chatabi のすべての投稿

ある日の台北日記2018その2(5)魚池から霧社へ

9月16日(日)
魚池で

今朝は早く起きた。久しぶりに古巣の魚池付近へ行くためだ。7時発のバスで台北を出発、日曜日で混んでいるかと思っていたが、非常に順調で3時間もかからずに埔里に入ってしまった。元々は日月潭へ行く予定だったのだが、何とこのバスは日月潭に何時に着くのか責任は持てないというので、全員がここで降りた。

 

何故今日はバスがそんなに時間が掛かるのか。それは昨夜李さんからの連絡で分かっていた。1年に一度の『日月潭万人水泳大会』が今朝から開催されており、交通規制が敷かれてしまっていたからだった。日月潭に行く道は一方通行となり、バスの終点までは湖を一周しないといけないのだ。当然大渋滞になっており、何時着くかは分からない、という話になる。

 

相当早く着いたこともあり、すぐに代わりのバスを探さないで、様子を見ることにした。埔里には行き付けの朝ご飯屋さんがあるので、そこでクラブサンドを食べて待った。店の人には私が台北に移ったことは伝えておらず、いつもの笑顔対応だったので、今回も言いそびれた。

 

今日は李さんに魚池を案内してもらおうと思っていた。日月潭には知り合いが泊まっていたのだが、迎えに行くことは出来ず、まず私がどこまで行けるのかを試してみる。結局埔里発のバスは魚池までしか行かないと分かり、それに乗って進む。魚池で降りると、李さんが迎えに来て、老茶廠まで行って、そこで日月潭から脱出する知り合いを待った。何とか落ち合い、まずは昼ご飯を食べに行く。地元の人が沢山食べているレストランがあった。鴨肉も、イカと野菜の炒め物も、そして地元のタケノコも、美味しいのだ。田舎を侮ってはいけない。いいものを食べている人が沢山いる。

 

李さんは知り合いの黄さんがもうすぐオープンするというカフェ?に連れて行ってくれた。これがまた、レトロ感あり、現代感もある不思議な空間だった。そこでまったりとお茶を頂く。紅茶は勿論、李さんが持ってきた高山茶などいくつもの茶を飲んでいると、もう動く気がなくなってしまう。それから茶作りをしている家があるというのでちょっとだけ寄って見学した。

 

夕方、本日宿泊予定の宿まで李さんに送ってもらった。そこは何とも可愛いペンション、という雰囲気だった。建物の中もゆったりしており、気持ちがよい。ただ茶葉は売っているものの、その名前とは違って茶作りは行っていなかった。暗くなる前に周辺を散歩した。小さな村で、付近に茶畑はない。ゆったりと家々があり、宿泊施設やお茶屋さんがあった。特に地図も持たなかったので曲がりくねった道を行くのはどうかと思ったが、無事に一周して宿に戻った。公道からも外れている落ち着きのある集落だった。

 

夜はまた李さんが迎えに来てくれ、先ほどの黄さんのカフェで夕飯をご馳走になった。この辺では行列ができる店でわざわざ買ってきてくれたという、蝦や肉、野菜などが揚げられているものが出され、恐縮しながら食べた。かなりのボリュームがあり、すぐに満腹になる。それからまたお茶を飲み始め、かなり遅くまで飲み続けた。

 

9月17日(月)
霧社へ

気持ちよい朝を迎え、周囲を散歩する。鳥の鳴き声がいいが、天気が良すぎて気温はぐんぐん上昇し、歩いているうちに暑さを感じるほどになる。朝飯は宿が用意してくれる。トーストや卵の洋食だが、お茶はミルクティーが出る。さすが紅茶の産地だけのことはあるが、台湾紅茶はあまりミルクを入れないので、ちょっと意外。

 

トミーが車で迎えに来た。今日はこれから霧社、廬山温泉の高山茶の歴史を訪ねに行く。ここからなら車で1時間半もかからないからちょうどよい。廬山温泉に降りる手前の道路脇で停まり、そこの原住民、セデック族の農家と話す。彼が天仁銘茶と初めて契約して茶栽培を始めたのだ。1980年頃のことだったが、一時は凄い勢いで生産が伸びた高山茶も最近はより高い場所の茶畑に移動して、彼は高原野菜栽培に切り替えていた。

 

廬山温泉で長く、茶を作り、販売している店にも寄った。廬山温泉は最盛期、相当の賑わいを見せており、その時期は茶も飛ぶように売れたらしい。ただ近年の洪水、地震などで、政府から温泉閉鎖が言い渡され、多くが廃業、いくらか残った温泉宿もお客は少ない。それでも息子がここを継いだから、まだ店を開いているという。何となく寂しい。

 

霧社に行き、霧社事件関連の場所をいくつか見学した。日本人はやはりここへきて、考えるべきではなかろうか。帰る前に公道に面している陽光茶園という店に寄る。ここはトミーが小さい頃からの知り合いだという。97歳、武漢出身の陽さんが自らお茶を淹れてくれたのには驚いた。1985年ぐらいから、茶作りを始め、現在も子に引き継がれている。何だかお茶が美味しかった。

 

埔里まで降りてきて時間があったので、東邦紅茶の郭さんを久しぶりに訪ねた。埔里滞在中は何度も来た場所だが、今後は気楽に来られないので、貴重な機会となる。郭さんの紅茶作りの技術は日増しに上がっているようで、好ましい。トミーに台中駅まで送ってもらい、高鐵で桃園まで行き、桃園空港まで深夜便の客人を送る。

ある日の台北日記2018その2(4)台湾茶業のレジェンドに会う

9月13日(木)
レジェンドに会う

本日は製茶公会のご紹介で、台湾茶業のレジェンドに会うことになっていた。偶々東京から知り合いも来たので、まずは松山空港に迎えに行き、宿泊先の大稲埕にあるホテルまでタクシーで行き、この付近の茶の歴史散歩をした。この付近、何度来ても茶の歴史の香りがして、実に好ましい。

 

トミーと待ち合わせて、新店方面へ向かう。紹介は受けていたが、98歳の老人の家に日本人が一人で行くのは何かと不便があると思い、トミーにお願いしたところ、ちょうど台北に来る機会が有り、今回の訪問が実現した。トミーが連絡したら、ご本人は本宅ではなく、お嬢さんの家に泊まっているということで、当初の予定とは違うところへ向かった。こういうこともあるので、やはりトミーの存在は有り難い。

 

その老人は足が悪いということだったが、かなり元気な様子で出迎えてくれた。林復氏は、かつて福建省で福安農学校に通い、中国茶業界のレジェンド、張天福氏の指導を受けた一人。あの長く茶業改良場の場長を務めた台湾茶業の大貢献者、呉振鐸氏とは同級生で、同時期に台湾に渡って来たというからすごい。そして長く農林庁に奉職し、光復後の台湾茶業をけん引した一人であった。

 

最近は人に会うことも減ったという林氏、初めはこちらの質問に考え考え話していたが、30分もすると、様々なことを思い出されたようで、一気に話が加速した。林口伝習所のこと、アフリカのリビアまで行き、砂漠に茶樹を植えた苦労話、東部茶業の開発や70年代の茶葉コンテストの仕掛けなど、どんどん話が出てきて面白い。だがさすがに年代については、おぼろげな様子であったが、これは致し方ない。退職後に製茶公会の総幹事を15年も務めたというのもすごい。

 

福建から来た老人は台湾語を話すこともなく、分かりやすい北京語で応じてくれたのも助かった。アメリカから帰国中のお嬢さんの手助けも大きく、これまで疑問だった点がいくつも解けた。お疲れを考慮して、出来るだけ短い時間で済ませようと思っていたが、林氏の方が話したい、という様子もあり、結局1時間半以上、長居した。林氏が我々の訪問をとても歓迎してくれたことが何とも嬉しい。本を書くのは嫌いだったという林氏、書籍・文章の類はほぼ残っていないので、直接話が聞ける機会はとても貴重だった。

 

ちょっと興奮しながら、講茶学院台北オフィスに戻り、トミー姉にお茶を淹れてもらい、落ち着く。その後近くのお気に入り料理屋で夕飯を食べる。やはり美味い料理は旨い、と思う。普通はこれで帰るのだが、今晩は余勢を買って、久しぶりに双連の広方圓にまで繰り出し、湯さんとも話をした。かなり充実した1日が過ぎた。

 

9月14日(金)
ランチで

翌日はついにS氏がシェフを務めるお店に行く。S氏とは知り合ってもう何年にもなり、一度はお店へ行きます、と何度も行っていたにもかかわらず、常に彼が非番の時に別のレストランで会っていた。このままでは永遠に行けないのでは、と思っていたところ、今回ようやく機会が訪れた。

 

ランチはとても込んでいると聞いていたが、案の定、12時半前に行ったら、何人か待っていた。中山にあるこの店、とても瀟洒でよい雰囲気。ランチを楽しむ付近のOL?などで満員状態だった。15分ぐらい待ってようやく席に着く。こちらは和食の定食がメインの店、盛り付けも工夫されており、美味しく頂いた。料金は300元台と決して安い訳ではないが、これなら人気が出来るのも頷ける。S氏は当然ながらてんてこ舞い状態で、ゆっくり話をする時間はなかった。

 

比較的若い女性が多い客層の中で、私も浮いているかも、とは思っていたが、もっと違和感のある70歳代の人が一人でご飯を食べていた。よく見ると、何と一昨日会ったばかりの李さんではないか。先日は中山の交差点で遭遇し、また今日はここで会ってしまった。余程ご縁があると感じる。彼は日本が好きで先日も日本へ行ってきたばかりだったが、散歩がてら、ここで新聞を読みながら、一人で美味しい和食を楽しんでいたのだろう。何とも面白い出会いで、お互い一瞬唖然となる。このような偶然から、歴史は新たな一面を見せてくれるのかもしれない。

ある日の台北日記2018その2(3)突然淡水へ

9月12日(水)
突然淡水へ

一昨日の夜、偶然出会った李さん。これはきっと何かのご縁だと思い、早々に連絡して、ご自宅を再訪した。李さんはあの大富豪、李春生の4代目、李家に関する資料は豊富に揃っている。前回お会いした時に聞けなかった話を更に聞き、特に洋行との関連について、色々と掘り出していた。

 

すると李さんが1冊の本を取り出した。その本には当時の洋行のことが書かれており、ぜひ欲しいと思った。李さんによれば、これは淡水の博物館が出版したものだから、そこへ行けば買えるのではないか、との話だった。以前台南、というか安平で洋行の支店跡のビルをいくつか見た覚えがある。確かに洋行は淡水も拠点に活動していたかもしれない。

 

そんな話をしていると、急に行きたくなり、李さんの家を出てMRTに飛び乗った。全く計画もなく、何の準備もなしに、淡水に向かった。とにかく目指すは淡水古跡博物館だ。乗った車両はなぜかミッキーマウスの絵が沢山描かれている。MRTで40分以上乗ると、ようやく淡水に着く。今日はいい天気でかなり暑い。ここは得意になったU-bikeを使おうと思ったが、なぜかカードをかざしても上手く行かず歩くことにした。

 

スマホ地図を見ながら歩いていくと15分位で、博物館の場所に着く。まずは海沿いの倉庫や洋館を見てみる。往時ここに税関が置かれ、貿易が行われていたようだ。それから紅毛城と書かれたところへ入り、ここが淡水古跡博物館か、と聞くと、そうだというので、チケットを買い、中に入る。すぐにショップがあったので、聞いてみたが、欲しい本は既に売切れだとか。ここが出版元なのに売切れであれば、もう手に入れる方法はない。

 

登っていくと、そこはまさに安平と同じような紅毛城があり、領事館などが置かれていた様子が分かる。オランダのこと、イギリス歴代総督の話なども興味深い。しかしここが博物館なのだろうか。何だか別にあるような気がして、歩き回るといつの間に外へ出てしまい、気が付くと真理大学という学校のキャンパスに迷い込んでいるではないか。

 

この大学の建物もかなり歴史的で魅力的。特に一角は相当に古い。徳記洋行が一時使用していた建物などが残っており、探し物を見つけた気分になる。だが目指す博物館はない。出入り口があったのでそこの人間に聞いてみてびっくり。『ここの全てが古跡博物館地区なのだ』というのだ。それは内輪では分かる話かもしれないが、外部の人間は博物館と言えば、博物館があると思ってしまうだろう。そういってみても、役人口調で全く埒はあかない。

 

結局分ったことは、ここから歩いて15分ぐらい先に、古跡博物館の管理事務所があるということだったので、仕方なくそこへ行ってみることにした。歩いていくと結構暑い。ちょっと不満がこみ上げてくる。そして目の前に現れたのは、博物館ではなく、何と名門淡水ゴルフ場だったので驚いた。30年近く前、ここで何度かプレーしたことがあるが、キャディは皆セミプロで、我々が使いたいクラブを使わせてくれないことで有名だった。

 

そのクラブハウスの向かいに、その管理事務所はあったが、何と半分は台湾ゴルフ史跡館になっていた。思わず入ってみてみると、懐かしい陳志忠など往年の名プレーヤーの紹介が続々出てきた。青木功など日本人プロの写真などもある。どうやら謝敏男などが寄贈したものを展示しているようだ。

 

入り口で警備員に『ここで出版された本が買いたい』というと親切にも聞いてくれ、係員が出てきて対応してくれた。少し待っているとその本を出してくれ、『これは既に売切れだが、わざわざ日本から来たので、同僚の分を1冊差し上げる』というではないか。これにはかなり恐縮してしまうが、折角なので頂戴した。こういうところが如何にも台湾だった。

 

帰りにゴルフ場の横にある清仏戦争後に作られた砦跡も見学した。何とここが最初に買ったチケットと共通で、入場できると知ったが、如何にもわかりにくい。特に何がある訳でもないが、周囲をぐるっと回ってみた。30年前も当然あったのだろうが、その頃こんな場所には全く気が付かなかった。歴史というのは興味を持って初めて気が付くことが多い。

 

そこから歩いて帰るのは辛いので、もう一度U-bikeにチャレンジしたら、今度は乗れた。どうもまだシステムはよく分かっていない。そのまま帰ろうかと思ったが、途中に洋行の店舗跡があったので、何か資料はないかと寄ってみる。そこはダグラス商会というイギリスの商社だったが、中にはほんの一部の資料しかなかった。聞いてみるとすでに手に入れた本にすべて載っているという。

 

更には教会が目に入ったので寄ってみる。ここと隣の診療所は、あのマッカイ牧師が1870年代、最初に建てたものだった。宣教師たちもまずは淡水を拠点に活動していたことが分かる。駅に戻ろうとすると、今度は地元の寺のお祭りに遭遇する。1日で何とも色々なものに出会うなと、我ながら感心する。

ある日の台北日記2018その2(2)王さんと1日

9月7日(金)
海南チキンを食べて

翌日は所用で交流協会へ。一応こちらの雑誌に連載させて頂いており、担当者も変わったと聞いたので、ご挨拶に伺う。この部署は旧知の仲であるBさんがいたポジションであり、皆さんその後輩に当たるということで、初対面でも話が弾む。更には半年前に既に会っていたKさんも参加してくれたので、実にスムーズだった。更には残りの午前中は図書室で資料を探す。読みたい本は沢山あるが、それを読んでいては、茶の歴史が進まない。残念。

 

ランチはその旧知のBさんと南京復興駅近くの海南チキンライス屋で待ち合わせた。ここはかなりの有名店で、ランチは早くから人が並ぶということで、早めに行ってみると11時半過ぎで行列が出来ている。私も最後尾に並ぶ。セットメニューがあったのでそれを頼む。内容は台湾式弁当の延長だ。

 

私はかなり海南チキンライスが好きな方で、既に食べ始めてから30年以上は経ち、食べた場所もマレーシア、シンガポールは勿論、香港や日本など数か国には及ぶ。タイはカオマンガイと言って、海南チキンの廉価版(マレーシアにも安いのはある)だと認識しているが、今回のこれもどちらかと言えば、カオマンガイの雰囲気が漂う。台湾人がマレーシアあたりで修行して戻ったということだが、若干台湾的になっているのはやむを得ない。

 

 

それから近所のカフェに入る。この辺はおしゃれな雰囲気で、一杯のラテは海南チキンよりずっと高い。お客が沢山入っている訳でもなく、どのように経営しているのか、とこちらが心配になってしまう。取り留めのない話をしているうちに、何と雨が降ってきて、しかもかなり強い。結局このカフェに2時間以上雨宿りしてから、家路に着く。こういう時はU-bikeが使えず、困る。

 

仕方なくMRTに乗って帰ると、最寄り駅の大きな看板に気が付く。バドミントン女子の世界ランク一位、戴資頴を使った広告だったが、これがかなり格好良い。バドミントンは長らく中国選手がトップだったが、最近は様相が一変。タイ、インド、スペイン、そして日本選手もトップ10に入る混戦ぶりだが、彼女はこの2年間、ほぼトップを維持している。台湾も最近はスポーツで目立つ選手が出てきており、喜ばしい。

 

夜は麺が食べたいと、近くを散策して探す。古そうな店なのだが、若者が経営しているのか、または意見を取り入れているのか、パスタのようなものを出す店があった。台湾人も基本的に柔らか麺を好むのだが、そこに掛かっているソースは相当に辛いので、ビックリした。台湾の若者は刺激を求めているのだろうか。

 

9月10日(月)
茶商公会を訪ねて

土日は休息、これは埔里時代からの鉄則?だった。それはバスなどで出掛ける際、観光地であるため異常に混んでいるからであり、台北のように何時も混んでいるところでは当てはまらないのだが、何となく習慣化しているのが、自分でも面白い。

 

月曜日は朝から茶商公会に行ってみる。こちらでも数か月前、何人かの茶商の末裔をご紹介頂き、その後色々と話が聞けており、かなりお世話になった。今日はその報告と、そこにある資料の閲覧のために、やって来たのだ。游総幹事も非常に親切で、更に色々と教えてもらう。

 

特に茶商公会の日本時代の歴史、これはあまり資料がないということだったが、既に徐先生らが整理して、1冊の本が出ていた。実はその本、前回ここで見た時に王さんが私の分も購入してくれ、何と今日、その本を持ってきてくれたのだ。これでこの時代の公会の動きがかなり鮮明になって来た。おまけに公会にもその原本が残っているものもあって、ちょっと感激した。

 

王さんが昼ご飯に連れて行ってくれた。迪化街を北上し、乾物屋などの商店が途切れたあたりに、その店はあった。何人か並んで待っていたが、彼女は構わず並び、まずはオーダーをした。地元民が並んでいる店、ということで有名らしい。つられて観光客も並ぶとか。魚丸麺、内臓系も美味しい。王さん、ご馳走様。

 

それからまた王さんに連れられて大稲埕水門近くの王錦珍茶行に行く。ここでは以前お父さんから歴史の話を聞いたのだが、今日は若い3代目が対応してくれる。彼はかなり優秀で、Webデザイナーをやりながら、茶業を継ぐ準備をしている。既に日本茶アドバイザーまで取得済み。日本語もある程度出来、東京ドームに仲間と野球に行くほどだ。

 

その彼が淹れてくれたのが、高山茶とコーヒーを交ぜたもの。絶対美味しくないと思ったが、何と珈琲の強い香りの中でも高山茶の澄んだ香りがちゃんと出ていて驚く。コーヒーは彼が丁寧に淹れている。どこでこんなものを学んだのかと聞くと、やはり日本だという。日本には色々なものがあるのだが、私の気が付かないだけで、彼らの方が余程よくしている。

 

一度家に戻ったが、夜もまた王さんの誘いで宴会に向かった。中山北路の交差点で信号待ちしていると、いきなり声を掛けられた。以前会った茶商の末裔、李さんだった。こんな偶然あるのだろうか。それから指定のレストランへ行くと実に立派だった。オーナーは茶業者だという。来ていた人は静岡から3人、そして元徳記洋行に勤めていた台湾人がいたので、思わず色々と聞いてしまった。食事も大変美味しく、宴会は盛況だった。このオーナー、今度ゆっくり話を聞きたいが、忙しそうだな。

ある日の台北日記2018その2(1)久しぶりに台北へ

《ある日の台北日記2018その2》  2018年9月5日-26日

6月以来、3か月ぶりに台湾に行く。既に第2の故郷的な雰囲気で、行くというのか、戻るというのか、かなり微妙な段階に来ている。今回は高山茶を中心に、茶商の歴史などもさらに深めてみたいと思っている。そして今回は和紅茶のイベントにも参加。一体どんな反応となるのやら。本格的に臨時拠点を台北に移行して、益々忙しくなる。

 

9月5日(水)
台北へ

今回の台北行きは半年前にエバエアーのプロモーションで予約したものだった。もう今や、台北行きの安いチケットはなかなか手に入らないので困る。この夏、日本には最近何回も台風がやってきていた。私ももし1日早い便だったら、飛行機は飛んでいなかっただろう。LCCを予約していたら冷や冷やものだった。意外と運のよい自分に感謝する。

 

朝早めに起きると、既に台風は遥か彼方にあり、フライト情報を見ても遅延はなかった。ところが成田スカイアクセスに乗ると、空港行のはずの電車が突然押上行きに変更され、しかも何の案内もないという杜撰な状況に出会った。出張のおじさんは怒りまくり、外国人などは混乱していた。これでおもてなし、となど言えるのだろうか。オリンピックが心配だ。

 

成田からの午後便は、満席にはなっていなかった。ただ一番前の席にあかちゃん連れの台湾人若夫婦が2組並んでいたので、機内はちょっと賑やかだったが、勿論誰も文句をいう人などいない。CAを含めて、皆が笑顔で赤ちゃんをあやしている。乗客はやはり台湾人が多い。

 

桃園空港に着くと、いつもなら国光号で台北駅へ向かうが、今回から拠点が台北になり、宿泊先にほど近い場所に長栄のバスが停まることが分かり、そちらに乗ってみる。何とエバエアーに乗ってきた人には割引まであった。やはりたまには環境を変えてみないと、見えてこないものが沢山あると感じる。

 

やはり葉さんはまだ帰っていなかったので、鍵がなく、近くの茗心坊で帰りを待つことになる。林さんには申し訳ないが、ここで美味しいお茶を飲み、お茶の知識を仕入れられるなら、待つのも悪くない。林さんから日本語訳を頼まれたので、ちょっとやってみた。こんな関係が続けばいいと思う。

 

葉さんは遅くなるので、階上に住む彼女の同級生が鍵を渡してくれて中に入った。腹が減ったので、外へ出て太い麺を食べる。台北が始まったな、と言う感じがする。これはにおいのせいだろうか。東京よりは若干暑いので、汗が出る。部屋に戻るとなぜか疲れが出ている。まだ名古屋の旅からすぐだったからだろうか。よく眠れる。

 

9月6日(木)
製茶公会へ

翌朝は早くに目が覚めた。台北は曇りでそれほど暑くはない。圓環近くの製茶公会に向かう。圓環、それはかなり懐かしい響き。34年前、初めて台北に来た時、泊った大旅社がこの付近であり、宿の主人が日本人の若者が来た、というので、屋台でご馳走してくれたのが忘れられない。その時の賑わいが凄かったことも記憶している。今は全てが消え、丸い公園になっている。

 

そうだ、これからは台北滞在が長くなるのだから、U-Bikeに登録しておこう。ちょうどそこにあったので、悠遊カードを使って登録する。後で使ってみると確かに便利だ。特にMRTから離れているところへ行く時など、これを使うと行動範囲が広がる。私の旅は歩きが基本だが、歳も取ってきたので自転車との併用にしようかと思う。

 

製茶公会では黄顧問と範総幹事が待っていてくれた。実は5月頃月刊茶に書いた私のコラムを製茶公会が翻訳して、私が知らないうちに自らの雑誌に載せていてくれたのだ。それを読んだ黄顧問から、お褒めのメールを頂き、恐縮してしまう。私は黄顧問に聞きたいことが山ほどあったので、早速公会を訪ねたわけだ。

 

そこで公会から、台湾茶の歴史上、重要と思われる人物を数人紹介してもらったのは、非常に役立った。台湾茶輸出の歴史だけではなく、特に内需への転換、そして現在までの歩みは、当然一体となっているので、この辺をじっくり勉強する必要があると思われた。まずは黄顧問から2時間話しを聞き、その基礎を理解した。更にランチまでご馳走になり、その時間も聞き続けた。聞けばそれだけ色々な話が出てくるので、尽きることはなかった。

 

帰りはU-bikeで宿泊先まで帰ってみた。40分ぐらいかけてゆっくり走ったが、最近この筋肉を使うことはなく、足は相当に疲れた。更には暑さもあり、ぐったりとなってしまう。日頃運動不足は悪いことではない、と思っているのだが、実際に運動してみると、その不足は大いに堪える。