トルコの茶畑を訪ねて2012(9)リゼ トルコ唯一の茶畑

5. リゼ   9月28日(金)  リゼへ

いよいよ今日はトルコ唯一の茶畑の街、リゼへ行く。何だか気持ちが高鳴る。ここまで来るのは本当に長かった。イスタンブールに入ってから既に1週間以上が過ぎていた。ホテルには既にトラブゾンに長期滞在する唯一の日本人?Kさんが迎えに来てくれていた。

Kさんは、昨年日本の地方都市のお役所を定年退職した農業技師で、直ぐに海外での仕事を探し、ここトルコのトラブゾンへ赴任してきた。現在は野菜栽培の技術指導をしているとのこと。昔ヨルダンで一年滞在経験があるとは言うものの、大胆な転身に見えるが、ご本人は淡々としており、トラブゾン生活をエンジョイしているようだ。

Kさんご手配の車に乗り込み、黒海沿岸を一路リゼの街へ。と思ったが、途中で住宅街へ入り、男性をピックアップ。ウスマイルさん、現在は英語の教師だが、中央アジア滞在歴も長く、非常にユニーク人。Kさんとはバスの中で知り合い、それから交友関係が続いているとか。今日は英語の通訳として同行してもらう。やはりここでは英語は通じないらしい。

リゼの街はトラブゾンから車で1時間ちょっと。しかしもし私が単独でリゼを訪問しようとしていたら(実際トルコ入り時点ではそう考えていた)、バスでもっとかかっただろう。そしてリゼに到着しても、どこへ行ってよいやら、迷ったことだろう。全ては茶縁の世界。今日は真っ直ぐに、リゼの国立茶業試験場へ向かう。

トルコは世界5位の茶葉生産国と聞いているが、茶畑はほぼここリゼかその付近にしかない。そして茶業試験場も唯一ここにしかない。トルコでお茶を知ろうとすればここに来るしかないのだ。そして私は導かれるようにその建物に吸い込まれた。

茶業試験場と茶畑   

リゼの茶業試験場は1924年に創設された。その前年に、オスマントルコが倒れ、ケマルアタチュルクにより、トルコ共和国が建国される。これは偶然の一致ではない。その数年前に、ゼリヒ・デリンという人がグルジアへお茶の研究に派遣されている。当時グルジアはお茶の産地、今でも高級な紅茶のイメージがある。既に帝国末期、それまでの国民飲料だったコーヒーは手に入らなくなっていた。何故ならコーヒーの産地はイエメンのモカ。既に帝国内ではなくなっており、コーヒーは高価な輸入品となっていた。

建国直後のトルコにお金はなく、国民飲料として期待されたのがチャイ。試験場は苦難の歴史を歩みながら、茶樹を植え、製茶を行い、1930年代にはそれなりの商品となっていた。ただ最終的に国民に普及したのは50-60年代とも言われている。このような説明をしてくれたのは、この試験場の開発責任者、アイファンさん。彼は日本びいきのトルコ人の中でも日本への親近感が強く、実に丁寧に話をしてくれた。

試験場は研究室などがあり、お茶の研究開発を行っていた。外は公園のようになっていて、一般人も気軽に入って来てチャイを飲んでいる。この山の上からリゼの街と黒海が一望できる。そしてその急な傾斜地に茶が植えられている。何故ここに茶畑を作ったのか、それはこの急こう配では、普通の作物は難しく、この付近の人々は貧しい生活を強いられていたからだという。政府も貧困対策で茶を植えた。だから、他の地域には茶畑が無いということだろう。

そして茶畑を案内していたアイファンさんが突然「これは何だか分かるか」と聞いてきた。茶畑の上に黒い幕が張られていた。まるで日本茶の被せ、のような日差しを遮る物だった。「そう、これはセンチャ畑だ」。え、トルコに煎茶畑。一体なぜなのだろうか。トルコではチャイが国民飲料となったが、皆砂糖を大量に入れる。政府は角砂糖の大きさを半分にして、国民の健康維持を図ったが、それほど効果が無いらしい。

そこで政府はアイファンさんを日本政府の支援を得て、鹿児島の知覧へ派遣し、日本の煎茶の製法を取得させた。機械も一部持ち帰り、5年前から研究に取り組み、今では飲めるセンチャが出来て来ている。勿論土壌の改良なども行っている。国を挙げての取り組みなのだ。ここにも日本との繋がりがあり、そのご縁で今日の私がある。

山の上のランチに行って

昼時になると当然のようにアイファンさんが先導して、ランチへ出掛ける。トルコに来る前、こんな厚遇は夢にも思っていなかった。Kさんはじめ、日本の様々な人々のアイファンさんへの好意が、いま私に帰ってきている。まさにご縁だ。 

  

試験場よりさらに高い所へ行く。実に見晴らしが良い。観光用のレストランがあるが、見るだけにして去る。きっと食事が良くないのだろう。その横に、茶葉の集積場があった。ちょうど茶摘みを終えて、茶葉を運んできた農民と会った。農民と言っても運び屋さんか。若い男性たちだった。

摘んだ茶葉をここまで運んでくるのは相当の重労働。それでも賃金は決して良くないという。茶の生産だけでは食べていけずに、農閑期には出稼ぎへ出る人もいる。国の政策で茶を作っているのに、そしてこれだけ大量の茶葉を生産しているのに、食べていけない、相当複雑な事情が垣間見えた。

ランチは昔ながらの木の家屋を使ったレストランで食べた。天井が高く、吹き抜けのお店。爽やかな風が吹くととても気持ちが良い。だるまストーブが中央に置かれ、民芸品が並ぶ。食べ物もちょっと独特で、チーズフォンディウのようなドロッとした物を鍋から救い出し、パンにつけて食べた。この辺りの食文化はイスタンブールとはかなり違うのかもしれない。

茶工場と博物館

午後はアイファンさんの案内で、茶工場見学に向かう。トルコの茶業者は、国営のチャイクル1社でほぼ市場を独占している。最近民間企業も出てきたようだが、それでも85%以上のシェア握る。茶業試験場も国営なら、チャイクルも国営。アイファンさんの名刺にもチャイクルの文字が見える。実質的に一体なのだ。リゼの街には当然のようにチャイクルの工場がいくつもある。先ずは海沿いの最新鋭のきれいな工場に行って見た。だが、現在製茶は行われていないということで、何も見ずにあっさりと立ち去る。何だかもったいないが仕方がない。

次の工場は結構年季が入っていたが、工場は稼働していた。最初に工場の責任者を訪ね、挨拶する。するとやはりお茶が出てきた。そのお茶は例のセンチャ。日本人にはセンチャだろうと気を利かしてくれたのだ。だが、このセンチャには砂糖は入っていなかったが、ミントが交ぜられていた。「どうだ、味は」と聞かれたが、正直、うーん、という感じだ。「トルコ人は砂糖を入れない茶は飲まないが、ミントを入れれば飲むのではないかと期待している」とは責任者の弁だが、どうだろうか。

工場の責任者は広い個室に陣取り、如何にも街の名士といった雰囲気で貫録がある。リゼの街でチャイクルの工場長と言えば、相当の地位だろう。いや、全トルコでもかなりのステイタスかもしれない。ただ、その時代がかった対応は、トルコの茶業の前途を少し暗示しているようにも見えた。

工場に案内された。どこにでもある紅茶工場、ほぼ機械化され、人手はそれほどかかっていない。トルコのチャイは、細かく砕いて飲む。それ程厳しい基準で製茶しているようには見えなかった。一方センチャは日本から持って来た蒸機なども使い、力を入れて作っているように見えた。より美味しいお茶が出来、トルコの人がそれを飲むこと期待するばかりである。

一端試験場に戻り、また庭でチャイを飲む。兎に角一日中、チャイを飲んでいる。隣では格好いいお姐さん達がタバコをふかしながら携帯をいじり、チャイを飲む。今のトルコの一般的な風景だ。

街の中心部にある博物館へも行った。ここはチャイクルの博物館であるが、国の博物館と言ってもいい。初期の製茶機械など様々な物が展示されていたが、残念ながらトルコ茶の歴史についてはそれ程展示は無かった。もし一人でやって来て、ここへ来ても何も分からなかったと改めて思う。茶縁に感謝するばかりだ。

アイファンさんが時計を気にした。実は彼はこれからイスタンブールへ出張する。そんな最中に我々と一日付き合ってくれた。感謝してもしきれない。彼をトラブゾンの空港まで送り、我々も帰路に着いた。





トルコの茶畑を訪ねて2012(9)リゼ トルコ唯一の茶畑」への1件のフィードバック

  1. 初めまして。私は、朝日放送「こんなところに日本人」というテレビ番組のリサーチを担当しております、伊藤と申します。
    ブログに紹介されていました、トラブゾンに住む日本人のKさんをご紹介頂きたいというお願いでコメントを送信しております。
    ご返信を頂けますと、幸いです。
    よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です