた。ビックリしたのは、店舗に行くよりかなり安く、しかもデリバリー料金も安い。これは日本ではとてもできないサービスだ。

ところが注文しても、商品が運ばれてこない。スマホで位置関係を確認するとすぐ近くまで来ており、電話が掛かってきたが、当然タイ語なので応対が出来ずにお互い困ってしまった。仕方なくフロントに頼んで連絡してもらい。何とか受け取ることができた。アプリ上の住所が間違っていたらしいが、そこはタイ語だったので私には確認ができなかったわけだ。まあ、このサービスが使えるのであれば、多少の籠城戦は戦えるでは、と思った。

3月20日(金)老舗訪問

実は2週間ほど前に、フラフラと王宮近くを歩いていると、以前も訪ねた例の王有記茶荘の北側に、もう一つ老舗茶荘があることに気が付いた。そこは店の前にドリンクスタンドがあり、暑かったので冷たい飲み物を頼んで、店内で飲んでいた。よく見るとこの店の名が王瑞珍であったので、思わず反応してしまった。というのは、台北とマレーシアのイポーでこの名前の茶荘を見たことがあり、恐らくは親戚であろうと考えられた。そうであれば、ちょっと面白い。

だが店を預かる女性は華人の顔はしているが、華語は全く分からないと頭を振り、通訳してもらっても自らの茶荘の歴史は分からないという。ただ王姓であるから福建の安渓出身であることは分かった。彼女の父親は健在だというので、後日改めてということで、今日の日を迎えた。

日程のアレンジ及び通訳はHさんにお願いして出掛けた。お店に着くと、80歳を越えた王天慶さんご夫妻が迎えてくれた。やはり王さんの祖父は福建安渓西坪堯陽の出身で、タイに渡ってきた人物。台北の王瑞珍も親族が経営していることが分かった。ただマレーシアの店については、親戚はいると思うが、茶荘をやっているとは聞いていないとのこと。

この店は娘さんに任せて、王さんは普段、息子とともに川向うのクディチンに住んでおり、茶工場もそこにあるという。中国やタイ北部から茶葉を持ってきて、この工場で加工して売っているようだ。クディチンと言えば、アユタヤから移住した福建人が多く住んだ場所。何となくこれまでのバンコック歴史散歩が鮮やかになっていく印象がある。今度機会があれば、茶工場にもお邪魔しよう。

王さんの話の中で興味深かったのが、この近くにまだ数軒、老舗茶荘が残っているはずだという証言。言われたとおり歩いて行くと、かなり遠かったが、MRTサナムチャイ駅近くの花市場付近に辿り着く。この辺りは先日も散歩した場所だが、茶荘があったという記憶は全くない。

ある日のバンコック日記2020(22)バンコックに戻る

3月14日(土)空港で

ビエンチャンからのフライトはいつものように呆気なく着陸した。そして前回同様、タラップを降り、バスに乗り込む。1台に全員を詰め込むので、かなりの密度になっている。走り出すと隣の若い女性、突然気分が悪くなり、座り込む。過呼吸ではないだろうか。友達が世話していたので、周囲は心配しながら見守り、降りる時は若者が手を貸していた。

今回も先月同様、空港内には殆ど人がいなかった。ただ入国審査のところには、意外と人がいたのでその後ろに並んだ。前の方の白人たちを見ると、皆係員に何か聞いており、戸惑っている。中にはアルゼンチンから来たといっただけで、空港内の保健室に案内されている人もいた。一体何が起きているのか、全く分からない混沌とした状況が出現し、にわかに不安になる。

ただよく見てみると、列の横にQRコードが見え、何か説明書きがある。どうやらこれをスキャンして、情報を打ち込む必要があると分かり、トライしてみると、空港アプリが出てきた。名前や搭乗便など入れていく。最後にパスポートを写メしてアップロードすると、OKがでたので、係員にそれを告げると、好きなところへ並べという。

ようは皆入力に慣れていないことから進まないだけで、審査ブースは暇にしているのだった。ここでも何か聞かれるかと身構えたが、スマホを見せると、帰国チケットや保険の提示も求められず、すぐに入国スタンプが押され、全くの拍子抜けだった。やはりラオスからの入国にはこの時点では、何の制限もなかったのだ。ただ入国者の追跡のためにスマホ入力を求められたまでだ。これで私も監視対象だ。

ターンテーブルにも、出口を出ても、相変わらず殆ど人はおらず、思っていたほどの緊張感はなかった。取り敢えずバンコックに戻れたので、ホッとしてゆっくり歩く。ただこのままでは終わりそうもない。これから何かが始まるので、それに備えなければいけない。そんなことを考えながら、エアポートリンクに乗り込む。さすがに皆マスクをつけている。乗客は先月より少ない。MRTも同様だ。白人は母国では基本的にマスクをしないと聞いていたが、さすがにこの事態では対応せざるを得ない。

部屋に戻ると、また相撲を見て過ごす。既に多くのスポーツが中止となる中、相撲が見られるのは本当にありがたいことだ。しかも昨日はビエンチャン、今日はバンコックで見られるのだから、嬉しい限りだ。ただ白鵬が強すぎるのはどうだろうか。先場所のように両横綱不在の方が面白い相撲が多いように思う。

そのままボーっとテレビを見ていると、ブラタモリが始まる。今度は長崎が舞台で、行ってみたい場所が次々紹介される。林田アナがまたピアノ?を弾いている。見終わると、パンを買いに外へ出る。これからは食料の備蓄も必要になってくるだろう。いつも行くパン屋だが、時間が遅いせいか、普段必ず買うぶどうが一杯入ったブドウパンはなかった。ただ念のため聞いてみると、ちょうど奥で作っており、作り立てのパンを買うことができた。今はこういう小さな幸せを積み上げるしかない。

3月16日(月)ご紹介で

既に2か月以上泊っている定宿だが、ついにロビー入り口で検温が始まった。もし体温が37.5度以上であれば、中に入ることはできず、そのまま病院送りとなるらしい。迂闊に発熱は出来ず、外出にも注意を払う必要がある。毎日緊張状態が続くことになる。予定されていたバンコックでのコラボイベントもすでに中止となっており、ここに留まる理由は正直無くなっていた。

更には『バンコックロックダウン』という言葉が聞かれ始め、もしそうなれば買い物などにも不便をきたすことになり、さすがにここにいる理由は完全に無くなる。折角ラオスでビザを更新したのだが、帰国の決断が迫られてきた。宿のオーナー夫人は特製の洗えるマスクを発注しており、私も家族分譲ってもらって、東京へ3つ郵送した。いよいよ臨戦態勢に入ってきた。

そんな中、先日偶然にも再会したシアヌークビルのSさんから、Iさんをご紹介頂いた。タイ北部などで少数民族の茶業支援をしており、ちょうど先月訪ねたパクセーでも行っているということなので、このような時期ではあるが、会えるときに会いましょう、ということで、早々面会する。

アソークのホテルで待ち合わせたが、繁華街は火が消えたようになっており、店もかなりが閉まっていた。ホテルでもマスク、消毒が徹底されており、人と人との距離にも注意が払われ、かなりの緊張感があった。そこでIさんから話を聞く。今日からチェンマイに行くとのことで、タイ北部のミエン造りを見てみたいという。Iさんはタイに20年以上おられ、共通の知人も多くいる。ホテルのビュッフェでランチを食べたが、さすがに客は少なかった。