「マレーシア」カテゴリーアーカイブ

《奇想天外マレーシアの旅》(4)マラッカ 奇跡のホテルを再訪

奇跡のエクアトリアルを再訪

先ずはホテルを出て、観光街を歩き始める。宿のオーナーから『昼飯は海南チキンボールを食え』と言われていたので、探そうとしたが、探すまでもなく、大行列が出来ていた。オーナーも2軒だけが美味しい、と言っていたが、完全にその2軒に客が集中している。

 

私はそこまで食にこだわる方ではなく、むしろ面倒は嫌いなので並んで食べることはしないのだが、なぜか和記という1軒で客が途切れたようで、スッと入ることが出来た。注文は勿論中国語、基本は海南チキンで、ご飯が丸くなっているだけ。日本人観光客も大勢来ており、驚く。お茶などは出ない。

DSCN6873m

 

それからマラッカの観光地をどんどん歩く。ポルトガル時代の遺構もあり、なかなか楽しい。私が前回ここへ来たのは確か2002年の暮れ。沢木耕太郎の深夜特急に触発され、『マラッカで夕陽を見る』ためだけに何と3泊もした。そう思い出すと、あの1泊目の奇跡のホテルが気になる。12年前のその日はこの州のお祭りで全くホテルが取れず、途方に暮れていたところ、偶然にホテルが見え、中に入ると、何とフロントスタッフが日本人女性で、部屋も奇跡的に1つ空いていた、というもの。マラッカで日本人在住者に会うことも稀なのに、不思議なことがあるものだ。

DSCN6898m

 

そのエクアトリアルホテルは健在だった。勿論きれいになっており、現在の私の旅では高くて泊まれない。と言っても聞いてみると12年前と料金はほぼ同じ。時が止まったような気分になる。

 

そういえば3泊目はババハウスだったような。ここマラッカには移民してきた中国系男性とマレー系女性から生まれた混血が多数存在しており、ババニョニャと呼ばれる。オランダ時代に、奥の深い家、京都の街やのような建物、ババニョニャハウスが作られた。ここに泊まってみるのも一興だ。この付近は歴史保存地区だろうか。建物はきれいになっているが、元は相当に古い。いい感じだ。

DSCN6911m

DSCN6915m

 

フランシスコザビエル教会にも立ち寄る。ここマラッカもイエズス会の拠点の一つ。ザビエルはここでどんな活動をしたのだろうか。1545年にここで布教活動をしたとあるが、当時はどんな場所だったのか。そして上川島での死、そして遺骸がマラッカにも運ばれたとある。現在の教会はとても荘厳な感じで、素晴らしい。

DSCN6902m

 

あまりに暑いのでホテル近くのお茶屋で休む。アイスミルクティが美味い。気候によっては冷たいもの、甘いものが欲しくなる。一概に甘いのはダメ、などと言っていても仕方がない。それより、焼いている焼き鳥が食べたかったが、1本では焼いてくれない。ちょうど他のお客が注文したのでそれのおこぼれにあずかる。これもまた楽しい。

DSCN6926m

DSCN6931m

《奇想天外マレーシアの旅》(3)KL マラッカ行のバスがない

10月4日(金)

2. マラッカ

バスターミナルへ辿り着けない

翌朝はホテルの近くにある茶室へ行き、朝のお茶を飲む。古い作りの細長い店舗、感じが出ている。中華系ばかりでなく、インド系、マレー系も来ており、朝からにぎわっている。このようなところが少ないからだろうか。トーストを食べている人もいるし、ご飯を食べている人もいる。この雑多な状態はよい。私はミルクティーを頼んでゆっくり1杯飲む。それからホテルに戻り朝食をとった。

DSCN6847m

DSCN6843m

 

チェックアウトし、バスターミナルまで歩いて行く。ターミナルはチャイナタウンの外れにあり、荷物をひいて進む。結構疲れる。ようやく到着して、チケット売り場へ行くと、ブースの前で売り子のおじさん、おばさんが声を掛けて来る。ところが・・。マラッカ行は見当たらない。中国語で聞いてみると『マラッカは別のターミナル』とそっけなく言われ、お客にならない人間を相手にしない。途方に暮れる。

 

ようやく聞き出したことには、マラッカ行のバスはここから電車で30分も離れた新しいターミナルから出るという。仕方なく、駅へ行くとバスチケット売り場があり、そこの人が地図をくれて、何とか行くことが出来た。1回乗り換え、随分と南へ来たような気がする。全く事前調査しない旅は時々このようなことが起こる。

DSCN6855m

 

新しいターミナルは駅に直結しており、空港行きの電車ともリンクしている。初めから分かっていれば結構便利だ。勿論きれいでバスも頻繁に出ている。僅か10rでマラッカへ行ける。所要時間2時間。スイスイと進んだ。

DSCN6860m

 

南国の日差しが強く感じられるマラッカに到着した。市内へはどのように行くのだろうか。キョロキョロしているとバスがあるが、長蛇の列で乗れない。結局タクシー以外の人は皆これに乗るらしい。次のバスも満員では発車した。観光客が多い。

DSCN6867m

 

市内までは30分ぐらい。宿を決めていない私は適当なところで降りて歩き始めた。河沿いに雰囲気の良い場所があり、その辺にゲストハウスがあったので、入ってみる。広東系のオーナーと中国語で会話し、100rで宿泊を決める。順調な滑り出しだ。

DSCN6870m

DSCN6872m

 

《奇想天外マレーシアの旅》(2)KL チャイナタウン周辺を歩く

10月3日(木)

チャイナタウン周辺を歩く

翌朝は頭がボーっとしていた。昨晩の凍えるような体験がこびりついていた。早く外に出よう。外は既に暖かかった。KLのチャイナタウンは実はセントラル駅から電車でわかず1駅、本当に中心にあるのだが、近年の発展で、駅前は再開発されていた。

DSCN6766m

 

朝からお茶を飲む茶室も多くが無くなっており、残念だ。僅かに残っているところは朝から繁盛しており、席がなかった。仕方なくホテルの朝食を食べる。ビュッフェの普通の食事だが、なぜかマネージャーのおじさんが色々と世話を焼いてくれるのが面白い。このホテルで初めてサービスというものを見た。

DSCN6774m

 

セントラルマーケット付近はきれいなアーケードになっており、観光客向け。いや、このチャイナタウン自体がある意味で観光地になっており、華人が住む場所ではなくなっているということ。

 

85年の歴史を誇る老舗のお茶屋さんに入ると、店員のおばさんが親切に色々と教えてくれた。最近は華人ばかりでなく、マレー人もお茶を飲むようになったとか。主に緑茶らしい。華人はプーアール茶や広西壮族自治区で作られる六堡茶が好まれる。これも黒茶だが、中国本土では殆ど飲まれていない。

DSCN6793m

 

そして南香という海南チキンライスの有名店に入る。朝も来てみたのだがまだ開店していなかった。夜もやっていない。朝10時、いましかない。店は既に大繁盛で、席がない。観光客もいるが地元の人が多い。最近よくあるセットではなく、チキンとご飯、そしてスープを別々に頼む。このチキンはいい味がした。好物にようやくありつけた。

DSCN6800m

 

そしてまたお茶屋に入る。ここは福建省から来たオーナーが最近開いたらしい。お姐さんが『お茶飲んでく?』と大陸的な声掛けをしたので、入って飲む。ちょっと珍しい種類の烏龍茶があったので試飲したが、価格が高すぎる。買わないで帰ろうとすると『試飲したのに買わないのか』と怒られる。買う約束もしていのに、なんだ?最近お茶の売れ行きが悪いらしい。

 

何となく気分を変えたくて、雨にも関わらず、植民地時代の建物が並ぶエリアへ。KLにもこんなにあるのかと思うほど、19世紀スタイルの建物が残り、いまだに使用されている。勿論外壁などはきれいにされており、これも一つの観光スポットになっている。

DSCN6814m

 

ホテルに戻る前にチャイナタウンで両替。KLで色々とみていると、両替レートは場所によってかなり違っている。歩いているとやけに人が多い場所があり、入ってみるとやはりレートが良い。何故こうなのか?スタッフも愛想がよい。

DSCN6820m

 

夜は紹介された日本人商社マンFさんと肉骨茶を食べる。以前は美味しいと思わなかったが、これも変化があり、非常に美味で驚く。帰りはモノレールがなぜか止まっており?4駅程を歩いて行く。暗い中道に迷い、ちょっと慌てるが、何とか戻る。

DSCN6837m

《奇想天外マレーシアの旅》(1)KL 何とも無愛想なホテルで凍える

《奇想天外マレーシアの旅》  2013年10月2日-10日

 

マレーシアの茶畑と言えば、キャメロンハイランド。10年以上前に一度訪れていたが、バンコックから近いこともあり、もう一度行ってみる気になる。しかも今回は別のご縁も出来ており、新たなマレーシアの旅になる予感があった。

 

ビエンチャンからバンコックに戻って2日後。また空港へ行き、エジプト航空を待つ。エジプト航空でバンコック‐KL。面白いのと安いので乗り込んでみる。最新鋭の機種、機内はガラガラだが、なぜか赤ちゃんが3人も乗っている。エジプト人は家族旅行に来ているのだろうか?

DSCN6745m

DSCN6747m

 

10月2日(水)

1. KL1

空港からチャイナタウンへ

KLの空港も他と同じで広い。出口までが遠い、疲れる。前回同様セントラル駅までバスに乗る。何とチケット売り場で『チャイナタウンまで行ける』と聞いたので、喜んでチケットを買ったのだが。駅までは1時間ほどで到着。だが、そこからミニバスに乗り換えるように言われ、大混乱。どこで待てばよいか分からず、いつまで経ってもやってくる気配もない。待っている人もいない。これは余程不便なのだろうと諦める。

DSCN6763m

 

前回の記憶を頼りにモノレールへ。駅から少し離れたその乗り場、そしてチャイナタウンに直接行くのは駅から出ている別の線だと知ったが、後の祭り。既に動く気力もなく、来たモノレールに乗る。一応チャイナタウンの近くだという駅で降りたが、とても寂しい所で方向すら分からない。何とか人に聞いて、チャイナタウンへ入る。このような場合、マレーシアでは英語か中国語はほぼ通じるのが心強い。

DSCN6764m

 

そしてホテルを探す。いつもはネットで予約するのだが、今回は何とかなるのだろうと決めずに来た。チャイナタウンにはいくつも小さなホテルがあったが、私が泊まりたいところが見付からない。広東系の爺さんがやっているホテルなど、窓もなくうーん。

 

チャイナタウンのホテル

仕方なく、少し立派そうなホテルを当たる。フロントは薄暗く、人もいない。呼び鈴を押すと人が出てきたが、130rの部屋しかない、という。部屋を見せろというと、夜は見せない、と傲慢だ。こんなところは嫌だ、と思い、また探すがどうしても見つからず、最終的にこのホテルに投宿。

 

部屋には窓はないが、それなりの広さがあり、OK。だが、PCの充電をしようとするとコンセントが合わない。フロントを呼び出すと、掃除のおばさんが明日の朝来たら貸す、と。相変わらずの無愛想な対応。おまけにこの付近に売っているところもないという。そんなはずはない、と外へ出ればすぐ近くに露店街がある。入っていくとすぐにコンセントが見付かり、購入。何だ。

 

部屋に戻りシャワーを浴びて、さあ寝ようとベッドに入ると、なぜか寒い。ところがクーラーは調整が効かず、おまけに切ることも出来ない。しかもどんどん寒くなる。フロントはあてにできない。持っている物を着こんでシーツにくるまる。お湯を浴びた頭が冷たくなる。本当に寒くて死にそうになる。その時、突然『シュー』という音がして、冷房が切れた。自動制御か?助かった。