「中国」カテゴリーアーカイブ

北京寄り道散歩(2)視界不良な北京

10月18日(土)

バックパッカーの会

翌朝はゆっくりと起き上がる。朝からネットが繋がらず、旅行記を書いた。10時過ぎにはホテルを出てTさんの家へ行く。Tさんとは25年来の付き合い、今年彼が北京赴任を果たしたので、訪ねていく。有難いことに自宅に泊めてもらえるとのことで、1泊お願いした。取り敢えず、1泊分の荷物をかれの部屋へ運んだ。この家、昔から何人もの知り合いが住んでいる古い場所。懐かしい。

 

すぐに崇文門へ向かう。地下鉄1号線、2号線と乗り替え、何とか辿り着く。そこから指定のレストランまで、意外と探すのが難しかった。北京の道は基本的に碁盤の目、だったが、偶に曲がった道などがあると調子が狂ってしまう。また近いと思っても歩くと距離があるのが北京の特徴。

DSCN0296m

 

ようやく見つけた店は紹興料理、懐かしい「咸亨酒店」。魯迅の小説、「孔乙己」の舞台になった咸亨酒店から店名が付けられた。紹興にある咸亨酒店は1894年に魯迅のオジサンが開業したとか。そういえば北京には「孔乙己」という名のレストランが3軒あり、よく通ったものだ。これまた懐かしい。

DSCN0301m

 

個室が予約されていたが、何と定刻に誰も来ていなかった。今日は北京のバックパッカーの会に呼んで頂いたのだが、皆さん、レストランが見付からず迷っていたとか。え、それでバックパッカー?と思わず突っ込むと『実は今日のメンバーはちょっと旅好きなだけで本物のバックパッカーはいない』とのこと。え、何で?

 

この会は主催者のNさんが3年ほど前に結成したものだった。私が6年前に結成?した旅好きの会、こちらは本当にディープな人が集まり、中国全省制覇した程度の生半可な人は放り出されたほどだったが。この会は随分と大人しい。まあ、それでも和気藹々、楽しく食事をした。今や旅好きの会の熱気が異常だったとしか思えない。

 

セミナー

2時にはここを出て、タクシーに乗り建国門へ向かう。今日は日本人会主催のセミナーに参加する予定で、しかもお話をしなければならないため、遅刻はできない。会場は賽特百貨店裏の高級マンション内にある、隠れ家的なプライベートレストラン。ワインを飲みながらフレンチでも食べる、と言った素敵な空間だった。

DSCN0303m

 

既に主催者が集まり、順調に準備が進んでいた。開演の3時前には会場の席が埋まり、人が溢れた。私の話はありきたりのつまらない物だったが、第2部があり、そこでは北京で有名な人たちのパネルディスカッションが行われた。この人々を目当てに多くの人が詰めかけた様だ。

DSCN0306m

 

北京という街は政治都市であり、また文化都市でもある。上海の方が日本人は遥かに多く住んでいるが、文化的な行事なら北京の方が人は集まる。それでも最近は日本人の数が若干減り、特に家族連れが減る傾向にある。以前駐在していた頃とは事情が違ってきているようだ。

 

そのまま、夜の部に移行し、ビュッフェパーティとなった。会場には顔見知りの人が沢山来てくれ、楽しく談笑した。定員40名とのことだったが、有料にもかかわらず、満員だった。ベランダに出ると夜風が爽やかだった。昨日も会った張さん旦那が鉄観音と白茶を皆に振る舞っていた。ワインを飲んだ後に白茶、いい組み合わせだった。

 

Tさん宅

パーティーがお開きになり、Tさん宅へ戻る。Tさんも別の会の関係で外出しており、いいタイミングで帰ることが出来た。昔話に花が咲く。何故かネットは繋がらない。不思議なくらい、ネットには嫌われている。Tさんの部屋は実にさっぱりしていた。余計な物は何もない、という感じ。スーツケース2個ぐらいでやって来てそのまま住んでいる、のではないか。もうある程度歳なのだから、それがシンプルでよい。

 

ただ映画好きのTさん、DVDや関連書籍はかなりあった。今日も映画好きの会を開いていたらしい。旧満州関連の研究もしており、かなりディープな感じが漂う。来月北京で開かれるAPEC、急に6連休になるとかで、アジアのどこかへ旅をしたい、と言われたので、バンコックを勧めたが、最終的にはチケットの関係などでホーチミンへ行ったようだ。

 

10月19日(日)

ホテルで朝和食

翌朝は6時台に起きてしまった。Tさんは日課のスイミングへ。私はすることもなく、ボーっとしていた。窓から外を見ると、やはりボーっと霞んでいた。北京の大気汚染の深刻さが良く分かる。実は今日は年に1回の北京マラソンその日。こんな中を走る人がいるのだろうか、と思ったが、翌朝の新聞では『毒ガスマスクをしては知っているランナー』などが1面を飾っていた。マラソンも命がけだ。因みに日本人参加者に聞くと、『参加料が高額で、しかも飛行機代まで払って、走らないで買える』という選択肢はないそうだ。まさに命がけ。

DSCN0309m

 

朝食は近くのホテルで食べる。普通の朝食ビュッフェを食べるつもりだったが、何と『和定食』なるものがあったので敢えて頼んでみた。ウエートレスは一瞬『え?』という顔をしたが、そのまま注文を通した。しかし周囲の人々がどんどん食事を取り、どんどん食べる中、我々のテーブルには一向に食事が来なかった。まあ、急ぐ旅でもないし、ということで雑談しながら待った。

DSCN0314m

 

かなりの時間が掛かって出てきた物は、確かに和食であったが、器は和ではなかった。焼き魚、豆腐、サラダ、ご飯とみそ汁。なるほど。最初は箸も出て来なかった。なかなか面白い。食事代はご馳走になったので良く分からないが、恐らく今の円安もあり、2500円位したのではないだろうか。またビュッフェより少し安いのかもしれない。北京の物価が上がったのか、円安なのか、何だかちょっと寂しい。

DSCN0311m

 

それから部屋に戻り、また話し込む。11時過ぎにお別れして、また先日のホテルに戻りチェックインした。兎に角周囲が濃い霧に包まれており、心が沈む。北京に駐在する、ずっと住むのも大変だ。

北京寄り道散歩(1)新しくなった茶城

《北京散歩2014》  2014年10月17日-10月21日

 

10月17日(金)

ホテルで

フフホトへ行った帰りに北京で寄り道した。13日に東京から呼和浩特へ行く途中に経由した北京空港は目の覚めるような青空、まさに『北京秋天』だったのだが、今日は若干暖かいせいか、空は霧が掛かっていた。おまけに空港からタクシーに乗ったが、すぐに渋滞に嵌り、なかなか進まない。北京は秋が一番いい季節だが、こんな感じなら、あまり来たくなくなる。

DSCN0323m

 

今回予約したホテルは燕沙のすぐ近くの大使館街だった。前回泊まったホテルがよかったのだが、既に一杯で取れなかった。やはり北京の秋は混んでいる。そしていいホテルはすぐに埋まる。そしてこのホテル、ネットは問題なくつながるのだが、VPNは作動しなかった。フフホトのホテルはサクサク繋がったので期待していたが、やはり北京は厳しい。

 

今晩は当初の予定がキャンセルになり、特にすることがない。そういう時はお茶屋さんへ行けばよいということで、張さんに短信を入れてみた。するとすぐに電話が掛かってきて、『実は先週子供が生まれたばかりで店にはいない』というではないか。2月に会った時はまだ兆候もなかったのか。時の早さを感じる。よく聞くと店番は旦那がしていること、店自体が移動していることを知り、取り敢えず、店に向かう。

 

バスに乗ったが、乗り間違えて次の停留所で降りて、また乗り直す。こういう時に北京のバスはいい。何しろカードを使えば僅か0.4元だから。ところが次に来たバスはちょっときれいだなと思っていると、何と2倍の0.8元した。それでも他のアジアの都市と比べても安い。東京など200円もするのだから、驚くべき違いだ。但しさすがに財政負担に耐えられず、もうすぐ値上げらしい。

 

新しい茶城

いつものバス停で下車して、言われた通りのビルを探す。以前の建物のすぐ近くに新しい茶城が出来ていた。茶城と言っても、下は宝石屋などで、3階になる。以前の建物は1階が骨董家具と熱帯魚屋という素晴らしい取り合わせだったが、今回この2つは別の場所へ移動したようだ。

DSCN0292m

 

店舗は当然ながらすごくきれいになっていた。張さんの店などは、ドアが自動になっており、外からは開けることが出来なくなっていた。外から眺められるように透明のガラスなのだが、中へ入るには店の人がボタンを押す必要がある。店はなんとなく広くなっていた。以前のビルにあった店も大半はこちらに移転してきている。お茶屋はそれになりに儲かる商売なのだろう。

 

張さんの旦那は昔から鉄観音茶に嵌っており、鉄観音以外はあまり飲まない。それが今回訪ねてみると『お客さんから教わって白茶の良さに気が付いた。これからは高級白茶を扱っていく』という。確かに世の中は白茶ブーム、だが、それでいいのだろうか。まあ、売れる物を売らないと商売にはならないし、客が欲しい物を用意しないとこれまた商売にはならない。彼もその辺をわきまえた様だ。

 

確かに出された白茶は味わいがあった。だが安い物でも500gで、2万円以上した。高い物は500gで7万円。それでも中国人の好き物は買っていくらしい。どうかしているんじゃないだろうか、この価格。まあお金持ちの常連さんばかりを相手にしていれば、それでも成り立つのだろう。それで引っ越しもできる訳だ。子供も2人に増えたし、頑張らねばならない。

DSCN0294m

 

一人ご飯で

色々と話し込んでいる内に暗くなってしまい、引き上げる。このビルも6時閉店は変わらない。皆店を閉め、トイレに行き、出口へ急いでいた。外へ出ると、ちょっと涼しい。フフホトと北京、あまり気温は変わらない。ローソンが近くにできていた。本格的に進出か。

DSCN0290m

 

バスに乗り、三元橋を過ぎたところで、下りる。ちょうど懐かしい日本料理屋の看板が目に入ったので、寄ってみた。金曜の夜だが、お客はまばら。ママが寄って来て、『明日のお昼は食べ放題だから是非来て』という。日本円にして1200円ほどで食べ放題、どんなものだろうか。それにしてもお客確保が難しい様子が見て取れた。

 

フフホトでは当然肉中心だったので、焼き魚定食にした。サラダに茶碗蒸し、そして漬物とフルーツが付いて、38元、値段も味も何ら変わっていなかったが、昔は安いなと感じたこの値段、今の円安で換算すると、750円ぐらいになっている。この品質ならむしろ高い、と言わざるを得ないが、他の店は値段を上げているだろうから、やはりこの店は値段相応なのだ。

 

トボトボと歩いてホテルに戻る。やはり何となく活気のない街、北京。これは単に空気のせいなのだろうか、それとも何か別の要因があるのだろうか。大使館街の夜は特に静かで寂しい。

 

北海でリゾート2014(6)南寧 掟破りの高速バス乗車

8月28日(木)

朝食を抜く

今朝は早めに起きたが、なぜか腹が空かない。折角朝食は付いているのだし、広州へ行くバスは8時間もかかると聞いているので、途中で食べられるかどうかも分からない。それでもどうしても食べたくないので、思い切って抜く。これはちょっとした賭けだが、体調が悪くなるより空腹の方がマシ、という判断。

 

8時台は混んでいるエレベーターもすんなりやって来て、チェックアウトも直ぐに済んでしまった。時間があるのでロビーでネットをして過ごす。このホテルは駅前ホテルであり、朝鉄道で着いたお客がチェックインしてきている。時間貸もしているので、4時間だけ寝る、という客もいるようだ。

 

8時45分には切符売り場に着いていた。オジサンも顔を覚えていて『広州だな、ちょっと待て』と。まあこれなら安心か。9時前に運転手を先頭に歩き始める。バスは駅前にはない。歩いているのは数人だけ。ミニバスだな、と直感。案の定、ミニバンに乗り込む。5人家族と男性一人と私。ところが運転手は実にのろのろと運転している。これは完全に時間調整だと分かる。

IMG_1271m

 

途中で男性一人を下ろし、9時40分ごろ、郊外の道路脇に車が停まる。おばさんが一人で迎え、何とミニバンは去っていく。家族のお母さんは心配そうに『騙されてないよね』と聞いてくるが、中国人に分からないのにこちらも答えを持ち合わせていない。ただ待つのみ。出迎えのおばさんは色々と話しかけてくる。時間潰しのようだ。

IMG_1272m

 

高速道路からバスに乗り込む

10時20分になり、バスが来るというので急いだ場所は、何と高速道路。本来通行人は入れない筈だが、なぜか金網に穴が開いており、上に上がれた。と言っても道なき道を行く。高速脇で待つこと数分、広州行のバスが来た。兎に角急いで乗り込む。が、前が詰まる。何とバスに乗るのに靴を脱いでいる。これは初めての経験だった。荷物も直ぐに積み込まれ、バスは何事もなかったように走り出す。

IMG_1274m

IMG_1275m

 

バスの中は3列の2段ベッド、床はすべすべしており、靴を脱ぐ理由が分かる。我々は残っていたベッドを確保し、座る、いや寝ころぶ。これももしやすると初めての体験かもしれない。いきなり床にあるベッドに寝転び、窓から外を眺める。当然低い位置から見上げる形となり、空がよく見えた。青空だった。布団を掛けてクーラーを避け、快適に過ごす。

IMG_1276m

IMG_1278m

 

快適なバスの旅は続く。車内にはスクリーンがいくつも備えられており、香港の古い映画をやっている。全て広東語である。多くは布団にくるまって寝ているのだが、お構いなしに大きな音で映画は続く。内容も香港に有りがちなヤクザの抗争物。2本もこれが続くと飽きてしまう。

 

3時間に一度は休憩があると思っていたが、途中で停車したのは一度だけ。運ちゃんのごはんの時間だけだった。そのサービスエリアはシャビーな感じで、ご飯を食べる気が起こらなかった。乗客の多くはスナックを買い、ボチボチ食べている。バスの旅ではあまり食べない、飲まないのが安全だ。

IMG_1280m

 

それからはひたすら走り、同じような景色の中を停まることはなかった。夕方5時ごろ、ようやく広州へ入ったと思ったら、仏山と書かれている。一体どこへ行くのだろうか?広州のどこへ着くのかも確認していなかったで、ちょっと心配に。更には渋滞がひどくなり、バスが進まなくなる。何と予約したホテルからは『部屋は午後8時までしか確保しないから』と電話まで入る。俄かに慌ただしくなるが、一向に進まない。

IMG_1283m

 

6時前についにバスターミナルへ着いた。だが運転手から聞いた『地下鉄に繋がっている所』とは名前が違っていたのでどうするか迷う。その時外を見上げると、何と高架に電車が走っているではないか。聞けばこの電車が地下鉄に繋がっているという。慌てて裸足でおり、荷物を確保した。広州までの道のりは実に遠かった。

IMG_1287m

 

あとで聞いたところ、中国のバスではこの高速道路乗車が各地で行われているという。ただその理由が『出発時点の乗客数に対して税金が掛かるため、バス会社は違法な場所での乗車を行い、売り上げを隠す』らしい。中には規定数以上の乗客を乗せる場合にもこの手法が使われている、との証言がある。さすが中国、政策あれば対策あり、だが、安全面への配慮は是非お願いしたところだ。すきっ腹を抱えて広州へ。食は広州にあり、さてどうなるのだろうか。

北海でリゾート2014(5)南寧で疲れを癒す

高速鉄道で南寧へ

昼前にタクシーを呼んでもらい、マンションを離れた。何とも残念だったが、ここに根を張る訳にもいかず、Zさん達も数日後には北京の生活に戻ることになっていた。夏のバカンス、つかの間の緩い生活は終わりを告げた。Zさん、トニー、G君の家族には感謝してもしきれない。良い夏休みを提供してもらった。

 

タクシーは北海駅へ向かった。ここは街中にあり、遠くはない。駅は変な形をしており、駅舎の上はマンション、最近出来たらしい。切符は以前にZさんが予約してくれ、実は昨日ここに来て既に受け取っていたので、駅の様子は分かっていた。昔とは大違いだ。駅には大勢の人がおり、夏休みの終わりの混雑、と言った感じであった。高速鉄道が南寧を経由して、梧州まで繋がっていた。一昨年行った六堡茶の集積地、梧州。あの時高速鉄道の工事中であったが、既に繋がっていたか。それでも広州まではまだ時間が掛かるようだ。

IMG_1224m

 

車内は満員、予約がなければとても乗れなかった。車窓から眺める風景は田舎。1時間40分後には南寧に着いてしまった。電車から降りると、凄く疲労していた。今朝の散歩がきつ過ぎたのだろうか。

IMG_1226m

IMG_1230m

 

4.南寧

駅前ホテルへ

駅を出ると暑い。北海は日差しが強いとは言っても海からの風が吹く。しかしここ南寧は都会の大都市だ。暑くてたまらない。いつも泊まるホテルチェーンを探すつもりだったが、駅の周辺を見渡すと、こぎれいなホテルが見えたので、そこへ行ってみる。240元で泊まれるとのことだったので、迷わずチェックイン。そしてクーラーを掛けて昼寝をした。部屋も広くて快適だった。

IMG_1236m

IMG_1233m

 

夕方になり、明後日の広州行チケットを買いに出た。先ずは駅へ行く。高速鉄道は広州までは行っていなかったので、普通の電車を探したが、意外と本数がなかった。しかも駅は人で溢れかえっており、疲れている体には堪えたので、早々に退散する。バスターミナルはどこにあるのか尋ねると、ここからは相当に遠いらしい。駅前にバスチケットを売る店があったが、店員があまりにも無愛想で止めた。どうするんだろう、広州行。

 

とにかく疲れてしまった。これは時々あることだが、どうにもやる気にならない。ネットは繋がるが、Googleに接続できない、とい理由もあるかもしれない。ここは休むしかない。ただ何もせず、ベッドに横たわるのみ。時間だけがゆっくり過ぎていく。辺りが暗くなってきた頃、少し腹が減ったので、夕飯でも食べようと外へ出る。地図は買ったものの、どこへ行ったらよいか分からない。適当に歩いてみると、古い街並みが残っていた。小さな店はいくつもあったが、敢えてファーストフード店のようなきれいな店に入る。20元ほどの定食を食い、また歩く。

IMG_1241m

 

来年はアセアン統合の年、中国とアセアンを繋ぐ都市として位置づけられている南寧には『東盟』の文字が多く見られた。アセアン土産と称して果物などを売る店もある。ただ現実にはアセアン統合により南寧にどれほどの経済効果があるのだろうか。何とも分からない所である。

IMG_1243m

IMG_1244m

 

8月27日(水)

バス旅行

翌朝も疲れは取れず、部屋でごろごろしていた。既に南寧は完全な休養地、これから行く広州に備えよう、という考えにまとまっていた。朝ごはんは付いていたので、食堂に行ってみると、『養生』ご飯と書かれ、お粥や芋などが並び。所謂一流ホテルの豪華な食事とは差別化を図っていた。泊り客の方も、朝から大量のごはんを食べる習慣から抜け出したいのだろう、と思われる。双方の利害は一致しているように見えた。

IMG_1246m

 

午前中は部屋で旅行記を書いて過ごした。シャワーなど浴びると徐々に元気が出てきたようなので、昼前に外へ出る。普段は歩くのが仕事だが、今日はしんどいので、駅前からバスに乗る。長距離バスターミナルへ行ってみることにした。バスは旧市街のごちゃごちゃを抜け、新市街地へ。アセアン会議の開かれる会議場のあたりへ来ると、6年前に泊まったホテルなども見え、今回とはだいぶ違う地域だったことを再確認した。

IMG_1258m


IMG_1264m

 

40分ほど乗り、バスターミナルへ着いた。ここも人が多い。広州行のバスは1時間に1本程あるが、料金は駅前のバスより高い。これはどういうことだろうか?ここも窓口前には長蛇の列。切符を買うのも大変そうだし、明日もう一度ここへ来るのも大変なので、断念した。

IMG_1251m

 

来た時と同じバスに乗る。違うバスに乗りたかったが、駅前へ行くバスは1つしかなく、他の寄り道する気力もなかった。まあきままなバス旅行と思えばよい。駅前に着くと腹が減ったので、粥を食べる。7元。

IMG_1266m

 

マックで

午後はこのホテルの延泊を決め、ごろごろ。想像以上に体力の回復が遅い。歳のせいだろうか。微睡みが嬉しい。あっという間に日が暮れてくる。日が暮れるとなぜか腹が減る。動いていなくても腹が減るのは、体力の回復を体が促しているせいだろうか。

 

駅前を歩いているとマックがあった。普段は入らないのだが、先日日本で肉の偽装事件があり、その影響が中国にも飛び火していると聞いていたので、入ってみる。確かにお客はいない。2階もあるというので、2種類のバーガーを頼んで2階へ行ってみる。何と一人の客もいなかった。マックの貸し切り、凄い。

IMG_1269m

 

ところがオーダーした商品と違う物を出されたことに気が付く。下に降りて、カウンターに行き、それを質すと、『すみません、今取り替えます』というではないか。昔なら色々と理由をつけて取り替えないので、ここで戦いがあるのが普通なので、拍子抜けだ。だが、料金をあと5元くれという。まあ取り替えに応じたのでよいかと支払って、パッとメニューを見ると、その計算が違っていた。むしろ安くなるはずだ。

 

それを質すとまた『すみません、いまお返しします』というではないか。若い男性で如何にもひ弱という感じだが、同時にマックの置かれた状況を反映しているように見えた。既にアメリカでも若者はマックへ行かない、と言われている。今後中国ではどうだろうか?

 

北海でリゾート2014(4)華僑が逃げ帰った僑港

豚鶏鍋

2日間、炎天下を自転車で走った、それも1日35㎞。これは凄い衝撃だった。シャワーを浴びて、体をダラッとさせても、興奮?は収まらない。顔もかなり黒くなったと思われる。しかしトニーは元気だ。ランチを食べに外出しようという。何だかその元気さに押されて承諾した。

 

タクシーで街へ。着いたレストランには『豚鶏鍋』と書かれていた。これは確か深圳で以前食べたことがある、とても美味い鍋である。だが店に入ると店員にはやる気が見られず、お客もあまりいない。どんよりとした空気が流れている。どうなんだろう、これは。店長の男性が出てきて何とか注文を取る。

IMG_1192m

 

鍋に豚の内臓、鳥肉、野菜、キノコ、豆腐などをふんだんに入れて煮込む。豚と鶏の両方を入れるところが良い。日本でも寄せ鍋などにあるようだが、私はこれが大好きだ。しかも内臓系、胡椒が効いている。大好物。サイクリングで腹が減っていたのか、疲れも忘れてバクバク食べる。スープもしこたま飲む。もう腹がパンパンになるまで食べ尽す。疲れはいつの間にか吹き飛んだ。

IMG_1196m

 

タクシーを拾って帰ろうとしたが、昼下がりにタクシーは捕まらない。皆、お昼寝の時間だろうか。本当にゆったりとした時間が流れている。スープを飲み過ぎたので汗がしたたり落ちる。それでも何だか爽やか気分だ。何とかタクシーを捕まえて、マンションへ帰る。午後の日差しが強い。

IMG_1198m

 

夕方までお昼寝。そして一人で散歩に出てみた。と言ってもマンションの敷地内。私は歩くのが仕事、とよく言っているのだが、ここ数日あまり歩いていなかったので、そろそろうずうずしていた。敷地内には池があり、夕暮れ時に人がベンチに座り、話したり、ぼーっとしたりしている。我々日本人は『ボーっとしていないで』とよく怒られるわけだが、よく考えてみれば、ボーっとすることはそれなりに重要ではないかという気がする。特にこのような場所に来ると『あまり色々と考えても仕方がない』と思えるようになり、頭を働かせることを停止したい気分になる。

IMG_1202m

 

マンションの前の道に出るとダンプが轟音を立てて通り過ぎる。この道は既にガタガタになっている。土ぼこりも酷い。出来るだけ外を歩きたくない心境になる。折角いい空気があり、良い景観があるのに、台無しだ、とは思わないのだろうか。経済成長しているということは案外気が付かない、いや気が付いていても、他のことに紛れて時が過ぎていく。

IMG_1206m

 

敷地内には何と映画館もある。それもシネコン?いくつかの映画が同時上映できるが、外からも見に来る人がいるのだろうか。Zさんによれば、『この映画館にはレイトショーもある。夜10時の会に行けば安いし、暇つぶしになる』らしい。そんなライフスタイル、如何にも南国だが、ここで流行るのだろうか。

IMG_1207m

 

昼ごはんの食べ過ぎにより、夕飯は軽くしてもらう。何だかZさんには多大な迷惑だが、この生活リズムに慣れてくると離れがたいものがある。明日はこの地を離れるのかと思うと、残念でならない。

 

8月26日(火)

朝散歩

運動しているせいか、それとも夜が涼しいからか、ここにいるとよく眠れた。過度にPCを触らないこともいい影響を与えているのだろう。心地よい朝を迎える。今朝はサイクリングのお誘いが来る前に自分で散歩に出かけた。午前7時台、それほど暑くはない。目指すは僑港と呼ばれる30年前にベトナムから華僑が逃げてきた場所だ。

 

朝はダンプも走っていないので、マンションの前の道を歩きだす。ただまっすぐ歩いて行けば近くまで行けるはずだ。ただ予想外に日差しが強い。マンションは街から少し離れているので、ちょっと歩いても殆ど何もない。途中にごみ集積場があった。悪臭が漂っていた。北海はここ数年で急速に人口が増えていると聞く。ごみ処理のシステムは追い付いていないようで、街にごみが溜まってきている。

IMG_1210m

 

かなり歩いてようやく僑港という表示が見えた。ここまでくればと安心したが、何とそこからがまた遠かった。自転車で来ればよかった後悔したが、やはり歩くのが仕事、仕方がない。しかも歩いても歩いても、華僑が戻ってきて住んだような痕跡は見つからない。確か6年前はベトナムチックな黄色い壁の家などがあったのだが、どうしたのだろう。

 

合計1時間も歩いて、着いたのは港だった。それも漁港。朝の漁から戻った舟、荷卸しが始まっていた。新鮮な魚が上がってきており、魚を買いに来た人々で市場はごった返していた。自分が目指してきた物とは違っていたが、なかなか活気のあるいい風景だと思った。観光客が来るような所でもなく、よそ者は邪魔ものだったようだが。

IMG_1212m

IMG_1215m

 

華僑小学校があった。しかしそれ以外、華僑を感じる物はなかった。既に時が流れた。中越戦争で戻ってきた人々もすっかり中国の暮らしになってしまったということだろうか。先日もベトナムで反中デモが起き、数千人の中国人が逃げ戻ったと報道されたが、今は北海ではなく、海口に船は行くらしい。静かで穏やかな街、北海は静かなままだった。

IMG_1220m

 

バスに乗りたかったが、マンションの方へ行くものはなく、勿論タクシーもいないので、帰りも黙々と歩いた。結局往復で2時間半もかかってしまった。部屋へ戻るとZさんが『麺を食べに行こう』と言い、また外へ出て、麺を食した。朝麺を食べる習慣が付きそうだ。

北海でリゾート2014(3)リゾートでサイクリング

8月24日(日)

サイクリング

今朝は7時に起きてサイクリングに行く。この家には4台のサイクリング用自転車があり、夫婦は日々サイクリングを楽しんでいる。私は勿論自転車には乗れるが、サイクリングなどしたことはなく、どうなるかドキドキ。靴を借り、靴下を2枚穿き、Tシャツ、短パンで出掛けた。2人はきちんとしたサイクリング用ユニフォームだった。

IMG_1141m

 

サドルが高いこともあり、最初は不安定であったが、慣れてくると快適だった。マンションの前の道はデコボコで走り難かったが、その先の大きな道はスイスイ行った。途中で朝ごはんを食べるために桂林米粉の店に立ち寄る。2人はここの常連で店の人とも仲が良い。ただ私が日本人だと知ると、主人は『安倍は良くない』と言い出す。そしてこの街では昔日本軍の残虐行為があった、などと話し出す。この地では実際の戦闘などはあったのだろうか?

IMG_1143m

 

更に進むと7年前に来たことがある、90年代に開発された北海の別荘地を通った。7年前は廃墟に薄ぼんやりしたイメージだったが、今では戸建ての別荘がきれいに改装され、如何にも南国リゾートといった雰囲気を漂わせる。ヤシなどが街路樹として植えられているので余計雰囲気が出ている。午前中から人も結構歩いている。ビーチでは観光客がはしゃいでいる。中国では一生海を見ないで終わる人がまだまだ大勢いる。

IMG_1144m

 

自転車を漕ぐのは実に久しぶりだ。Zさん夫妻はサイクリングが趣味、ということで、毎朝かなりの距離を漕いでいるらしい。当然スピードが違う。私を気遣ってゆっくり走っているのだろうが付いていくのがやっとだ。これはしんどい。おまけに日ざしがどんどん強くなる。汗がしたたり落ちる。

IMG_1146m

 

橋が見えてきた。北海市内の高層ビルがよく見える。橋の周囲には何か植えられており、観光客が遊んでいる。バイクで来ている地元民も多い。更に行くと、広々とした道がある。走るにはよいのだが、なんとダンプがどんどんやってきて、砂塵を舞い上げる。これはたまらない。

IMG_1148m

 

着いたところは、自然公園。北京の大手企業が大規模開発を行っており、ダンプが走る理由がわかった。マングローブなどを植えて、自然をアピールし、国家政策にも合う開発を行っているのだ。まだ出来ていないように見えたが、高い入場料を取っている。我々はゲート脇で休み、立ち去る。ここが折り返し地点だった。

IMG_1155m

 

帰りは同じ道を戻るだけだが、暑さがこたえ、更には足がきつくなる。北海の港を横目に見ながら『昔よりだいぶ立派になったな、ここからベトナムへ行けるのかな』などと思う。ラストスパートは全くきかず、喘ぐようにマンションに戻る。往復35㎞、走ったらしい。シャワーを浴びるにも心臓がバクバクしていた。急激な運動は体にこたえる。

IMG_1164m

IMG_1167m

 

その日の午後は完全休養。ネットは相変わらずよく切れてしまい、何もする気が起こらない。ただ窓から海を眺めるのみ。『海を眺める午後』。私より年上のトニーは全く元気で、午後はテニスに出かけた。何という体力。すごい。

IMG_1168m

 

夕飯はパスタなどを頂く。トニーがワインを持ち出し、飲み始めた。ご相伴にあずかっていると急激な眠気が襲う。体力の消耗は想像以上だった。たまにはちゃんと運動する必要があることを実感。

 

8月25日(月)

サイクリング2

翌朝起き上がると意外と体が軽かった。トニーが『今日も走るか?』と聞いてきたので、無言で頷く。旅のポリシーとして、出来ることを言われたら、それに従う。今朝も同じいでたちで自転車に向かう。既に修行の気分が出ていた。先ずは近くの店で今日も麺を食う。やはり中国人は朝から麺を食うようだ。日本ではあまりない習慣のように思う。

IMG_1172m

 

今日は昨日と反対側、山が見える方に向かう。『今日は昨日よりきついよ』と言われていたが、昨日の疲れはまだ筋肉には来ていなかったので、踏ん張って漕ぐ。自転車にも慣れてきたので、何とか付いて行けたが、途中から坂道が入り、全く付いて行けなくなる。ギアチェンジを指示され、色々とやってみたが、なかなか進まない。

 

お寺があった。いい天気に本殿が映えていたが、私には休息以外の何物でもなかった。足は相当にきつくなり、動かなくなったらどうしよう、といった不安が過り始めた。Zさんには『無理して漕がずに、自転車を押して登ればよい』と言われたが、それもきつい。寺を過ぎると更に急な斜面が出てきて、喘ぎ喘ぎ行く。

IMG_1176m

 

頂上まで行かなかないうちに、車両通行が制限されており、何とか折り返しに着いた。それにしてもきつかった。海の見える景色は悪くなかったが、これを見るためにもう一度登れ、と言われても自転車は漕がないだろう。帰りは下り坂で楽だと思ったが、足が痛いので慎重に下りた。

IMG_1178m

IMG_1180m

 

マンションの近くまで来ると足も軽くなっていた。北海の最高級マンションがあったので見学してみる。実に立派な造りだったが、売れ行きはさっぱりらしい。人影も殆どなく、人が住んでいる雰囲気もない。16,000/㎡の価格はこの地では高過ぎるらしい。作れば売れる時代は既に過ぎていた。特に豪華マンションは目立つので買い難そうだ。横にはゴルフ場も併設されており、良い感じなのだが。今日も往復35㎞、走ったらしい。

IMG_1184m

北海でリゾート2014(2)これからも売れる不動産はある

2.北海

新区マンション

Zさんに案内されてマンションの敷地内へ。広々としたスペース、15階の部屋に上がると近くに海が見える。横にはゴルフ場もある。この景色、悪くない。部屋は4つあり、リビングも広い。実に快適そうなマンションだった。でもZさんは『これは夫が好きで買った物、私は高い所は苦手なのでちょっと』というではないか。何という贅沢。ただかく言う私も高所恐怖症、高い所ほど値段も高いので、安い低層階を選びたい心境ではある。

 

夕食はZさんが作ってくれた。材料は新鮮な貝やカニなど。豪華な食卓となった。『レストランで食べると結構高いが、食材を買ってきて家で作るととても安い。これが北海の特徴だ』そうだ。Zさんは日本滞在経験もあり、和食と中華を両方作れる上に、一工夫加えており、とても食べやすい。

IMG_1109m

 

ご主人のトニーもテニスから帰って来て、食事に加わる。息子のG君もいる。初めて会ったのに、何だか昔から知っているような気分で夕飯を食べる。トニーは日本語ができないが、中国語と英語は出来るので、会話も弾む。ビールを飲みながら宗教の話をしたような気がする。G君は15歳にして日本語も中国語も、そして英語もできるので、素晴らしい。最近は5週間、アメリカのサマーコースに行っていたらしい。将来有望だ。

 

食後、Gmailが繋がらないと嘆く私の為にG君がVPNというソフトを設定してくれた。これがあれば何と繋ぐことができた。有難い。G君、15歳にして、私より何倍も役に立つ、頼もしい存在だ。『ただこのVPNはお試しの無料ですから後で使えなくなりますよ』と言われ、予備のVPNまで入れておいてくれた。素晴らしい。

 

そしてほとんどテレビを見ないというトニーが『一緒に見よう』と言ってテレビの前に座る。『中国 好声音』という番組だったと思う。とても人気があるそうで、トニーも『この番組だけは見るよ』という。イメージは昔あった『スター誕生』だろうか。一生懸命歌手を目指す人々にチャンスを与える番組、中国は豊かになったと言っても、まだまだ色々な境遇の人がいる。いや、高度成長期の日本と同じ現象が起きているということだろう。

IMG_1111m

 

8月23日(土)

モデルルーム

夜中はそれほど暑くもなく、朝はゆっくり目覚めた。心地よい朝だった。午前9時前にシャワーを浴びると更に気持ちが良くなった。リビングの窓からは海が一望できる。ベランダに出てトニーと話しをする。朝ごはんはお粥だった。これはお腹に優しく有難い。ガチョウの卵で作った目玉焼きに鰹節が掛かっていた。Zさんは日本の良い所、美味しい所を色々と研究しているのだろう。面白い。食後、お土産にあげた静岡の釜炒り緑茶を飲む。本当に中国的な味がする。

 

それからこのマンション群のセールスオフィスへ行ってみる。ここは2010年に開発が始まり、1期の途中まで完成している。36階建てのマンションは海沿いに数棟建っており、現在建築中の所も多い。プールや公園、そして5年後には小学校まで作るらしい。ここに住む人は中国の東北地方を中心に北部からの投資が半分以上。ただ北部と言っても浙江省も四川省も北部に含まれるという説明が奇妙で面白い。空気が良く、人が少ないこの地には実際に移住して通年ここに住む人も増えている。基本的に退職者だが、なぜかその孫を連れてくる人もいるという。祖父母が孫を育て、両親は都会で働く、という図式は日本では考えにくい。

IMG_1115m

 

モデルルームに行ってみる。現在は2LDK、約90㎡の部屋を売り出している。日本的に言えば63㎡程度の小さな部屋だが、価格は70-80万人民元と周囲の環境も考えればそれほど高くはない。目を惹くのは窓の所に腰を掛ける台が付いていること。これは日本では見られないが、先日台湾でも見かけた。中国人は窓際に座って話すのが好きなのだとか。これからもどんどん建っていくらしいこのマンション群。中国の不動産バブルは崩壊する、と日本では騒がれて何年も経つが、果たしてどうなのだろうか。『いい物件は売れ、粗悪な物件は売れない』という当たり前の状況になりつつあるということか。

IMG_1108m

IMG_1119m

 

昼ごはん

昼はマンション内の小さな店で餃子を食べる。このマンションには中国らしく、個人経営の小さな店がいくつか出ている。日本ならこの立派なマンションに箔をつけるために高級レストランでも誘致しそうだが、ここでは趣向が異なる。この店の一家も東北地方から出てきて、餃子屋を開いている。

 

水餃子は美味かった。トニーは手の空いた店のおやじと世間話を始める。それがだんだん熱を帯びてきて止まらない。トニーはアメリカ生活が長いせいか、生まれつきの性格か、人と話すのが得意だ。誰とでもすぐに仲良くなれる。おやじはこれまでの苦労話をしているようで、じっと耳を傾けていた。

IMG_1126m

 

午後はZさんが12年物の鉄観音を淹れてくれた。この家には立派な茶道具が置かれている。確かに濃厚な中にまろやかな味わいのある鉄観音茶だった。熱い日差しの午後に部屋でゆっくり寛ぎながら、美味い茶をすする、これもリゾートの醍醐味だろう。

 

夜は老街へ。昨日空港に来てくれたタクシーを呼び、旧市街地へ行く。どうも北海のタクシーはいい加減らしく、慣れた運転手を呼ぶのが良いらしい。旧市街地といっても今やきれいに整備されており、観光地化されており、多くの観光客が道を歩いていた。暗いのでわからなかったが、よく見ると両側の建物は1階が店、2階は住居のいわゆるショップハウスが多かったが、2階部分は相当古いまま残されていた。

IMG_1130m

 

教会がある。戦前の古い店もある。驚いたことに丸一薬局というプレートが嵌っているところを見ると、なんと1936年にこの地で諜報活動をしていた中野順三という日本人がここで殺された、とある。こんなところにこの時代日本人がいたことが驚きであるが、よく考えてみれば、ここはベトナムとの国境であり、広東にも近く、要所だったことを裏付けている。1937年の盧溝橋事件のあとは、日本軍は広東へ進駐しており、その布石が打たれていたことになる。だがなぜこのプレートを嵌める必要があるのか、それがよくわからない。

IMG_1134m

 

マンゴヨーグルトが美味しい、という店で休む。今や入口から中までどこもおしゃれで、若者がたむろしている。なんだかリゾート感覚が出てきた。表へ出ると、なぜか路上でサンマを焼いている。ローカル色もかなりある。その交錯した様子でちょっと楽しくなる。帰りは流しのタクシーを拾ったが、やはりメーターではなく、交渉だった。面倒だが仕方がない。

IMG_1136m

IMG_1137m

IMG_1138m

 

北海でリゾート2014(1)中国ではGoogleが繋がらない

《広西散歩2014》  2014年8月22日-8月29日

 

ふとメールが舞い込んだ。『北海のマンションを買ったので夏休みに遊びに来ませんか?』、北海という地名に惹かれた。日本人は北海というと北海道の連想からどうしても北の方にある都市だと思ってしまうが、どっこいここは中国の南の端、ベトナム国境にあるのが面白い。

 

6年半前、A大のA教授達と初めて行動を共にした場所、そこが広西であり、北海も訪れていた。だが当時の北海は寂しい所、90年代にリゾート開発に失敗した街として紹介されていた。その街が変貌しているということだろうか?折角のお誘いでもあり、取り敢えず何も分からずに訪ねてみることにした。

 

8月22日(金)

1.北海まで

広州空港

北海に行くコースはいくつかあるが、今回は東京のお茶屋さんが広州に来るタイミングでもあり、バンコック-広州を選んだ。タイ航空のプロモーションがあると聞いていたが、ネットで買った方が安かった。何のためのプロモーションなのだろうか。

 

いつものように早目に空港に向かう。空港まではスムーズだったが、イミグレは夏休みの家族連れなどでかなり混んでいた。出国は普通タイ人と外国人で分かれるのだが、今日は外国人の方が溢れていたので、一緒になっていた。よくこれでタイ人から文句が出ないものだと感心する。

 

タイ航空の機内はほぼ満席。アフリカ系、中東系、インド系の人々の搭乗が多いのが目を惹く。広州には10万人を超えるアフリカ人が住んでいると先日報道されていたが、機内にもその雰囲気が出ていた。広州は中国雑貨の卸を取り仕切る街。何でも安い、と各国から人が集まってきている。これも中国のパワーの一つの象徴だろう。

IMG_1082m

 

隣の席にインド系?パキスタン系の若者が3人座っていた。食事もスペシャルミール、ベジタリアンだろうか。横の若者の肘がちょくちょく当たってくる。かなり気になる。これもインド後遺症だろうか。彼らにとってこの程度の接触は何でもないことなのだろうが、文化の違いを感じる。

 

広州空港に到着。実はここから国内線で北海へ飛ぶのだが、広州の空港は1つしかないのか、国際と国内で分かれていないのかなど、全く気にしていなかった。もし上海のように2つあったら、完全に間に合わない。確認すると白雲空港で乗り換えられると分かりホッとする。白雲空港と言えば、1987年に桂林から降り立った時、夢かと思うほど先進的な空港だった。何しろメーターを付けたタクシーが夜の10時に列をなしていたのだから。これは当時の中国ではあり得ない光景だった。

 

一度入国手続きをして、国内線乗り継ぎカウンターへ。殆どの人が荷物を預けるだけ。私のようにここでチェックインするのは珍しいらしい。そこから2階へ上がり、荷物検査を受ける。珍しくIpadを発見され、チェックがかかる。これは日本以外では殆ど問題にならないのだが、日中は似ているのだろうか?

IMG_1083m

 

そして室内を走る車に乗り、国内線ゲートへ。結構離れていることが分かる。自分で国内線ロビーへ歩いて行こうとすると大変だろう。国内線もかなり広かった。実は中国に勤務している時に1つのカードを貰っていた。中国内の主要空港でラウンジが使えた。今回も時間があるので使おうとしたが、『このカードは3時間前の予約が無ければ使えない』と言われてしまう。ほんの最近まで何の問題もなく使えていたこのカード、何か変化したのだろうか。そういえば習近平政権の腐敗汚職撲滅の一環で携帯会社などの空港・鉄道ラウンジが閉鎖になるとの記事を読んだことがある。これもその影響なのだろうか。

IMG_1084m

 

そう思ってゲート脇の席に着き、PCを開いてWIFIに繋ぐ。今では中国の大体の空港で無料WIFIが繋がる。ここでも繋がりはしたが、異変があった。どうしてもGmailに接続が出来ない。Googleニュースを試してみたが、やはり繋がらない。Google関連には全くアクセスできなくなっていた。これには焦る。何しろ今は全てのメールをGmailで読んでいる。まあこの空港だけのことかとも思い、次に進む。

 

北海空港

北海行の南方航空に乗り込む。小さな機体だがほぼ満席。家族連れが目立ち、リゾートへ向かう感じが出ている。やはり北海はリゾート地として人気が出てきているのだろうか。飛行中、空がとてもきれいに見えた。乗客の殆どは中国人だが、彼らもウットリと空を眺めている。こんな青空、中国の大都市ではもうお目に掛かれないのかもしれない。

IMG_1088m

 

1時間で空港着。実に小さな空港がそこにあった。それでもターミナルまでバスが出た。私は荷物を預けていなかったのですぐに外に出た。今回招いてくれたZさんがタクシーをアレンジしてくれていた。空港に南国の西日が差していた。車は殆ど誰も走っていない道をゆっくりと走る。きれいな街路樹が植わっている片側二車線の道に車がポツンポツン、これも大都市では今や考えられない光景。運転手は地元の人間で、『最近は北海に来る人が増えた』と喜び、『でも不動産価格も上がった』と嘆く。そして『先月数十年に一度の台風がやってきた。この辺の看板の90%は落ちてしまった。木々も相当に傷んでいる』と。よく見ると確かに街路樹の幹が横になっていたり、枝が折れていたり。ここにも自然災害があるんだ、と認識。

IMG_1092m

 

途中車は6年半前には見たこともないような高層マンション群を抜けて、目的地に着いた。とても広々とした豪華マンションの入り口にZさんが立って待っていてくれた。このマンションも入口の外壁工事を行っており、園内に入る門は閉鎖されていた。

IMG_1103m

IMG_1104m

中国最北端を行く(13)北京 中国のサービスは悪くない?

7.北京2

無料ホテルで1泊

急いで荷物を拾いに行ったが、なかなか出て来ない。こうなればまずはチェックインと、荷物をN教授にお願いし、1階上の国際線カウンターへ走った。ところが『荷物がないとチェックインさせない』と断られ、また戻る。何とか荷物を拾い、指定されたカウンターでチェックインしようとしたが、何とそこは間違ったカウンターで、時間を取られてしまう。

DSCN0282m

 

ようやく最終決裁者のいるカウンターにたどり着いた時は既に午後4時40分、残念ながら『明日の朝』と言われてしまう。そして『ホテルはあっち』とボーイを指される。ボーイは我々をバス乗り場に案内すると、そこには大勢の待機者が待っていた。そしてバスでホテルへ。空港から20分ほどのそのホテルは結構きれい。2人部屋なら無料ということで、またN教授との相部屋が一日延びた。

 

ところで私のフライトはエアチャイナで明日の朝の便に既に変更されたが、N教授は日系航空会社。なぜかエアチャイナはホテルの面倒は見てくれたが、チケット変更は自分でやる必要がある。ちょうどこの航空会社の北京支店に大学の後輩がいたので、電話して変更を依頼、スムーズに済んだ。有難い。

 

ホテルでは夕飯が無料で提供された。ビュッフェ形式で決して高価なものではないが、腹一杯にはなる。日本ではこんなサービスは絶対ないだろう。ホテルもタダ、食事もタダ。これでよく会社が経営できるものだ。この費用も我々の航空代金に含まれているのだろう。

DSCN0290m

 

ここで1人の中国人女性と出会った。残留婦人を祖母に持つというその女性、今は日本に帰化している。日本人と同じように日本語を話し、何とN教授の大学のすぐそばで餃子屋をやっていたこともあった、と盛り上がる。我々だけが日本人らしく、別途ビールを注文して異彩を放つ。夜はぐっすり眠れる。やはり疲れているのだ。本来なら飛行機の遅延というアクシデント、だがN教授という連れがいると、安心できる。これは重要なことだった。

DSCN0284m

 

2月26日(水)

羽田で荷物が壊れていた

翌朝は5時半に起きて、6時前にバスに乗り、空港へ。チェックインもスムーズで問題は何もない。北京の空気はハルピン並に悪いのだが、そこは科学技術か、北京では空港閉鎖などは起こらない。確かにPM2.5で首都空港閉鎖になっていたら、中国は大混乱になるだろう。

DSCN0291m

 

フライトも順調で、定刻の午後1時には羽田に到着した。荷物を家に送り、午後3時のアポに向かおうとしたが、何とスーツケースが壊れていた。穴が2つも空いていたのだ。空港職員を呼ぶと、本当に丁寧に対応してくれ、修理は可能だと聞いたが携行品の保険に入っているので、書類を作ってもらい、申請することに。

 

翌日保険会社に電話すると『まずは治らない証明、または修理代見積もりを取るように』と言われ、唖然とした。再度エアチャイナに電話して修理を頼むと、問題なく応じてくれた。中国はサービスが悪いていうが、実は一部ではいいところもある、ということが今回良く分かった。

中国最北端を行く(12)ハルピン PM2.5で空港閉鎖

2月24日(月)

6.ハルピン2

ハルピン街歩き

東駅から地下鉄に乗り、ホテルに戻る。これで3度目のチェックイン。さすがにもう慣れたが、毎回パスポートを出させてコピーを取るのは如何にも中国。少し疲れたので休息。予定されていたランチは先方の都合でキャンセルとなり、ホテル横のレストランへ。お客は殆どいなかったが、なぜか台湾人が昼から酒飲んで大声でじゃんけんしていた。

 

午後はハルピンの街へ。27年ぶりなので、ちょっと歩いて見たかった。先ずはハルピン駅へ。ここから27年前、満州里へ向かい列車に乗った。駅前は大工事中。勿論きれいにはなっていたが、面影は残っており、感激。そしてその時使用した待合室が、今年オープンして物議を醸した安重根記念館になっていたのには驚く。入ってみたかったが、月曜日は定休日で見学できず。

DSCN0228m

DSCN0224m

 

駅前には旧大和ホテルの建物がそのまま残っていたが、今は使われていないようだ。旧日本領事館も残っている。ハルピンは開発が遅れているのか、歴史を大切にしているのか。日本時代の歴史を大切にするとは思いにくいので・・。ハルピンは日本以外にもロシアやヨーロッパの色彩を色濃く残している。ポーランド商人が建てた私邸が博物館になっていたりする。

DSCN0232m

DSCN0235m

DSCN0239m

 

中央大街にも行ってみる。ここは完全に別の街になっており、今や観光スポット。お洒落なカフェやユニクロなどもあり、あまり感心しない。ここに宋さんお気に入りの湯包屋さんがあり、入ってみる。午後3時でもお客がおり、今でなければ席はないと言われる。ちょっと試食のつもりが1人1籠、とても美味しいのだが完全に満腹となり、動けない。

DSCN0255m

 

27年前、唯一記憶があるロシア正教会へ。そこも周囲がとてもきれいになっており、ごちゃごちゃ感は一掃されていた。教会自体は古いまま、時計の針はかなり進んでしまったようだ。

DSCN0261m

 

帰りはタクシーもなかなか捕まらず、苦労する。ハルピンでは最近夜繁華街ではタクシーは捕まらないと聞く。零下20度台、外で車を待つのは無謀ともいえる。我々は夕方4時台だったが、既に陽は傾き、十分に寒さを感じた。ハルピン最後の夜だったが、さっきの湯包が重すぎて、コーヒーを飲んで終わりにする。とにかく今回も食べ過ぎの毎日だった。

 

2月25日(火)

空港閉鎖

翌朝は少し霧が出ていたが、前は十分に見えた。宋さんにタクシーを予約してもらっており、余裕をもってホテルを出た。空港までの道も慣れたもの。これでハルピンともお別れか、と思っている内に空港に着いてしまった。チェックインは順調だった。今日はこのまま北京経由で東京に戻るのだが、預け荷物は北京で一度拾って、また国際線のチェックインをしなければならいと聞き、ちょっと嫌な予感が。

DSCN0269m

 

北京行のエアチャイナはちょっと遅れていた。というか、全体的にフライトが遅れ出した。心配していたが、ほぼ定刻に搭乗となり、一安心。ところが飛行機が滑走路に近づき、さあ離陸、と思ったところ、動かなくなる。順番待ちだろうか。少しして動いたのでほっとしたところ、動いていく方向がちょっと違う。何と元に戻り始めた。そしてアナウンス『たった今、空港は閉鎖になった』と。えー?

 

外を見ると確かに前方が見えないほど、視界が悪い。これぞPM2.5の脅威か。飛行機から降ろされ、休息。いつ晴れるともわからない霧を眺める。N教授の東京行は、北京4時発、私は5時20分。現在は12時過ぎ。まだ余裕があった。そこへアナウンスがあり、『弁当を取りに来い』と。これは当分飛ばないと腹をくくり、弁当を食べ始めた。

DSCN0275m

 

すると何と『急いで搭乗しろ』とのアナウンスも。どうなっているんだ、皆弁当を抱えて乗り込む。確かに搭乗しているので、これでまた安心。だが、飛行機はそこから一向に飛び立たない。結局午後2時ごろに離陸した。

 

ハルピン―北京間は約2時間。N教授の東京行には全く間に合わないが、私のフライトには何とか間に合う時間だ。やれやれ、と弁当をかっ込み、寝る。しかし最終的に北京に着陸したのは午後4時20分近かった。